日本光学 W-Nikkor 3.5cm F1.8 | Kasyapa for Leica 
Select Language



LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F11 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8



ライカLマウントには、かつて様々なメーカーが参入していました。今回撮影を行ったのは日本光学、現在のニコン株式会社が製造した大口径広角レンズ『W-Nikkor 3.5cm/f1.8』。
このレンズが発売されたのは1956年。日本光学では当時、自社開発の『Nikon S』シリーズと並行してLマウントのレンズを生産していました。当時の広角レンズはLEICA純正品では『Summaron 35mm/f3.5』および『Elmar 3.5cm/f3.5』ですから、当時このレンズがどれほど大口径だったかお分かり頂けるかと思います。コンピューターによる自動計算が出来ない中で、これほどの大口径レンズを設計するのは正に至難の業。当時の設計者の熱意の結晶と言える1本でしょう。
撮影してみて驚くのはその開放から素直な描写です。上のカットでは絞り込んでいますが、優しいトーンが実に魅力的です。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

開放では周辺の光量落ちと柔らかなフレアが印象的です。ただそんな中でも解像線はしっかりしていますし、周辺に至っても像に崩れが見られないのはさすがのものです。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8


2絞りほどすると、一気にシャープなメリハリのある描写に変わります。ニッコールレンズらしい黒の締まった描写はモノクロームでも力強い画が期待できそうで、このレンズに柔らかさと硬派な印象の二面の魅力を感じさせます。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

圧する様な雲の低くたれ込めた印象、その微妙なトーンまでしっかりと描き出しています。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8






LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

背景のボケは状況により2線ボケのようになる事もありますが、こうしたオールド大口径レンズではそれも醍醐味でしょう。ピント面は想像以上にシャープです。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8





LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

光量の少ないシチュエーションでは、こうした大口径レンズは大活躍してくれますね。やわらかなトーンが実に魅力的です。




LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8






LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8

夜の町を描くにも、このレンズはコンパクトで使い勝手のよいものでしょう。往年の写真家達にも愛された、大口径広角レンズです。





"Nikon-S"マウントがメインで販売された本レンズ。"Nikon-S"→"Leica L"マウントアダプター等も市販されていますが、大口径のこのレンズは装着できない事が多く、一層オリジナルのこのLマウントは重宝されます。手抜きのないしっかりとした仕上げはさすが『日本光学』。当時世界最高の明るさを誇ったレンズ、魅力的な1本です。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー: World Leica Mount Lens  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

null MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC 2016年04月01日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M-P (Typ240) + MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC REIROALというレンズの名を知らない方も多いことでしょう、実はマップカメラがレンジファインダー用レンズ製作で有名な「MS-Optics(エムエス・オプティクス)」代表である宮﨑氏にオファーして誕生したオリジナルレンズなのです。今回ご紹介する『REIROAL M35mm F1.4 MC』は宮﨑氏が設計した35mm F1.4の新作レンズをベースに...
続きを読む
MS-Optics PERAR 24mm F4 MS-Optics PERAR 24mm F4 2014年11月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:400 / 使用レンズ:PERAR 24mm/f4 MS-OPTICAL社から待望の新モデル『PERAR 24mm/f4』が登場した。一見するとボディキャップのような鏡胴は、厚さ僅か5.2mm/重量43gである。35mm判スチール撮影用、3群3枚構成のトリプレットタイプとしては、間違いなく世界で最も薄く、軽いレンズであろう。 前作『PERAR 28mm/f4』から更に進化を遂げた、“Super Triplet No.3”の実力をご覧頂こう。 絞り:F4/ シャッタ...
続きを読む
Konica Hexanon 60mm F1.2 Konica Hexanon 60mm F1.2 2013年10月21日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:250 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 ライカマウントのレンジファインダー・レンズの中でも、特に大口径のレンズ群がある。国内・国外を問わず存在するライカマウントレンズだが、特にF1.4を切る様なレンズは意外な事に国産"Japan Made"のレンズに多い事をご存知だろうか。Nikkor.Canon.Zunow.Topcor.Fujinon.Tanar等々、最終的に製品化されなかったものも含めればその数はとても多いと言えるだろう。今回レポ...
続きを読む
日本光学 Nikkor P.C 8.5cm F2.0 日本光学 Nikkor P.C 8.5cm F2.0 2013年09月15日
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 レンズの中でも"Nikkor"と言えば、写真をやっていて知らない人は居ないブランドだろう。つい先日80周年、8000万本という驚くべき数字で記念行事をしたのも記憶に新しい、日本を代表するレンズ群だ。しかし、昔はその名声も無い、単なるアジアの1メーカーとして生産されていた歴史がある。西欧諸国の有名メーカーに比べて劣るというイメージがあった、しかしそのイメ...
続きを読む
日本光学 W-Nikkor 3.5cm F1.8 日本光学 W-Nikkor 3.5cm F1.8 2013年07月12日
絞り:F11 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 ライカLマウントには、かつて様々なメーカーが参入していました。今回撮影を行ったのは日本光学、現在のニコン株式会社が製造した大口径広角レンズ『W-Nikkor 3.5cm/f1.8』。 このレンズが発売されたのは1956年。日本光学では当時、自社開発の『Nikon S』シリーズと並行してLマウントのレンズを生産していました。当時の広角レンズはLEICA純正品では『Summaron 35mm/f...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]