Summiux 35mm/f1.4 Aspherical | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical



研磨の2枚非球面、初期のASPHERICALズミルックスはその希少性からもはやコレクターズアイテムになりつつあるが、それまでの球面ズミルックスとは違うその描写も魅力のあるものである。開放からしっかりと"使える"立ち上がる様な描写はノクチルックス等と同じく『開放から積極的に使うレンズ』として作られた感があるが、今回は"M Monochrom"と共に使用してみた。以前のレポートでは"M9-P"を使用したが、解像感やトーンに関しては非常に厳しく描き分ける"M Monochrom"だけに、その描写は改めて楽しみなもの。その個性をご覧頂ければ幸いだ。

まずは少し絞り込んでの近代的なビルの外壁。ガラスの質感や遠景の雲、そして中に見える鉄骨の組み上がりまで驚くほど精緻に描き分ける。特にガラスのつるりとした質感描写は独特で、このレンズならではの特徴の1つではないかと思う。




LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical

ハイライトは少し滲むが、それでも"クセ玉"として名高い初代球面ズミルックスと比べれば開放での描写の違いは一目瞭然だ。ただし現行のASPHズミルックスに比べるとやや柔らかく、収差などの見える描写である。両者の間にあってどちらでも無い個性を持つからこそ、求める人が後を絶たないのだろう。被写体の立体感も非常に良く出ている。




LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical







LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/125秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical

周辺部に至るまで、しっかりと張りのある描写である。線も細く、瓶のつややかな表面も滑らかに描き出している




LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical



カラーでの描写も安定していたが、モノクロームでもその描写力の高さは健在だ。トーンの出方も良く、"M Monochrom"の暗部の強さもあいまって実に扱いやすい。あとはそのRAWをどう方向付けるか。撮影者に委ねられる可能性の大きなレンズだ。




LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/750秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical

金属の質感も見事。若干渋めな印象を残す、カラーのときよりも重みを感じる描写だ。




LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/750秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical






LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical

開放だとここまでピントが薄くなる。それでいて全体のコントラストやピント面の鮮明度が落ちないのがこの非球面ズミルックスの特徴だ。



LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical






LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical

こうしたカットを見ると、ピント面の被写体の立体感が良く出ている。




LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical

近接領域になると収差が出るが、それでもコントラストは保たれている。僅かに滲む光が実に綺麗に描かれた。




LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/125秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical






LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical

上2カットともに被写体の存在感がしっかりと出ているカットだと思う。繊細な解像力と大きいボケのなせるものだろうか、被写体の曲線や当たっている柔らかな光の照り返しなどが実にその存在感を示してくれる。




LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical







贅沢な組み合わせである、しかしその相性は抜群に良い様だ。現行のズミルックス35mmは"超"がつくほど優秀な大口径広角レンズであり、個人的にも絶大な信頼を置くレンズである。描写傾向にも似たものを感じるが、それでも柔らかさや修正しきれないクセ、滲みの様なある意味欠点が魅力的に見えるのがこの"初期非球面ズミルックス"だろう。オールドレンズと現行の優秀なレンズの間で、独自の描写世界を持つ希有な1本である。



Photo by MAP CAMERA Staff


LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Summilux|掲載日時:2013年04月26日 18時55分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる