Summarit 75mm/f2.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5



標準域の50mmや35mmという焦点距離を、すでに自らの目の延長のように使いこなす貴方に・・・ 次のステップとして、「中望遠」という選択肢はいかがでしょうか。 ポートレートはもちろん、静物の撮影にも有用な画角です。
「そんなに使う機会に恵まれないかも・・・」という方に自信を持ってお勧めできるのが、コストパフォーマンスに優れた「Summarit 75mm F2.5」です。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

筆者は普段あまり中望遠レンズを使用しないタイプのユーザーなのですが、なるほど納得。実際にフィールドに持ち出してみると、撮影の幅が広がるではありませんか。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5



まず実際に使ってみて、そのヌケの良さに好印象。 やさしさを伴いつつ、開放F2.5からピント面は十分なシャープネスを保っています。
焦点距離はそれぞれ異なりますが、エントリークラスとは思えない優秀な描写を体感することができる点で、他のSummaritMシリーズと共通しているのは見事の一言。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

枝葉を包み込む細かな雪の質感と、素直なボケ味。 押さえどころをきちんと押さえた描写は、なかなかに侮れません。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

気になるレンズ構成は絞りを境に3枚ずつ、4群6枚の複ガウス型。 レンズ後端部を焦点面に対してやや近めに配置し、像面歪曲を良好に補正しています。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

更には贅沢に4枚の異常部分分散ガラスを採用し、うち2枚は高屈折率ガラス。 非球面レンズこそ採用していないものの、歪曲収差も気にならないレベルに抑えられています。 多少の周辺光量落ちはみられますが、F4まで絞れば撮り手には判らない程度です。
コストダウンを行いつつも、最善の光学性能を維持する姿勢は、さすがライカといったところでしょうか。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

全長は約60.5mm、重量も約345gと、中望遠レンズとしては比較的コンパクト。 現行のSummilux50mmF1.4とほぼ同様の感覚で扱うことできるのが良いですね。






取りまわしも良く、コストパフォーマンスに優れた中望遠レンズ。カメラバッグの中に忍ばせておけば、ここぞというタイミングで活躍してくれる1本ではないでしょうか。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Summarit|掲載日時:2013年04月08日 10時30分]

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P

LEICA Q-P[2019年01月22日]

絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7

LEICA D-LUX7[2019年01月22日]

焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む



閉じる