MS-Optics Sonnetar 50mm F1.1 | Kasyapa for Leica 
Select Language



LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F1.1 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1



大口径レンズ、古くはF2クラスのレンズから、今や『Noctilux 50mm/F0.95』まで。その巨大な光学ガラスの威容と、大きなボケを伴った幻想的な描写で多くの人を魅了するレンズジャンルになっています。ただ設計の難しさなどもあいまって、どの時代でも実に高価。なかなか手が出ないのも実情の憧れのレンズと言えるのではないでしょうか。

そんな中で、オリジナルレンズを製作しているMS-OPTICAL社が新たにリリースしたのがこの『Sonnetar 50mm/f1.1』。何と開放F値が1.1と言うのですから驚きです!以前制作された『MS-MODE-S 50mm/F1.3』を改良し、F1.1を達成。更に全体での描写性能を向上したレンズと言いますから、いやが上にも期待が高まります。まずは開放をメインに、その描写をご覧頂ければと思います。

最短近くでの開放撮影です。新緑に強い日差しが当たり、美しい緑色になっていましたが印象通りの描写です。F1.1とは言えフレアの中にしっかりと解像線が残り、柔らかすぎない描写は好印象です。




LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F1.1 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1

全体的にフワリとした描写です。このカットが今回撮影した中では滲みの最も大きかったものですが、同じF値でもしっかりと結像している場合もあり、光線状況等でその個性は大きく変わってくる様です。




LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F1.1 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1



強い日差しに無理矢理に開放で臨みました。結果はボケといいフレアといい盛大なものですが…よく見てみると、花弁などの結像はしっかりしています。想像以上に開放から良く写る印象で、無茶な光線状況でも良く粘ってくれそうです。




LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1

絞り込むと遠景までしっかりですね。F2位から結像はしっかりとしたものになってきます。




LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1

F1.4だと少し柔らかく…ですが発色は良いですね。他のカットも含め、特に赤系の色が印象的に残りました。




LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1

立体感や存在感も、しっかりと出ている描写です。実に精緻な描写で、「大口径だから」という言い訳は必要の無い好描写です。




LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F1.1 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1

つるりとしたボンネットも存在感がありますね。前後のボケもクセが少なく、使いやすい印象です。




LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F1.1 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1

斜めから強い光が入り、しかも開放ではこうしたフレアも出ますが個人的には印象が悪くありません。光と積極的に楽しむレンズですから、こうしたものも個性として捉えたい所です。



LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F1.1 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1

開放で5〜6m離れていると、前後がボケてミニチュアの様に写る事も。これもF1.1の開放値ゆえですね。




LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1






LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Sonnetar 50mm/f1.1







ゾナータイプの発展形として設計されたレンズだけあり、レンズの全長がとても短くコンパクト!鏡筒も軽合金製なので軽く、50mmでF1.1とは思えないほどフットワークの良い撮影が出来るのには驚きました。これなら他のレンズを携行しても、苦にならないセットで撮影に臨めるでしょう。ネジ込み式のフードも質感の高いものです。

国内販売は本年の夏頃。数量は手作業に近い制作の為限られるものですが、新品で手に入れる事が可能で10万円台が予定売価と、50mm/f1.1クラスのレンズとしては大変リーズナブル。大口径レンズの難点である金額と重量を大きく軽減したこのレンズ。活躍の場も広い魅力的な1本です。



Photo by MAP CAMERA Staff



LEICAデジタルボディのお買い物はこちら





レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





カテゴリー: World Leica Mount Lens  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA Q2 LEICA Q2 2019年03月19日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
Leica Q2 国内発表会レポート Leica Q2 国内発表会レポート 2019年03月08日
2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P LEICA Q-P 2019年01月22日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7 LEICA D-LUX7 2019年01月22日
焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む
Leica Price Guide LEICA Price Guide 2019年01月18日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む


[↑TOPへ戻る]