Summilux 21mm/f1.4 ASPH. | Kasyapa for Leica 
Select Language


LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.



ズミルックス、LEICAレンズの中でも大口径のf1.4を達成したレンズに称される名称ですが、その焦点距離が21mmと聞いた時に本当に驚いたのを覚えています。聞けば『35mmカメラ用の21mmレンズとしては世界初となる開放F値1.4』だそうで、そのスペックからノクチルクスと並んで一度は使ってみたいレンズでもありました。Fotokina2013でもLEICA光学機器のマイルストーンとしてこのレンズの名前が挙がるほど、その光学性能の高さはお墨付きのものです。確かに後ろボケの生かせる21mm広角レンズは聞いた事がありません。

間違いなくこのレンズでしか見えない世界がある1本ですが、まずは遠距離での撮影。構成枚数も多いレンズですが、強烈な逆光だったのにもフレアも少なく、光学設計の優秀な事が伺えます。現場の極限まで澄み切った空気感まで、余す所無く描いています。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.

少し近接してのカット。前後にしっかりボケが出て、これは他のレンズではまず見れない描写です。後ろボケも強い光ながら、想像以上に素直な印象。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.



超大口径の広角レンズとは思えないほど高い描写力を誇るのは、このカットをご覧頂ければ納得して頂けるかと思います。RAWデータでは暗部もしっかりとすくっています。どのカットを見ても「大口径レンズだから」という甘えを感じさせないビシビシにシャープな描写。大口径レンズという事は純粋に撮影できるシチュエーションが広がる訳で、広角域が好きなユーザーにはたまらないレンズでしょう。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.

そして広角で大口径と言う事は、スナップにもしっかり生きてくるという事です。21mmレンズとしては大きなボケが楽しめるレンズですが、そのピント域、被写界深度の幅はf1.4の35mmレンズ等と比べれば格段に広く、深くなります。光量の少ない場所でも目測がしやすく、高速シャッターの使用が出来るのですから、スナップ派にも嬉しい1本。使いこなしがいのあるレンズです。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.






LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.






LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.

こういった描写が見られるレンズは今まで他にありませんでした。どうも少しミニチュアの様にも見えるのは、超広角レンズで近接撮影をしている様に見えるからでしょうか。極僅かな周辺光量落ちも、雰囲気が出て良いものです。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.


このシチェーションは、このレンズの独壇場でしょう。燃え上がる炎の微妙な揺らめきの感じも良く出ていますね。輝度が高い炎などでは露出が難しいものですが、暗部までしっかり描写してくれているのには驚きました。




LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.






LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9 + Summilux 21mm/f1.4 ASPH.

夜の街には、夜の街にしかない光景があります。撮影時にはあまり気にせず撮っていましたが、"明るさを気にしなくて良い"というのはこのレンズのすごい所です。






21mmの広角レンズとしてはサイズも押し出しの強さも弩級の1本。しかしこのスペック、この描写、希有な1本である事は間違いありません。使いこなせれば、それこそこのレンズでしか見えない光景のある1本。LEICA社も凄いレンズを生み出したものです。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Summilux  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd Summilux 50mm/f1.4 2nd 2014年03月21日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 1968年。かつて『貴婦人』と称されたレンズが、ブラッククロームメッキに身を包んだ無骨な外見となってリニューアル。 初代Summilux50mmでは貼り合わされていた2群目に、所謂『空気レンズ』構造を設け、本格的な“カラーフィルム時代”の到来へ向けた光学設計の変更も為されている。 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:...
続きを読む
LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model Summilux 50mm/f1.4 3rd 2014年03月21日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model ライカの大口径標準レンズと言えばズミルックスシリーズに寄る所となるだろう。サイズや手にした時の重量バランスも良く、F2以上の口径を求めるのであれば安定して信頼出来るレンズである。初代、そしてブラッククローム仕上げとなった第2世代では1mだった最短撮影距離が70cmまで短縮され、より使いやすくなったのがこの第3世代。50mmの標準レンズでこの30cmというの...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 2nd-Model Summilux 35mm/f1.4 2nd 2014年02月20日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:LEICA M + Summilux 35mm/f1.4 2nd-Model クセ玉―――そう聞いてあなたはどのようなレンズを思い浮かべるだろうか。 如何とも表現のし難い独特な描写が、撮影者を悩ませ、そしてそれ以上に何事にも代えがたい慶びを与えてくれる。『Summilux 35mm/f1.4 2nd』は、その言葉を体現したようなレンズだ。 35mmのSummiluxは、初代の1stモデルとこの2ndが球面レンズのみで構成され、3rdタイプからは非球面レンズを...
続きを読む
Leica M9-P + Summilux 75mm/f1.4 1st Summilux 75mm/f1.4 1st 2014年01月20日
絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 75mm/f1.4 1st 以前レポートした第2世代に続いて、初代75mmズミルックス・レンズが入荷した。最近は見かける事も少なくなってしまい、稀少レンズの仲間入りをしている本レンズだが、ぜひその描写をご覧頂きたいと思う。 75mm中望遠大口径の草分けとして登場したこのレンズは短い期間で製造が中止されてしまった。コストが高く、採算がとれなかった等、その理由には諸説有るがはっき...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical Summiux 35mm/f1.4 Aspherical 2013年04月26日
シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical 研磨の2枚非球面、初期のASPHERICALズミルックスはその希少性からもはやコレクターズアイテムになりつつあるが、それまでの球面ズミルックスとは違うその描写も魅力のあるものである。開放からしっかりと"使える"立ち上がる様な描写はノクチルックス等と同じく『開放から積極的に使うレンズ』として作られた感があるが、今回は"M Monochrom"と共に使用してみた。以...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]