APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.


レンズには様々な"収差"というものがあるが、その中でも大きな物に色収差というものがある。レンズに入った光は色別に屈折する角度が異なる為に、ピントがそれぞれの波長でズレてしまう事を指すが、その補正を3つの波長で行ったものをアポクロマート・レンズと呼んでいる。光学的な話では少々ややこしいが、ピントの解像感が抜群に良い点と色滲みの少なさ、スッキリと清々しい発色がLEICAのAPO-Summicronシリーズの大きな特徴だと個人的には思っている。

前ボケ、後ろボケともに非常に美しく、ピントがはっきりと立ち上がる。そして抜群にシャープ。75mmというちょっと望遠よりの焦点距離は想像以上に使いやすく、その中でもこのレンズは描写と相まってお勧めしたい1本だ。




LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.

逆光にも強い。無機質な被写体だがガラスの質感等も美しく、繊細だが神経質ではないその描写は好感が持てる。




LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.


LEICAを初めて使う方に、意外とおすすめなのが75mmという焦点距離だ。最短撮影距離が1mや75cmと遠いライカレンズ、一眼レフでなれていると構図も散漫になりがちだが、75mmと少々踏み込んだ焦点距離のお陰で"切り取る"感覚がより強くなり、また最短撮影距離も75cmのため被写体を大きく写せる。ボケも美しく、発色も綺麗なこのレンズであれば撮影していてもとても楽しめるのではないだろうか。ただし、最短・開放ではピントが極めて薄いため、フォーカスはぜひとも慎重に。




LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.






LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.

ボケの嫌みの無さ、安定した美しさは特筆ものだろう。『APO-Summicron 90mm』も良いレンズだったが、ボケの美しさでは75mmに一歩譲るかもしれない。




LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.

街中でのスナップでも、少し遠くを見る感じで撮影を楽しめる。ボケ量も大きいので、ピントの目線をどこに置くのか、そこも考えどころだ。




LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.






LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.

M型LEICAでここまで近接が楽しめるのだから文句は無いだろう。ため息が出る様な瑞々しい発色、色彩の美しさだ。背景も輝度差のある複雑なシチュエーションだが、柔らかなボケが被写体を活かしてくれる。




LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.

シャープな被写体はシャープに、ソフトな被写体はソフトに描き分ける。頼りになるレンズだ。




LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + APO-Summicron 75mm/f2.0 ASPH.








フードは最近のスライド内蔵式のタイプ。コンパクトにまとまっているためボディバランスが良く、手にしっかりとホールドして撮影が楽しめる。ズミルックス75mmと比べると随分小型、軽量になった本レンズ、バランスの良い性能と豪華な描写スペックを誇るLEICA中望遠レンズの逸品だ。75mmという焦点距離に興味が有れば、まず手にしてみて頂きたいレンズである。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら
ライカデジタルボディのお買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"
KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Summicron|掲載日時:2014年02月27日 12時00分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる