Konica Hexanon 60mm F1.2 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:250 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2


ライカマウントのレンジファインダー・レンズの中でも、特に大口径のレンズ群がある。国内・国外を問わず存在するライカマウントレンズだが、特にF1.4を切る様なレンズは意外な事に国産"Japan Made"のレンズに多い事をご存知だろうか。Nikkor.Canon.Zunow.Topcor.Fujinon.Tanar等々、最終的に製品化されなかったものも含めればその数はとても多いと言えるだろう。今回レポートするレンズは1955年に発売された"HEXANON 60mm/F1.2"という同名のレンズのリニューアル版。レンズ構成等は異なるが、800本の限定生産という希少性と大口径ならではの柔らかな描写から人気のあるレンズだ。なかなか見かける事も無くなってしまったレンズだが、魅力のあるその描写をぜひご覧頂きたい。

せっかくの大口径レンズ、開放を主に撮影に挑んだ。拡大してみるとお分かり頂けると思うが、開放から想像以上にしっかりと写る。花の柔らかな花弁の質感までしっとりと描き出す様はさすがのものだ。もちろんフレアレベルは高いが、コーティングも最新である故か色乗りも非常に良く、暗いシチュエーションだったが華やかさを感じさせる描写である。




Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2

着物地を開放で、白糸で細やかに縫い込まれた刺繍までしっかりと描写する。その柔らかな質感まで伝わってくる描写は、とてもf1.2開放とは思えないほど繊細なものだ。




Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2


ピントの薄さは、数メートル離れた状態でも極めて薄い。特に、他には無い60mm/f1.2というスペックは50mmなどよりも望遠寄りでボケが大きく、被写体を浮かび上がらせる様な描写が楽しめる。
しかし良い発色である。古い時代の大口径レンズはコーティング技術の制約やフレアによって、開放でのコントラストや発色が穏やかなものが多いが、このレンズはさすがモダンなレンズ。目も覚める様な発色と大きなボケが、このレンズでしか描けない世界をつくり出している。




Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2

雨の森に込める湿度感と、雫の細やかなきらめき、そうしたものも印象にとても近い形で描き出す。美しい描写である。




Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2

早朝の寺社の張りつめた様な清廉な空気感まで、そこに描かれているようだ。




Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:320 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2






Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2






Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2

日本の古い寺社には、心に訴えかけてくる独特の色合いが存在する。そんな色彩をただ派手にではなく、印象にとても近い色として鮮やかに描いてくれるレンズである。




Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2






Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2






Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2






Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2






Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2

こうしたシチュエーションで無理矢理、開放で撮影をすると収差が大きく出てくる。こうした描写は好み次第だが、好きな方にはたまらない描写でもあるだろう。




Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2








60mmでf1.2と聞いて想像するより、かなり小柄なレンズである。重量ももちろんあるが、古い時代の真鍮製のレンズよりは軽量であり、使い勝手は良い。大きな前玉はいかにも良く写りそうな質感で、撮影するのが楽しみになるレンズである。





販売時のフルセットはこうなる。元箱と説明書にはじまり、大型の専用フード、専用のUVフィルター、60mmという特殊な焦点距離ゆえの単体ファインダーが付属する。このレンズはMマウントではなくLマウントである事も特徴の1つで、それ故に専用の大型フードは距離系を隠さない様、回転させる事が出来るなど、細かな部分まで手の入った気合いを感じる造り込みだ。"Made in Japan"の大口径レンズの歴史を継ぐレンズ、しっかりと使い込んでみたい逸品だ。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"








[Category: World Leica Mount Lens|掲載日時:2013年10月21日 13時06分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる