Leica C | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA C 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:80 / 使用機材:LEICA C



ライカから新しいコンパクト機が発表になりました!その名も『LEICA C』。ライカのコンパクト機と言えばV-LUXシリーズが有名ですが、今回発表されたボディは『M』や『S』、『X』に続く『C』の名が冠された新ボディです。デザインはアウディのデザインチームによって施され、ボディからアクセサリー類に至るまで美しい仕上がりになっています。まずはその描写をご覧下さい。

まずはマクロでのカットから。一面に白い被写体ですが、全体のトーンや花弁の柔らかさもしっかり出ていますね。F2ともなると被写界深度も狭く、花の1つ1つがしっかりと立体感を持って描き出されます。




LEICA C 絞り:F4.1 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA C

うつらうつらと路地裏に寝ている子を1枚。コンパクトで起動もストレスの無いスピードで、35mm判換算で28〜200mmまでカバーするズーム比もあいまってとっさの撮影にも使いやすいカメラです。




LEICA C 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:80 / 使用機材:LEICA C



かなりコントラストの強い条件で1枚。逆光なので暗い部分が黒くつぶれてしまいがちですが、『LEICA C』はしっかり踏みとどまってくれています。暗い部分にもしっかりトーンが残っていますから、背景の夕日から手前の建物の質感までしっかりと1枚におさめる事が出来ました。こうした光の強いシチュエーションでは搭載されたEVFも、構図を決めるのにしっかり活躍してくれます。




LEICA C 絞り:F5.9 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA C






LEICA C 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:80 / 使用機材:LEICA C

こちらも厳しい条件ですが、目で見たままに美しく描き出してくれました。




LEICA C 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA C

モノクロームにすると、その諧調表現の美しさが顕著になります。冷たく滑らかな質感がしっかりと伝わってきます。




LEICA C 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:80 / 使用機材:LEICA C

マクロでの近接能力は素晴らしいものです。レンズから最短3cmともなると、見慣れた被写体にも新しい表情が見つかるかもしれません!




LEICA C 絞り:F2.3 / シャッタースピード:1/13秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA C

明るいF値と、強力な手振れ補正、そして高感度耐性のおかげで撮れるシチュエーションはグンと広がります。コンパクトでありながらいろいろなシチュエーションで撮影出来るのはこのカメラの大きな利点の1つです。





淡いシャンパン・ゴールドとオフホワイトのツートンカラーは、ボディのコンパクトさとあいまって実に素敵な仕上がりです。クラッチバック・タイプのケース等、アクセサリー類の仕上がりも斬新で、常に持ち歩くコンパクト・カメラとしても今までに無いコダワリのある仕上がりとなっています。
スタイリッシュさと高機能があいまった仕上がりの『LEICA C』、いつも持ち歩くパートナーとしても、オススメの1台です!



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら



ボディカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Leica D-LUX / V-LUX / C-LUX|掲載日時:2013年09月24日 12時38分]

Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.1[2019年11月09日]

2018年1月に発売されたLマウントの単焦点交換レンズ「ライカ アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.」を皮切りに展開がスタートした、ライカのLマウントプライムレンズシリーズ。そのラインナップは順調に増え、いまでは35mmから90mmまで用途に合わせて選べる4本の「アポズミクロン」がラインナップされています。 ライカを愛する者にとって憧れでもある、このアポクロマートレンズたちは今後、広角3種のレンズの発売も予定されており、その動向からはますます目が離せません。 レンズの描写につ...
続きを読む
LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一、35㎜という焦点距離でその名を冠するものがこの『APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH.』です。被写体を求め...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む



閉じる