Leitz Hektor 2.8cm/f6.3 -front Serial- | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/8秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3



あいかわらずこのレンズの描写には目を見張るものがある。オールドの広角レンズは時として甘さばかりが目立ってしまうが、このレンズはデジタルを想定していたのではないかと思わせるほど、そのキレと抜けの良さが際立つ1本だ。

以前レポートした1本ではあるが、珍しいバージョンの個体があるという事で借用した本レンズ。フロントシリアルと呼ばれる最後期に生産されたモデルで、通常レンズの後ろに刻印されているシリアルナンバーが前玉付近に刻印されているのが特徴だ。だから描写が違うかと言われれば、そこはこのレンズの辿ってきた歴史によるものが大きいが、ヴィンテージレンズの1本1本の個体差を感じて頂けるレポートとしてもご覧頂きたい。

金属と錆、デニムと革ジャケット、それぞれを緻密に描写していくこの解像感の高さはこのレンズならでは。周辺光量落ちは盛大に出てくるが、それがかえって中心に集中する様な凝縮感を出す。使いこなすのは難しいが、このレンズでしか出せない味でもある。




Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3 絞り:F10 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3

この1枚を拡大して、悩んでもらえれば幸い。どこにピントがあるのか、滲むのか、流れるのか。この描写を見てワクワクされた貴方、大いに深みにはまっていらっしゃいます。




Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3

では、暴れに暴れ破綻した画になるかと言われればそうではない。ステンドグラス、古い鋳物金具の落ち着いた質感、時代を経た木の質感、どれも静かに端正に描き出している。




Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3






Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3






Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/8秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3



暗い中にふっと光の当たっている様なシチュエーションは、このレンズお得意のものと言えそうだ。周辺光量が足りないのなら、そのシェーディングをフィルムプリントの"被い焼き"の様に撮影に生かせば良いわけで、これはレンズとの付き合いの中で自然と得られるものだろう。クォリティも状態もレンズそれぞれ、対話する様にそのレンズを使っていると、そのクセも思わぬ美点となる時が来る。これだからヴィンテージレンズは人を惹きつけて止まないのだろう。




Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3






Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3





Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Hektor2.8cm/f6.3







これが"フロントシリアル"、前面にシリアルナンバーが刻印されているのが分かると思う。最後期型のこのレンズは薄いシングルコーティングもなされていた。初めてのLEICA28mm広角レンズとして、1935年から20年近くにわたって作られた本レンズ。それぞれの個性も含めて、付き合って頂きたい1本だ。

>>前回のレポートはこちら

Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Other Leica Lens|掲載日時:2012年12月21日 17時00分]

M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

LEICA M10 MONOCHROM[2020年02月20日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 使用機材:M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH. LEICAM10 MONOCHROM カラーフィルムが出始めの1950年代、カラー写真は商業用で、写真作品はモノクロでなければ認められない時代があった。裏を返せば、当時はカラーフィルムがまだまだ一般的ではなかったなど事情があっ...
続きを読む
MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3[2020年02月12日]

絞り:F1.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10-P + MS-Optics MS-MODE-S 50mm F1.3 MS-Optics(宮崎光学)MS-MODE-S 50mm F1.3 昨今では様々なオリジナルレンズを手掛けるMS-Optics(宮崎光学)が、初めて手掛けたハンドメイドレンズ『MS-MODE-S 50mm F1.3』をご紹介します。元々は趣味の延長で改造レンズ(マウントの換装...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む



閉じる