Summarit 35mm/f2.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5



2007年に発売された「ズマリットM」シリーズ。 ライカレンズに精通した方にとっては、「ズマリット」と耳にして真っ先に思い出すのが往年のハイスピードレンズ"Summarit 50mm F1.5”だと思います。 しかし、新生「ズマリットMシリーズ」は同じ名前を冠しながら設計思想は全く異なります。35mm/50mm/75mm/90mmの4種類の焦点距離が用意され、それぞれが全てF2.5という開放絞り値を持った控えめなスペック。 ライカレンズとしては比較的手にしやすいプライスの、所謂エントリークラス的位置付けのモデルです。

なかでもこのズマリット35mm F2.5は、使い勝手の良い画角とその容姿から、気になっている方が多い1本ではないでしょうか?




LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/45秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5

エントリークラスといって侮ることなかれ。シャープでありながらも、どこか優しさ漂うその描写はまさに優等生。 目立ったクセも感じられず、開放絞りから安心して使用できる高い描写性能を実現しています。




LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5



ライカMマウント現行モデルのなかで、最小かつ最軽量。全長わずか34mmのコンパクトな鏡胴は取りまわしが良く、デジタル/フィルムどちらのライカボディに装着しても、マッチングは良好。




LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5

レンズ構成は球面レンズのみで構成された4群6枚。絞りを挟んだ対称型という、昔ながらの配置。非球面レンズを採用しないかわりに、3枚の高屈折率を持った異常部分分散ガラスを採用し、色収差を良好に補正しています。




LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5

わずかに樽型の歪曲収差はみられるものの・・・実際に撮影した写真を見る限り、ほとんどの場面において気にならない程度に抑えられています。




LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5

モノクロ撮影でもこの通り。フィルムライカにおける、モノクロフィルムとの相性も良さそうです。 35mmという最もスタンダードな焦点距離でありながら、カラー撮影/モノクロ撮影の両方をそつなくこなしてくれる、まさにオールマイティな1本ではないでしょうか。






レンズ銘板には、往年のライツ社が使用していた"Leitz-Norm”(ライツ・ノルム)という字体が用いられています。 現行ラインの他レンズに用いられている、幾何学的な字体とは異なり、昔ながらの丸い字体です。 さらにレンズ着脱指標の色も、当時使用されていた物と同様の色調を再現。 それらの拘りは、どこか懐かしさを感じる鏡胴デザインと相まって、エントリークラスとは思えない存在感をもたらしています。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Summarit|掲載日時:2013年02月22日 10時30分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる