Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH | Kasyapa for Leica 
Select Language


LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F16 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH



ズームレンズは一眼レフではありふれた物となっていますが、LEICA M型はレンジファインダー機。視野枠で撮影範囲を示すため長くズームレンズは存在していませんでした。そこへ3焦点の切り替え式という形で登場したのがこの『Tri-Elmar』です。28mm、35mm、50mmというレンジファインダーで最も需要のある3つの焦点を切り替え式にし、視野枠の切り替えや距離計の連動カムもリングを回す事で物理的に変更をかける凝った仕様。レンズの後ろから見ても切り替え機構は実にメカニカルで、カチッと変更がかかる所はさすがLEICA。非常に精密感のある造りは信頼出来るものです。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

ズームレンズと聞くとその描写を気にされる方も居ますが、このレンズでは特に心配はいらないものと思います。逆光の強い日差しを照り返すビルを撮影しても、フレアが出る事も無くしっかりとしたコントラストを保って描写。壁面の細かな凹凸、陰影までしっかりと捉えてくれています。解像感もしっかりしたものですね。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F5.7 / シャッタースピード:1/45秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH



また開放F値がF4通しになっているなど、そのサイズからすれば使いやすいレンズに仕上がっているのも嬉しい点です。室内での撮影でもレンズ交換無く撮影できるのは大変便利で、デジタル機であれば映像素子へのゴミの付着の心配も無く、ISO感度の制約も少ない事から実に使いやすいレンズとして活躍してくれる事でしょう!




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

この28mmでの開放感もクリック一つで選択できてしまうのですから、その使いやすさは想像以上です。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/45秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

実際、レンジファインダー機の利点の1つは機動力の高さ。コンパクトなシステムで動きやすい点があるのですから、とっさのシチュエーションで最適な画角を選び出せるというのはこれは大きなアドバンテージです。街頭スナップ等でもこのレンズがあれば大半の撮影が可能でしょうから、悩んでみる価値は大いにある1本です。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F13 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

雲の表情も実に細かく描いてくれます。下のカットでも思いましたが、ズームレンズにして繊細なこの描写は嬉しいものです。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F10 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH






LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH





LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

街頭でのスナップ、旅行先での撮影、様々なシチュエーションでこのレンズは大いに活躍してくれると思います。レンジファインダー機の軽快さを更に一歩のばしてくれる様なこのレンズ。当初は私も『3焦点切り替え式』というそのスペックから"特殊なレンズなんだろう"という思い込みがありましたが、実際に使用してみると驚くほど使いやすい。現行品ではより広角にシフトした16mm、18mm、21mmの『Tri-Elmar』が販売されていますが、28mm、35mm、50mmという常用スペックを持ったこのモデルもぜひ検討して頂きたい、良いレンズです。





今回使用したのは距離計レバーの無い初期モデルの『Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH』。他のライカレンズと比べると望遠レンズの様な押し出しはありますが、3本分の焦点距離で活躍してくれるのであれば許せるサイズ。またかなり細身で、持ち運びやすいのも大いに評価したいポイントです。常用レンズとしてこのレンズというのは、大いに"アリ"な選択だと思います。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

カテゴリー:Elmar  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

SUPER-VARIO-ELMAR-T 11–23mm F3.5-4.5 ASPH. SUPER-VARIO-ELMAR-T 11–23mm F3.5-4.5 ASPH. 2015年02月20日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA T + SUPER-VARIO-ELMAR-T 11–23mm F3.5-4.5 ASPH. ライカが提案する新しいカメラスタイル『LEICA T CAMERA SYSTEM』に新たなレンズ2本が発表されました。 今回はその1本である広角ズーム『LEICA SUPER-VARIO-ELMAR-T 11–23mm F3.5-4.5 ASPH.』のご紹介です。超広角レンズである『SUPER ELMAR』の名を継承し、35mm判換算で約17~35mmに相当する画角をカバーする事ができるLEICA Tレンズ初の広角ズー...
続きを読む
LEICA M + Tele-Elmar 135mm/f4.0 Tele-Elmar 135mm/f4.0 2014年03月24日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Tele-Elmar 135mm/f4.0 135mmクラスのライカ望遠レンズとしては比較的新しい設計だけに、カラーでの発色も良好でコントラストも良い。安定した望遠レンズとして人気があるのがこの『Tele-Elmar135mm』である。ライカらしい落ち着いた描写が魅力的なレンズであり、前ボケや後ろボケも派手さは無いが、しっとりと描く。135mmの入門レンズとしてもオススメだ。 絞り:F4.0 / シャッ...
続きを読む
LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 Elmar 135mm/f4.0 2014年02月28日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 ライカMの登場でガラリと印象の変わったレンズがあります。135mm近辺の長焦点レンズ達はこれまでF値の暗さと視野枠の狭さからどうにも敬遠されがちで、描写の良さは聴こえるものの積極的に使えるレンズではありませんでした。しかしライカMの登場で高感度耐性が大幅にアップし、更にライブビューが使える様になった事で、お手頃な価格と相まって"使いやすい"レンズに様変わりした様...
続きを読む
LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 Elmar 90mm/f4.0 2014年02月27日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 Leicaの沈胴Elmarと聞くと、多くの人が思い浮かべるのはf2.8、もしくはf3.5の50mmであろう。しかしながら、今回ご紹介するのは90mm/f4の沈胴Elmarだ。50mmと比べてしまえば目立たない存在だが、実はこの90mmは伝統工芸品とも呼べる逸品になっている。 レンジファインダー機で焦点距離90mmとなれば、画角は水平23度、垂直で15度とかなり狭くなる。当然、35mmや50mmと比較すれば出番...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Tri-Elmar 16/18/21mm f4.0 ASPH Tri-Elmar 16/18/21mm / f4.0 ASPH 2013年04月12日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Tri-Elmar 16/18/21mm f4.0 ASPH 最新の『Tri-Elmar16-18-21mm/f4.0 ASPH.』、現行のLEICAレンズでは最大画角を誇る16mmを持ちながら、更に3焦点の切り替え式となっている本レンズ。近接撮影時にはフローティングでの補正機構が搭載されるなど、そのスペックも実に豪華な1本だ。以前M8で試用した際には「使い勝手の良いレンズだなぁ。」位の印象であったが、『M Monochrom』にも負け...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]