Summilux 21mm/f1.4 ASPH. | Kasyapa for Leica 
Select Language


LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.



ズミルックス、LEICAレンズの中でも大口径のf1.4を達成したレンズに称される名称ですが、その焦点距離が21mmと聞いた時に本当に驚いたのを覚えています。聞けば『35mmカメラ用の21mmレンズとしては世界初となる開放F値1.4』だそうで、そのスペックからノクチルクスと並んで一度は使ってみたいレンズでもありました。Fotokina2013でもLEICA光学機器のマイルストーンとしてこのレンズの名前が挙がるほど、その光学性能の高さはお墨付きのものです。確かに後ろボケの生かせる21mm広角レンズは聞いた事がありません。

間違いなくこのレンズでしか見えない世界がある1本ですが、まずは遠距離での撮影。構成枚数も多いレンズですが、強烈な逆光だったのにもフレアも少なく、光学設計の優秀な事が伺えます。現場の極限まで澄み切った空気感まで、余す所無く描いています。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.

少し近接してのカット。前後にしっかりボケが出て、これは他のレンズではまず見れない描写です。後ろボケも強い光ながら、想像以上に素直な印象。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.



超大口径の広角レンズとは思えないほど高い描写力を誇るのは、このカットをご覧頂ければ納得して頂けるかと思います。RAWデータでは暗部もしっかりとすくっています。どのカットを見ても「大口径レンズだから」という甘えを感じさせないビシビシにシャープな描写。大口径レンズという事は純粋に撮影できるシチュエーションが広がる訳で、広角域が好きなユーザーにはたまらないレンズでしょう。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.

そして広角で大口径と言う事は、スナップにもしっかり生きてくるという事です。21mmレンズとしては大きなボケが楽しめるレンズですが、そのピント域、被写界深度の幅はf1.4の35mmレンズ等と比べれば格段に広く、深くなります。光量の少ない場所でも目測がしやすく、高速シャッターの使用が出来るのですから、スナップ派にも嬉しい1本。使いこなしがいのあるレンズです。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.






LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.






LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.

こういった描写が見られるレンズは今まで他にありませんでした。どうも少しミニチュアの様にも見えるのは、超広角レンズで近接撮影をしている様に見えるからでしょうか。極僅かな周辺光量落ちも、雰囲気が出て良いものです。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.


このシチェーションは、このレンズの独壇場でしょう。燃え上がる炎の微妙な揺らめきの感じも良く出ていますね。輝度が高い炎などでは露出が難しいものですが、暗部までしっかり描写してくれているのには驚きました。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.






LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.

夜の街には、夜の街にしかない光景があります。撮影時にはあまり気にせず撮っていましたが、"明るさを気にしなくて良い"というのはこのレンズのすごい所です。






21mmの広角レンズとしてはサイズも押し出しの強さも弩級の1本。しかしこのスペック、この描写、希有な1本である事は間違いありません。使いこなせれば、それこそこのレンズでしか見えない光景のある1本。LEICA社も凄いレンズを生み出したものです。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Summilux  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA Q2 LEICA Q2 2019年03月19日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
Leica Q2 国内発表会レポート Leica Q2 国内発表会レポート 2019年03月08日
2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P LEICA Q-P 2019年01月22日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7 LEICA D-LUX7 2019年01月22日
焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む
Leica Price Guide LEICA Price Guide 2019年01月18日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む


[↑TOPへ戻る]