Elmar50mm/f2.8 M-1st | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8



先日、Lマウントの『Elmar50mm/f3.5』の試写レポートをお送りしましたが、今回はそのMマウント化されたモデル。『LEICA M3』の発売にあわせてMマウント版が発売され、設計の修正と硝材の見直しにより開放F値を2.8まで引き上げたレンズです。外観もM型ライカに合う様に一回り大きくなりましたが、絞りの操作もしやすくなり使い勝手はとても良くなっています。M9やM8などのボディでは注意が必要ですが、フィルムボディ等では沈胴してコンパクトに持ち運べるのも大きな魅力。描写もオールドレンズらしい軟らかな色合いで、常用レンズとしてもピッタリの1本です。




LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8

コントラストが強いレンズではないのですが、その素朴ながらしっかりとした描写は自然を撮るにも活躍してくれます。微妙なグレーの違いも描き分けてくれるので、水面の豊かなトーンをしっかりと写してくれました。




LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8



作られた時代が『LEICA M3』と同時期であり、その素晴しい仕上げも見所の一つ。クロームメッキの質も実に美しく、絞り羽根の枚数も15枚という贅沢さ。無限遠のロックもパチッと決まり、往事のライカ製品の美しさを見て取る事が出来ます。




LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8

ボケは光線状況によっては少々独特のものになりますが、ピント面の解像力はなかなかのものです。




LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8






LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8

強烈な逆光でのカットですが、ゴースト等も無くしっかりとした描写なのは驚きです。RAWデータで見ると暗部のビル壁面もしっかりと描写しており、その描写に改めて驚かされます。




LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8






LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + M-Elmar50mm/f2.8







ライカならではの独特なスタイルのレンズです。沈胴するとパンケーキレンズの様に薄くなります。しかし絞りの枚数の多い事…。こうした部分はもちろん写真と直接関係しないことですが、美しいと思える機材で撮影するのは楽しく、熱中できるもの。せっかく様々なレンズの揃っているライカですから、ぜひとも楽しんで頂きたいと思います。

※M9等の一部Mボディでは沈胴式レンズの沈胴を制限しています。 ボディを損傷する恐れがありますので、必ず伸張させた状態で使用して下さい。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Elmar|掲載日時:2012年10月15日 10時30分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる