Summilux 50mm/f1.4 ASPH. | Kasyapa for Leica 
Select Language


LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



35mmフィルムを使用するカメラとして1925年、初めて成功を収めたLEICA。その時初の量産カメラであるA型に装着されていたのが50mmのレンズでした。それ以来、人の見た目に最も近い50mmレンズは"標準"レンズとして永く多用されています。
実際、漠然とした視点の場合の人の目は40mm程度、意識して風景を見る場合の焦点距離が50mm程度と言われますから、撮影をする上で使いやすい画角である事は事実。大きな誇張も無いその焦点距離は写真を撮る上でまさにスタンダードなものと言えるでしょう。

LEICAの標準レンズと言えば弩級のノクティルクスから、ズミルックス、ズミクロン、ズマリットと現行レンズだけでも4種類。その上それぞれに個性があるのだから参ってしまいますが、今回使用した『Summilux 50mm/f1.4 ASPH.』は間違いなくスタンダード中のスタンダード。その描写力の高さはトップクラスで、高いシャープネス、ボケも美しい、文句のつけようの無い描写はLEICAの凄みすら感じさせます。



LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.

背景に渡る自然なボケと枝の立体感、そしてその場の空気の冷たく澄んだ雰囲気までしっかり描かれています。




LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.






LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



最短撮影距離、開放での撮影です。前後ボケも柔らかく、描写に破綻も生じさせない。水滴の鋭い照り返しと葉の柔らかく湿度を持った雰囲気はこのレンズのポテンシャルの高さをしっかりと伝えてくれます。信頼できる標準レンズが1本あれば、どんなシチュエーションでも撮影は楽しくなるものです。




LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.






LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.

日没直後の微妙なトーンが残る景色です。遠景でも破綻しませんね…良い描写です。




LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.

カラーでは瑞々しいヌケの良さも大きな魅力。透明感のあるトーン、諧調も美しく再現されるので、モノクロームでもその恩恵は大きいものでしょう!




LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.





LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.

最短撮影距離が70cmというのも使い勝手の良いもの。かなり接近した撮影まで、この1本で可能です。





M9などデジタルボディとの相性の良さもポイントの1つ。フォーカシングノブのついた鏡筒デザインの格好よさやボディバランス、そして描写性能に至るまで実に使い勝手が良く、正に最高の標準レンズと言えるでしょう。価格はかなりのものですが、これ1本を使い込んでも、決して期待を裏切る事は無いはずです。まさに最高峰の標準レンズ、どんな時も頼れる1本です。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Summilux  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd Summilux 50mm/f1.4 2nd 2014年03月21日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 1968年。かつて『貴婦人』と称されたレンズが、ブラッククロームメッキに身を包んだ無骨な外見となってリニューアル。 初代Summilux50mmでは貼り合わされていた2群目に、所謂『空気レンズ』構造を設け、本格的な“カラーフィルム時代”の到来へ向けた光学設計の変更も為されている。 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:...
続きを読む
LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model Summilux 50mm/f1.4 3rd 2014年03月21日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model ライカの大口径標準レンズと言えばズミルックスシリーズに寄る所となるだろう。サイズや手にした時の重量バランスも良く、F2以上の口径を求めるのであれば安定して信頼出来るレンズである。初代、そしてブラッククローム仕上げとなった第2世代では1mだった最短撮影距離が70cmまで短縮され、より使いやすくなったのがこの第3世代。50mmの標準レンズでこの30cmというの...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 2nd-Model Summilux 35mm/f1.4 2nd 2014年02月20日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:LEICA M + Summilux 35mm/f1.4 2nd-Model クセ玉―――そう聞いてあなたはどのようなレンズを思い浮かべるだろうか。 如何とも表現のし難い独特な描写が、撮影者を悩ませ、そしてそれ以上に何事にも代えがたい慶びを与えてくれる。『Summilux 35mm/f1.4 2nd』は、その言葉を体現したようなレンズだ。 35mmのSummiluxは、初代の1stモデルとこの2ndが球面レンズのみで構成され、3rdタイプからは非球面レンズを...
続きを読む
Leica M9-P + Summilux 75mm/f1.4 1st Summilux 75mm/f1.4 1st 2014年01月20日
絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 75mm/f1.4 1st 以前レポートした第2世代に続いて、初代75mmズミルックス・レンズが入荷した。最近は見かける事も少なくなってしまい、稀少レンズの仲間入りをしている本レンズだが、ぜひその描写をご覧頂きたいと思う。 75mm中望遠大口径の草分けとして登場したこのレンズは短い期間で製造が中止されてしまった。コストが高く、採算がとれなかった等、その理由には諸説有るがはっき...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical Summiux 35mm/f1.4 Aspherical 2013年04月26日
シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical 研磨の2枚非球面、初期のASPHERICALズミルックスはその希少性からもはやコレクターズアイテムになりつつあるが、それまでの球面ズミルックスとは違うその描写も魅力のあるものである。開放からしっかりと"使える"立ち上がる様な描写はノクチルックス等と同じく『開放から積極的に使うレンズ』として作られた感があるが、今回は"M Monochrom"と共に使用してみた。以...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]