日本光学 W-Nikkor 3.5cm F1.8 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F11 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8



ライカLマウントには、かつて様々なメーカーが参入していました。今回撮影を行ったのは日本光学、現在のニコン株式会社が製造した大口径広角レンズ『W-Nikkor 3.5cm/f1.8』。
このレンズが発売されたのは1956年。日本光学では当時、自社開発の『Nikon S』シリーズと並行してLマウントのレンズを生産していました。当時の広角レンズはLEICA純正品では『Summaron 35mm/f3.5』および『Elmar 3.5cm/f3.5』ですから、当時このレンズがどれほど大口径だったかお分かり頂けるかと思います。コンピューターによる自動計算が出来ない中で、これほどの大口径レンズを設計するのは正に至難の業。当時の設計者の熱意の結晶と言える1本でしょう。
撮影してみて驚くのはその開放から素直な描写です。上のカットでは絞り込んでいますが、優しいトーンが実に魅力的です。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

開放では周辺の光量落ちと柔らかなフレアが印象的です。ただそんな中でも解像線はしっかりしていますし、周辺に至っても像に崩れが見られないのはさすがのものです。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8


2絞りほどすると、一気にシャープなメリハリのある描写に変わります。ニッコールレンズらしい黒の締まった描写はモノクロームでも力強い画が期待できそうで、このレンズに柔らかさと硬派な印象の二面の魅力を感じさせます。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

圧する様な雲の低くたれ込めた印象、その微妙なトーンまでしっかりと描き出しています。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8






LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

背景のボケは状況により2線ボケのようになる事もありますが、こうしたオールド大口径レンズではそれも醍醐味でしょう。ピント面は想像以上にシャープです。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8





LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

光量の少ないシチュエーションでは、こうした大口径レンズは大活躍してくれますね。やわらかなトーンが実に魅力的です。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8






LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

夜の町を描くにも、このレンズはコンパクトで使い勝手のよいものでしょう。往年の写真家達にも愛された、大口径広角レンズです。





"Nikon-S"マウントがメインで販売された本レンズ。"Nikon-S"→"Leica L"マウントアダプター等も市販されていますが、大口径のこのレンズは装着できない事が多く、一層オリジナルのこのLマウントは重宝されます。手抜きのないしっかりとした仕上げはさすが『日本光学』。当時世界最高の明るさを誇ったレンズ、魅力的な1本です。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: World Leica Mount Lens|掲載日時:2013年07月12日 12時01分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる