LEICA D-LUX6 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA D-LUX6 絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX6



LEICAコンパクトデジタル機のブランド、D-LUXシリーズ最新作となるのがこの『D-LUX6』です。コンパクトながら開放F1.4という大口径レンズを搭載し、しかもズーム。外付けEVFも搭載可能な万能性の高いボディに仕上がっています。撮影アスペクト比の変更も外部のスイッチで簡単に行え、様々な撮影が楽しめます。

実際に撮影に使ってみると、光の難しいシチュエーションでも実に良い色合いで描いてくれます。この上のカットも白熱灯に蛍光灯、ハロゲンランプのミックス光下でしたが目で見た印象に近い仕上がりで、安定した描写を実現しています。

撮影協力:CROWN GEARS




LEICA D-LUX6 絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:80 / 使用機材:LEICA D-LUX6

近接領域でも良い描写です。花弁の生き生きとした輝きが気持ち良いですね。このカットはアスペクト比1:1、正方形で撮影しました。こうした楽しみ方が出来るのはこの『D-LUX6』ならではのものです。




LEICA D-LUX6 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX6



こちらは横幅をぐっと広げて、16:9のパノラマ撮影。横長ですが、意外と撮影しやすいアスペクト比です。広がりある風景だけでなく、いつもの日常の風景でも切り取り方をかえるだけで、新しい発見があるものです。いつもの視点を少し変えてみるのにもおすすめです!





LEICA D-LUX6 絞り:F2.3 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA D-LUX6

開放が明るいレンズですから、こうしたボケを生かしたカットもお手の物!被写体を引き立たせる事が出来るのは、色々なシチュエーションで活躍してくれるポイントです。



LEICA D-LUX6 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:80 / 使用機材:LEICA D-LUX6






LEICA D-LUX6 絞り:F2.3 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:80 / 使用機材:LEICA D-LUX6

暗部から立ち上がるトーンといい、これは良い描写です。しっかりと被写体の重みが感じられるもので、結露した水滴の1つ1つまで良く描写しています。




LEICA D-LUX6 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:80 / 使用機材:LEICA D-LUX6






LEICA D-LUX6 絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA D-LUX6

撮影協力:CROWN GEARS






こちらは限定モデルとして発売された、ファッションブランド『G STAR RAW』とのコラボレーションモデル。張革やボディカラーリング、そして専用のストラップや速写ケースまで揃った豪華なものです。

いつも持ち運ぶコンパクト機には、どんなシチュエーションにも対応できる万能性と、撮って楽しい遊びの部分の2つのポテンシャルが欲しいもの。その上で、持つ喜びも加味した『LEICA D-LUX6』はいつもそばに居るパートナーとして、実に信頼できる1台となるのではないでしょうか!



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら



ボディカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Leica D-LUX / V-LUX / C-LUX|掲載日時:2013年08月08日 17時04分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる