Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Summicron 35mm/f2.0 3rd 
Select Language


Leica M9-P +Summicron M35mm /f2.0 3rd
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/360秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P +Summicron M35mm/f2.0 3rd

Leica M9-P +Summicron M35mm /f2.0 3rd

M型ライカレンズのスタンダード的存在のズミクロンM35mmはその人気の高さから、異なった個性のある各世代のモデルが多数存在します。
今回撮影したのは1980年に登場した3世代目と呼ばれるレンズ。カナダ・ライツ社の設計製造である5群7枚のレンズは、約190gと軽量でとても使いやすいレンズです。
均一なコントラストと高い解像度が特徴と言われており、約30年前に造られたレンズがどのような描写をするのか、楽しみな1本です。

暗い舞台越しに撮影した神社の境内。露出を境内に合わせているにも関わらず、逆光での簾の質感や床に反射する光のコントラストなど、暗部の質感まで描写する解像力は、想像を遙かに超えるものでした。


Leica M9-P +Summicron M35mm /f2.0 3rd
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P +Summicron M35mm/f2.0 3rd



Leica M9-P +Summicron M35mm /f2.0 3rd
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:250 / 使用機材:Leica M9-P +Summicron M35mm/f2.0 3rd

さらに驚いたのがこの朱色に塗られた鳥居。コントラストが高いとは聞いていましたが、これ程とは。
見た目以上に艶やかに写し出された画は、まるで水を掛けたかの様な艶を放っています。


Leica M9-P +Summicron M35mm /f2.0 3rd
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:Leica M9-P +Summicron M35mm/f2.0 3rd

店先に置かれた季節の草花が入れられた篭も、質感を残しシャープに描写しています。
そして奥行き感を伝える柔らかなボケ。この絶妙なバランスの良さがとても気持ちよく感じます。


Leica M9-P +Summicron M35mm /f2.0 3rd
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P +Summicron M35mm/f2.0 3rd

竹林の中で空を見上げると、少しづつ暖かくなる春の日差しを感じます。
木漏れ日により現れた光源ボケが、ザワザワと風に揺れる葉音の表情までも写し出していました。
レンズの性能を表現するとき、よく空気感という表現を目にしますが、このレンズからはそれに風の流れを加えた清涼感のようなものも感じ取れます。


Leica M9-P +Summicron M35mm /f2.0 3rd
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P +Summicron M35mm/f2.0 3rd



Leica M9-P +Summicron M35mm /f2.0 3rd 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/16秒 / ISO:800 / 使用機材:Leica M9-P +Summicron M35mm/f2.0 3rd

これは綺麗に静態保存されたSLの動輪。動かないはずの鉄の塊も僅かに残る油の汚れまでも写し出すと不思議な迫力を感じます。


Leica M9-P +Summicron M35mm /f2.0 3rd

最近はデジタルカメラの性能に合わせて光学系が改良され、よりシャープで高画質なレンズが次々と登場しています。
30年以上も昔に、最新レンズと遜色のないこれほどのレンズが存在していたことに驚きです。
現行のAPSHレンズよりコンパクトに収まり、被写体によっていろんな素顔を切りとることができる、まさにスナップの王道と呼ぶに相応しいレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff

このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"

カテゴリー:Summicron  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

APO-Summicron 50mm F2.0 ASPH. APO-Summicron 50mm F2.0 ASPH. 2015年09月08日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica (ライカ) M(Typ240) + Leica (ライカ) アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH. 2013年のフォトキナでデビューを飾って以来、“究極のレンズ”として人々から羨望の眼差しを受け続けてきた『Leica (ライカ) アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.』。赤、青、紫、三波長の焦点位置を揃え、色収差を徹底的に抑えたアポクロマート設計を採用。更にはフローティング機構の内蔵により、全域において他の現行レンズを寄...
続きを読む
Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome 2015年09月01日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome 1954年に登場したライカの伝説的なレンズ・ズミクロン50mm F2。そこから約4年後の1958年にカナダライツでもう一つの伝説的なレンズが生み出された。6群8枚からなるレンズ構成から通称『8枚玉』と呼ばれるズミクロン35mm F2 ファーストモデルの登場である。数多くの銘玉が揃うライカレンズの中でも、この...
続きを読む
LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible-Model 2014年03月13日
絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible レンズの名称で"Summicron"ほど有名なレンズは他に無いかもしれない。そこまで言わしめる程、その存在には特別な響きがある。 この沈胴ズミクロンは1954年にL39マウントからMマウントに換装され、『LEICA M3』と共にライカ黄金期を形作った立役者的な存在であり、そしてその突出した性能から世界のレンズの標準を引き上げさせたとも言われる伝説的な存在だ。...
続きを読む
LEICA M9-P + Summicron C 40mm/f2.0 Summicron C 40mm/f2.0 2014年03月06日
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron C 40mm/f2.0 コンパクト・ライカとして人気の"LEICA CL"、その専用レンズとして開発されたのがこの『Summicron C40mm/f2.0』である。軽量コンパクトを主眼に開発されたレンズだけあって、100gちょっとという 重量とサイズが非常に魅力的なレンズだ。それでいてF2.0としっかり大口径であり、またその広角すぎない40mmという焦点距離からも独自の魅力を持つレンズである。 モノクロ...
続きを読む
LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 2014年02月27日
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. レンズには様々な"収差"というものがあるが、その中でも大きな物に色収差というものがある。レンズに入った光は色別に屈折する角度が異なる為に、ピントがそれぞれの波長でズレてしまう事を指すが、その補正を3つの波長で行ったものをアポクロマート・レンズと呼んでいる。光学的な話では少々ややこしいが、ピントの解像感が抜群に良い点と色滲みの少なさ、スッキリと...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]