Summarit 75mm/f2.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5



標準域の50mmや35mmという焦点距離を、すでに自らの目の延長のように使いこなす貴方に・・・ 次のステップとして、「中望遠」という選択肢はいかがでしょうか。 ポートレートはもちろん、静物の撮影にも有用な画角です。
「そんなに使う機会に恵まれないかも・・・」という方に自信を持ってお勧めできるのが、コストパフォーマンスに優れた「Summarit 75mm F2.5」です。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

筆者は普段あまり中望遠レンズを使用しないタイプのユーザーなのですが、なるほど納得。実際にフィールドに持ち出してみると、撮影の幅が広がるではありませんか。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5



まず実際に使ってみて、そのヌケの良さに好印象。 やさしさを伴いつつ、開放F2.5からピント面は十分なシャープネスを保っています。
焦点距離はそれぞれ異なりますが、エントリークラスとは思えない優秀な描写を体感することができる点で、他のSummaritMシリーズと共通しているのは見事の一言。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

枝葉を包み込む細かな雪の質感と、素直なボケ味。 押さえどころをきちんと押さえた描写は、なかなかに侮れません。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

気になるレンズ構成は絞りを境に3枚ずつ、4群6枚の複ガウス型。 レンズ後端部を焦点面に対してやや近めに配置し、像面歪曲を良好に補正しています。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

更には贅沢に4枚の異常部分分散ガラスを採用し、うち2枚は高屈折率ガラス。 非球面レンズこそ採用していないものの、歪曲収差も気にならないレベルに抑えられています。 多少の周辺光量落ちはみられますが、F4まで絞れば撮り手には判らない程度です。
コストダウンを行いつつも、最善の光学性能を維持する姿勢は、さすがライカといったところでしょうか。




LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9 + Summarit75mm/f2.5

全長は約60.5mm、重量も約345gと、中望遠レンズとしては比較的コンパクト。 現行のSummilux50mmF1.4とほぼ同様の感覚で扱うことできるのが良いですね。






取りまわしも良く、コストパフォーマンスに優れた中望遠レンズ。カメラバッグの中に忍ばせておけば、ここぞというタイミングで活躍してくれる1本ではないでしょうか。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Summarit|掲載日時:2013年04月08日 10時30分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる