Leitz ELCAN 50mm/f2.0 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0


Leicaはその堅牢さや携帯性の良さ、何よりその性能から軍用のカメラとして使われてきた長い歴史が有る。第2次大戦のザール・ライカやグレーペイント仕上げのIIIck等は有名だが、M型の時代になっても『M3 Olive』など数種類の軍用ライカが存在する。今回使用したのはその中でも特に有名な通称『KE-7A』、M4ブラッククロームボディをベースに造られた軍用ライカ専用に生産されたレンズ『ELCAN 50mm/f2.0』になる。詳しいヒストリーは『History of LEICA』コンテンツをご覧頂きたいが、エルンスト・ライツ・カナダの頭文字をとって『ELCAN』とした本レンズは今や希少な1本である。その描写をお愉しみ頂ければ幸いだ。




LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0

デジタルのボディではホワイトバランスが自動的に補正されてしまうが、どちらかというと黄色みの強めな発色をするレンズだ。しかしレンズの構成枚数を落とし、生産コストを下げたという噂から想像していた以上に良い描写をする。コントラストやヌケも良く、スッキリとした描写が魅力的なレンズだ。




LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0


ボケは輪郭が少し強めだが、被写体の浮き上がりはとても良い。まろやかさがある描写だ。生まれてきた出自が出自なだけに、こうした被写体など想定すらされていなかったレンズだろう。あくまで用に徹した厳しさはその簡素な鏡筒の仕上げからも察せるが、そんなレンズであっても実に美しい描写をするのだ。今の時代に生き、スナップ撮影をしてこのレンズの描写の美しさを語れる。良い時代に生きているとしみじみ感じる瞬間だ。




LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0






LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0

少し絞れば、その描写は峻厳なものとなる。直線的で理知的な、このレンズの旨とする描写はここにあったのかもしれないと思わせる描写だ。




LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0

少し太めな線と、ヤニっぽい発色が時折覗く。ぐぐっと被写体の存在感を引き出す様な描写である。




LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0






LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0

しかし逆光耐性は本当に強いレンズだ。『KE-7A』には専用の深いラッパ型フードが付属していたが、それを装着すれば色々な光線状態でもしっかりと撮影する事が出来るだろう。そうした点も、このレンズの設計意図の1つかもしれない。




LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0






LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0

かなりハイキーに飛ばしても、美しい色合いに捉えてくれる。ピントの立ち上がりも良い。廉価版という印象が強いレンズだったが、全くそんな事は無い、ポテンシャルの高いレンズだという事が分かる。




LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/45秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0






LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0






LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0

コントラストで描き出すレンズであれば、こうした陰影描写も優れている。夕方の日差しを静かに描いてくれた。




LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F6.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0






LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0






LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0 絞り:F10 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + ELCAN 50mm/f2.0








小さなレンズである。携帯性にも留意したせいか、50mmレンズにしてはとてもコンパクトな設計で、取り回しが良い。刻印はあくまでシンプルに、被写界深度表なども素っ気ないほどの刻印となっている。通常のライカレンズとはひと味違った"厳しさ"を感じさせるレンズだが、その中に秘めた描写力はあなどれないものだ。単体で販売される事は少なく、『KE-7A』とのセットで見かける事が多いレンズだが、それでもとても稀少なものである。ライカの歴史を語る、貴重な1本だ。



Photo by MAP CAMERA Staff




お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Other Leica Lens|掲載日時:2013年11月29日 11時25分]

タンバール M90mm F2.2

LEICA THAMBAR M90mm F2.2[2018年05月04日]

絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2 LEICA THAMBAR-M 90mm F2.2 ライカには過去に発売された様々な銘玉が存在するが、まさかこの伝説的なソフトフォーカスレンズがリメイクされ登場するとは思いもしなかった。今回は約80年の時を超えて...
続きを読む
Hologon 15mm F8

Carl Zeiss Hologon 15mm F8[2014年08月27日]

絞り:F8/ シャッタースピード:1/125秒 / フィルム:Kodak Ektar 100 瞳に映る全ての光景を、我が物に出来たなら・・・と思ったことはないだろうか。そんな欲求を満たすことの出来るレンズが古の時代にも存在した。そのレンズの名は「Carl Zeiss Hologon 15mm F8」という。 「Hologon」という銘が、ギリシャ語のホロス「全て」とゴニア「角度」に由来する通り、その画角は1...
続きを読む
LEICA M + Hektor 50mm/f2.8

Hektor 50mm/f2.5[2014年03月06日]

絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 ライカ発売当初の標準レンズと言えばまず第一に"Elmar"の名が挙げられるが、その次に登場した標準レンズがこの"Hektor"である。F3.5と暗い"Elmar"に替わってF2.5を達成した本レンズは当初はハイスピードレンズとして宣伝されたが、1933年のより明るいF2.0の"Summar"の登場で...
続きを読む
null

Thambar 90mm/f2.2 No center-Filtar[2014年02月24日]

絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/300秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Thambar 90mm/f2.2 ソフトフォーカスレンズという一群が有る。写真黎明期から肖像写真用として発展したレンズ群で、意図的に収差を残し、解像線は残しつつソフトな、紗のかかった様な絵画調な描写傾向を目指したレンズ達だ。最盛期にはウォーレンサック社のヴェリートやフォクトレンダー社...
続きを読む
LEICA M + Hektor135mm/f4.5

Hektor 135mm/f4.5[2014年02月21日]

絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Hektor135mm/f4.5 ヘクトール135mmはエルマー135mmに続き、1933年に発売となったレンズだ。かなり古い時代のレンズであるが生産数が多く、見かける機会も多いレンズではないだろうか。筆者もその焦点距離とF値から積極的に使用した事は無かったが、今回高感度にも非常に強く、時に応じてライブ...
続きを読む



閉じる