日本光学 Nikkor P.C 8.5cm F2.0 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0



レンズの中でも"Nikkor"と言えば、写真をやっていて知らない人は居ないブランドだろう。つい先日80周年、8000万本という驚くべき数字で記念行事をしたのも記憶に新しい、日本を代表するレンズ群だ。しかし、昔はその名声も無い、単なるアジアの1メーカーとして生産されていた歴史がある。西欧諸国の有名メーカーに比べて劣るというイメージがあった、しかしそのイメージを払拭した1本のレンズとして、逸話が伝えられているのがこの『Nikkor P.C 8.5cm/f2.0』である。
グラフ・ジャーナリズムの先鋒として当時輝きを放っていたLIFE誌。その専属カメラマンであったデビッド・ダグラス・ダンカン氏が偶然見かけた『Nikkor P.C 8.5cm/f2.0』の描写に驚き、ライカマウントレンズを買い求めてLIFE誌上で写真を掲載した事により、"Nikkor"の名は世界に広まる事となる。『中身はZeissのゾナーだろう』とさえ言われた伝説のレンズ、その描写をぜひご覧頂ければと思う。

大口径F2で開放である。もちろん今のレンズと比べればボケ等に収差やクセが見られるが、ピント面の先鋭さはさすがと言ったところ。コントラストや色再現も鮮やかだ。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

金紙を張った襖や、彫金金具の細かな文様まで実に美しく描いている。コントラストのつき方はどことなく"ニッコール"らしい雰囲気で、しっかりとした力強い描写だ。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

光線状況によってはご覧の様にフレアや滲みが強く出る。特に開放では顕著だが、これもオールドレンズらしい味の1つとしてつきあいたい。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F11 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

絞り込むとご覧の様に、驚くほどの解像感と生々しいほどの質感描写を見る事が出来る。とくにこの個体はオールブラックの最終型でコーティングもしっかりとなされており、その色彩も実に濃厚だ。開放描写の柔らかさと、絞り込んだ解像感、その2面性が魅力的である。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

周辺部のボケが実に特徴的である。鉛の様な、金属の様にも見える水面の描写も面白い。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F11 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

モノクロームでの諧調幅の広さは特筆ものだ。黒く潰れてしまう事無くなだらかな諧調を有しているのは、RAW現像等のプロセスを経るにも実に魅力的な特性である。




Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0






Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0

一絞りすれば、最短距離でもその描写は秀逸。ぜひ拡大して、その描写をご覧頂きたい。





初期はクロームメッキだったが、後期型ではこうしたブラックペイントの鏡筒となる。これにスナップオンタイプのフードとキャップが揃えばフルセットだ。大口径中望遠としてはなかなか小振りで扱いやすいが、ガラスがギッシリと詰まっている為重量はある。

85mmのLマウントNikkorレンズではこのレンズの他に『Nikkor-S・C 8.5cm F1.5』が存在しているが、このレンズとは全く違う個性を持つレンズ故、ぜひ当レンズも試していただきたい。当時の日本光学の技術者魂と、努力の結晶。そのブランドのメルクマールとなった本レンズは、とても魅力的なものである。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: World Leica Mount Lens|掲載日時:2013年09月15日 12時41分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる