APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.



ライカの最新レンズ群では"アポクロマート補正"と"非球面レンズの採用"がキーワードになっている様だ。このレンズでも5枚のレンズ群のうち2枚の異常部分分散レンズ、1枚の非球面レンズを採用し、画面全域に渡って高いコントラストとシャープネスを実現していると言う。
細かいスペック的な事は置いておくとしても、このレンズの開放からのシャープネスの高さには驚くばかり。上の写真でも雪面の細かなエンボスまで実に細かく描き出している。さくさくとした雪の感触まで伝わってくる様で、色の発色の良さに至るまでLEICA望遠レンズの性能の高さを遺憾なく発揮してくれる1本だ。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.

色合いも、実に瑞々しい再現である。古い波ガラスのゆらめきと、そこに反射する様々な光をしっかりと描き出している。端から端までピントの良いのも実感できる描写だ。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.



後ろボケは時に少々うるさくなるが、このレベルであれば良い方だろう。ピント面は確かにシャープではあるのだが、カリカリとした神経質な描写ではない。ボケとの分離も良いので、被写体が浮き上がる様な独特の描写を楽しむ事が出来る。
外観はなかなか大柄な本レンズだが、凝縮感のあるデザインと幅広の使いやすいヘリコイドローレットと相まってなかなか使いやすいレンズである。F2.0と明るい事からも様々なシチュエーションで生かせる万能性の高い1本だろう。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.

以前レポートした『Summicron 90mm/f2.0 2nd』も含め、Summicron 90mmの系譜はどれも高性能なレンズとして知られているが、比べてみるとコントラスト等で大きな違いが見られる。
そして被写体の違いもあると思うが、予想に反して『APO-Summicron 90mm/f2.0 ASPH.』はしっとりと湿度感のある描写をする様だ。しかし海外でも評判の高い本レンズ、その描写には恐れ入るばかりだ。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.






LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.






LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.

近接領域でも、その描写は崩れる事が無い。複雑な背景だがボケも大きく美しい。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.

モノクロームでもその描写は健在だ。歳月を刻んだ鉄の扉、その細かな傷の1本1本までしっかりと描写する。



LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.






LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.







コンパクトとは言いがたいが、90mm/f2.0というそのスペックを考えれば、十分小さいサイズに収まっていると言えるだろう。太めの鏡筒はホールディングも良く、撮影時のとり回しも良好だ。 昔から「LEICAの望遠レンズに悪いものは無い。」と言われていたが、アポクロマート補正とASPH化が図られた本レンズ、その性能は素晴しいものである。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Summicron|掲載日時:2013年03月15日 16時45分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる