日本光学 Nikkor P.C 8.5cm F2.0 | Kasyapa for Leica 
Select Language



Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0



レンズの中でも"Nikkor"と言えば、写真をやっていて知らない人は居ないブランドだろう。つい先日80周年、8000万本という驚くべき数字で記念行事をしたのも記憶に新しい、日本を代表するレンズ群だ。しかし、昔はその名声も無い、単なるアジアの1メーカーとして生産されていた歴史がある。西欧諸国の有名メーカーに比べて劣るというイメージがあった、しかしそのイメージを払拭した1本のレンズとして、逸話が伝えられているのがこの『Nikkor P.C 8.5cm/f2.0』である。
グラフ・ジャーナリズムの先鋒として当時輝きを放っていたLIFE誌。その専属カメラマンであったデビッド・ダグラス・ダンカン氏が偶然見かけた『Nikkor P.C 8.5cm/f2.0』の描写に驚き、ライカマウントレンズを買い求めてLIFE誌上で写真を掲載した事により、"Nikkor"の名は世界に広まる事となる。『中身はZeissのゾナーだろう』とさえ言われた伝説のレンズ、その描写をぜひご覧頂ければと思う。

大口径F2で開放である。もちろん今のレンズと比べればボケ等に収差やクセが見られるが、ピント面の先鋭さはさすがと言ったところ。コントラストや色再現も鮮やかだ。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

金紙を張った襖や、彫金金具の細かな文様まで実に美しく描いている。コントラストのつき方はどことなく"ニッコール"らしい雰囲気で、しっかりとした力強い描写だ。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

光線状況によってはご覧の様にフレアや滲みが強く出る。特に開放では顕著だが、これもオールドレンズらしい味の1つとしてつきあいたい。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F11 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

絞り込むとご覧の様に、驚くほどの解像感と生々しいほどの質感描写を見る事が出来る。とくにこの個体はオールブラックの最終型でコーティングもしっかりとなされており、その色彩も実に濃厚だ。開放描写の柔らかさと、絞り込んだ解像感、その2面性が魅力的である。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

周辺部のボケが実に特徴的である。鉛の様な、金属の様にも見える水面の描写も面白い。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F11 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

モノクロームでの諧調幅の広さは特筆ものだ。黒く潰れてしまう事無くなだらかな諧調を有しているのは、RAW現像等のプロセスを経るにも実に魅力的な特性である。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0






Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

一絞りすれば、最短距離でもその描写は秀逸。ぜひ拡大して、その描写をご覧頂きたい。





初期はクロームメッキだったが、後期型ではこうしたブラックペイントの鏡筒となる。これにスナップオンタイプのフードとキャップが揃えばフルセットだ。大口径中望遠としてはなかなか小振りで扱いやすいが、ガラスがギッシリと詰まっている為重量はある。

85mmのLマウントNikkorレンズではこのレンズの他に『Nikkor-S・C 8.5cm F1.5』が存在しているが、このレンズとは全く違う個性を持つレンズ故、ぜひ当レンズも試していただきたい。当時の日本光学の技術者魂と、努力の結晶。そのブランドのメルクマールとなった本レンズは、とても魅力的なものである。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





カテゴリー: World Leica Mount Lens  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA Q2 LEICA Q2 2019年03月19日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
Leica Q2 国内発表会レポート Leica Q2 国内発表会レポート 2019年03月08日
2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P LEICA Q-P 2019年01月22日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7 LEICA D-LUX7 2019年01月22日
焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む
Leica Price Guide LEICA Price Guide 2019年01月18日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む


[↑TOPへ戻る]