Summilux 50mm/f1.4 1st | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 露出補正:0.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4



『貴婦人』と賞されるレンズがあります。Leica用のレンズ群はどれも素晴らしい金属加工を施され、工芸品よろしい光を放つものですが、その中でもこの初代Summilux50mmの美しさは『貴婦人』と呼ばれるにふさわしいものと思われます。繊細な金属ローレットの刻み、上質なクロムメッキの上品な輝き。では、その描写はと言うと…この麗しさ、これも貴婦人の名にふさわしいものでは無いでしょうか。


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/15秒 / ISO:200 / 露出補正:0.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4

スペックで見れば、開放の明るさについ目を奪われがちですが、Summilux50mmの美点は実は繊細なその描写にあります。開放時のフレア描写に一段と優しさを感じさせているのが、じつはこの驚くほど繊細な描写力。同時期のSummicronなどの力強い描写と違い、繊細に対象を捉えていく水彩画のような美しさがSummilux50mmの真骨頂と言えます。


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 露出補正:+1.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4

もちろん、開放で最短に近づけばこの描写。絞り値ごとの描写の個性を知っていれば、表現の幅も広がる事でしょう!


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 露出補正:+1.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4



Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 露出補正:0.0 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4



実に瑞々しい描写です。細かな線の描写に僅かにフレアが取り巻き、繊細ながら優しい印象の描写を実現しています。Summiluxは35mmが大変に人気がありますが、真摯に写真と向き合うレンズとしてなら、50mmも大変オススメできるレンズチョイスです。


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3 / 使用レンズ:Summilux 50mm/f1.4





いかがでしたでしょうか。総じてしっとりと湿度を感じさせる描写で、植物や人物、果ては無機物にさえも優しさを感じさせてしまうその描写力。ぜひ一度、お試しいただければと思います。


Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.


[Category: Summilux|掲載日時:2012年02月29日 18時42分]

Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM[2020年03月06日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM VoigtlanderNOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM レンジファインダー使いにとって馴染み深い超広角21mmという画角。フィルム時代よりライカならスーパーアンギュロンがあり、西独ツァイスにはビオゴンという、どちらも甲...
続きを読む

LEICA M10モノクロームの世界【写真家:若木信吾 氏】[2020年03月06日]

『ライカ M10 モノクローム』。モノクローム専用機として三代目に当たる本機は、ライカ M10-Pと同じボディをベースにしながら約4000万画素のモノクロセンサーを搭載した、M型史上もっとも解像性能に優れた一台です。今回のKasyapa for Leicaは特別編として、第一線で活躍するフォトグラファー・若木信吾氏に本機の魅力を伺ってきました。ぜひお楽しみください。 ...
続きを読む
Leica Price Guide

LEICA Price Guide[2020年02月25日]

 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2020年2月25日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

LEICA M10 MONOCHROM[2020年02月20日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 使用機材:M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH. LEICAM10 MONOCHROM カラーフィルムが出始めの1950年代、カラー写真は商業用で、写真作品はモノクロでなければ認められない時代があった。裏を返せば、当時はカラーフィルムがまだまだ一般的ではなかったなど事情があっ...
続きを読む
MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3[2020年02月12日]

絞り:F1.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10-P + MS-Optics MS-MODE-S 50mm F1.3 MS-Optics(宮崎光学)MS-MODE-S 50mm F1.3 昨今では様々なオリジナルレンズを手掛けるMS-Optics(宮崎光学)が、初めて手掛けたハンドメイドレンズ『MS-MODE-S 50mm F1.3』をご紹介します。元々は趣味の延長で改造レンズ(マウントの換装...
続きを読む



閉じる