Summilux 50mm/f1.4 1st | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 露出補正:0.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4



『貴婦人』と賞されるレンズがあります。Leica用のレンズ群はどれも素晴らしい金属加工を施され、工芸品よろしい光を放つものですが、その中でもこの初代Summilux50mmの美しさは『貴婦人』と呼ばれるにふさわしいものと思われます。繊細な金属ローレットの刻み、上質なクロムメッキの上品な輝き。では、その描写はと言うと…この麗しさ、これも貴婦人の名にふさわしいものでは無いでしょうか。


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/15秒 / ISO:200 / 露出補正:0.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4

スペックで見れば、開放の明るさについ目を奪われがちですが、Summilux50mmの美点は実は繊細なその描写にあります。開放時のフレア描写に一段と優しさを感じさせているのが、じつはこの驚くほど繊細な描写力。同時期のSummicronなどの力強い描写と違い、繊細に対象を捉えていく水彩画のような美しさがSummilux50mmの真骨頂と言えます。


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 露出補正:+1.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4

もちろん、開放で最短に近づけばこの描写。絞り値ごとの描写の個性を知っていれば、表現の幅も広がる事でしょう!


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 露出補正:+1.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4



Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 露出補正:0.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4



実に瑞々しい描写です。細かな線の描写に僅かにフレアが取り巻き、繊細ながら優しい印象の描写を実現しています。Summiluxは35mmが大変に人気がありますが、真摯に写真と向き合うレンズとしてなら、50mmも大変オススメできるレンズチョイスです。


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4





いかがでしたでしょうか。総じてしっとりと湿度を感じさせる描写で、植物や人物、果ては無機物にさえも優しさを感じさせてしまうその描写力。ぜひ一度、お試しいただければと思います。


Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.


[Category: Summilux|掲載日時:2012年02月29日 18時42分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる