Summarit 50mm/f2.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5



Summaritシリーズは『LEICA M8』と同時に登場したF2.5の開放値を持つレンズ群。35mm,50mm,75mm,90mmの4本を揃え、クラシカルな意匠と軽量・コンパクトなデザインで人気を博しているレンズだ。実際LEICAレンズの中でもコストパフォーマンスの高いレンズとして知られ、まずはじめの1本として選ばれる事も多い。
価格から廉価版というイメージが伴う事も多いが、口径を抑えF2.5でまとめた事からもその描写は実に優秀。上の写真でも照り返しの強い雪面ながら、細かい部分まで実に良く解像している。昔からLEICAの口径を抑えたレンズには銘玉揃いなのだが、この描写も実に期待できるものだ。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5

最短、開放に近いがこの描写は実に良い。ガラス球の艶やかな表面とフィラメントの滲み、金属部の鋭利な照り返しまで期待以上の描写をしてくれる。少々Summaritシリーズを甘く見ていたと反省させられる描写である。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5



しんと冷え込んだ牧場の空気まで伝わってくる様な描写である。ピントを手前の雪原に合わせているため遠景が少々甘くなっているが、それでも描写の素性の良さはお分かり頂けるかと思う。
実際使用するとその重さ、サイズ感が絶妙で、ピントリングを含めたボディとの一体感が実に良い。今回のレポートは遠方での撮影であったが、他のレンズよりも軽く使い回しの良いこのレンズについつい手が伸びてしまった。このF2.5というF値も絶妙で、それなりに暗くても何とかなる、ボケも楽しめるちょうど良い塩梅なのだ。使い勝手の良い1本を求めているなら、このレンズは大いに試してみる価値のあるレンズだと思う。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5

モノクロームとの相性も良いものだ。細部に至るまで実に良く解像する。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5






LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5

F2.5というF値も想像以上に大きくボケるもの。日常の撮影にはむしろこの程度の方が使いやすいだろう。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5

少し絞るだけでしっかりとした解像感が出てくる。深い陰影を刻んだ木の目はこの地の冬の厳しさを物語っている様だ。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5





LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5






LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F10 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5






LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5






LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5







装着した時のバランスの良さは一目見て頂ければ納得して頂けるだろう。個人的には前玉が大きく、先すぼまりのこうしたデザインはM型ボディにジャストフィットだと思う。フォーカスレバーの造作も格好の良いものだ。気負いせず常用しやすいレンズとして、初めての方だけでなくLEICA玄人の方へも『Summarit 50mm/2.5』は大いにお勧めしたい1本である。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Summarit|掲載日時:2013年03月09日 11時00分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる