Summarit 50mm/f2.5 | Kasyapa for Leica 
Select Language


LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5



Summaritシリーズは『LEICA M8』と同時に登場したF2.5の開放値を持つレンズ群。35mm,50mm,75mm,90mmの4本を揃え、クラシカルな意匠と軽量・コンパクトなデザインで人気を博しているレンズだ。実際LEICAレンズの中でもコストパフォーマンスの高いレンズとして知られ、まずはじめの1本として選ばれる事も多い。
価格から廉価版というイメージが伴う事も多いが、口径を抑えF2.5でまとめた事からもその描写は実に優秀。上の写真でも照り返しの強い雪面ながら、細かい部分まで実に良く解像している。昔からLEICAの口径を抑えたレンズには銘玉揃いなのだが、この描写も実に期待できるものだ。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5

最短、開放に近いがこの描写は実に良い。ガラス球の艶やかな表面とフィラメントの滲み、金属部の鋭利な照り返しまで期待以上の描写をしてくれる。少々Summaritシリーズを甘く見ていたと反省させられる描写である。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5



しんと冷え込んだ牧場の空気まで伝わってくる様な描写である。ピントを手前の雪原に合わせているため遠景が少々甘くなっているが、それでも描写の素性の良さはお分かり頂けるかと思う。
実際使用するとその重さ、サイズ感が絶妙で、ピントリングを含めたボディとの一体感が実に良い。今回のレポートは遠方での撮影であったが、他のレンズよりも軽く使い回しの良いこのレンズについつい手が伸びてしまった。このF2.5というF値も絶妙で、それなりに暗くても何とかなる、ボケも楽しめるちょうど良い塩梅なのだ。使い勝手の良い1本を求めているなら、このレンズは大いに試してみる価値のあるレンズだと思う。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5

モノクロームとの相性も良いものだ。細部に至るまで実に良く解像する。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5






LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5

F2.5というF値も想像以上に大きくボケるもの。日常の撮影にはむしろこの程度の方が使いやすいだろう。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5

少し絞るだけでしっかりとした解像感が出てくる。深い陰影を刻んだ木の目はこの地の冬の厳しさを物語っている様だ。




LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5





LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5






LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F10 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5






LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5






LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5







装着した時のバランスの良さは一目見て頂ければ納得して頂けるだろう。個人的には前玉が大きく、先すぼまりのこうしたデザインはM型ボディにジャストフィットだと思う。フォーカスレバーの造作も格好の良いものだ。気負いせず常用しやすいレンズとして、初めての方だけでなくLEICA玄人の方へも『Summarit 50mm/2.5』は大いにお勧めしたい1本である。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Summarit  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH. Summarit M35mm F2.4 ASPH. 2015年12月31日
絞り:F16/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH. ライカレンズの中でもコンパクトで抜群の描写性を持つズマリットシリーズ。2014年に光学系が一新され明るさも前モデルよりF値が0.1明るくなりました。 しかし本レンズのモデルチェンジで注目すべき点はレンズの明るさではなく、非球面レンズが採用されより先鋭な描写を手に入れたということでしょう。 名前のブランド力ではズミルック...
続きを読む
LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 Summarit 75mm F2.4 2015年10月30日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4 コンパクトでありながら優れた描写力を誇る「ズマリット」レンズがモデルチェンジしました。 標準域の感覚に近い中望遠の75mmは、歩きながら見つけた被写体がちょうど画角に収まるスナップレンズとしての使い易いレンズ。旧モデルと比べ最短撮影距離が20cm短縮され70cmまで寄ることが可能になり、手元の撮影などがより便利になりました。 クリアーな...
続きを読む
LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 Summarit 75mm/f2.5 2013年04月08日
絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 標準域の50mmや35mmという焦点距離を、すでに自らの目の延長のように使いこなす貴方に・・・ 次のステップとして、「中望遠」という選択肢はいかがでしょうか。 ポートレートはもちろん、静物の撮影にも有用な画角です。 「そんなに使う機会に恵まれないかも・・・」という方に自信を持ってお勧めできるのが、コストパフォーマンスに優れた「Summarit 75mm F2.5」です。 ...
続きを読む
LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 Summarit 50mm/f2.5 2013年03月09日
絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit50mm/f2.5 Summaritシリーズは『LEICA M8』と同時に登場したF2.5の開放値を持つレンズ群。35mm,50mm,75mm,90mmの4本を揃え、クラシカルな意匠と軽量・コンパクトなデザインで人気を博しているレンズだ。実際LEICAレンズの中でもコストパフォーマンスの高いレンズとして知られ、まずはじめの1本として選ばれる事も多い。 価格から廉価版というイメージが伴う事も多いが、口径を抑え...
続きを読む
LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5 Summarit 35mm/f2.5 2013年02月22日
絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit 35mm/f2.5 2007年に発売された「ズマリットM」シリーズ。 ライカレンズに精通した方にとっては、「ズマリット」と耳にして真っ先に思い出すのが往年のハイスピードレンズ"Summarit 50mm F1.5”だと思います。 しかし、新生「ズマリットMシリーズ」は同じ名前を冠しながら設計思想は全く異なります。35mm/50mm/75mm/90mmの4種類の焦点距離が用意され、それぞれが全てF2.5という開放絞...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]