Summilux 50mm/f1.4 3rd | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model


ライカの大口径標準レンズと言えばズミルックスシリーズに寄る所となるだろう。サイズや手にした時の重量バランスも良く、F2以上の口径を求めるのであれば安定して信頼出来るレンズである。初代、そしてブラッククローム仕上げとなった第2世代では1mだった最短撮影距離が70cmまで短縮され、より使いやすくなったのがこの第3世代。50mmの標準レンズでこの30cmというのはかなり大きな部分で、テーブルフォトやポートレート撮影でもかなり自由度が広がり人気のあるレンズだ。

夕暮れ時の撮影でも、F1.4というのは何とも心強い。フィルム時代ではISO400に1/15秒が撮影出来るボーダーになっていた故、たかがひと絞り、されどひと絞りなのである。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model

新しい設計のレンズなので、コントラストや先鋭さは非常に高い。こうした遠景でも少し絞るだけでグッとシャープになる。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model


前ボケも柔らかく丸くなり、嫌なクセは少ない。発色も良い事からとても使いやすいレンズとなっている。開放で明暗コントラストの強いシチュエーションではボケに強いクセが出る事が有るが、大半の状況であれば崩れる事の無い安定した描写を約束してくれる。ライカレンズのボケとピントの比較、その楽しみを存分に味あわせてくれるレンズだ。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model

穏やかで柔らかいコントラストが魅力的なレンズだ。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model

ごちゃついた背景に強い光源が有るシーンだが、発色も美しく透明感が有り、ピント面からアウトフォーカスしていく様もとても品位が有る。こうした描写を見てしまうとズミルックスは薄暮が似合うレンズかとも思ってしまう。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model

夕暮れの街には魅力的な被写体が多い。明るいレンズはそうしたスナップを存分に楽しませてくれる。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model






LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model








レンズ自体がしっかりと太く、ピントリングも大きい為に使い勝手はとても良い。少し大柄のMデジタルボディともバランスが良く、まさに標準レンズといった印象だ。この次の世代からズミルックス50mmは非球面化されるが、滲みや収差を程よく残したこの第3世代も非常に人気がある。様々な表現が可能な安定の1本と言えるのではないだろうか。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら
ライカデジタルボディのお買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"
KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Summilux|掲載日時:2014年03月21日 10時30分]

Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH.

LEICA S3[2020年04月01日]

焦点距離:100mm(35mm換算80mm相当) / 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800使用機材:Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH. LEICAS3 プロフェッショナルフォトグラファーからのフィードバックをカメラ開発に取り入れ、ユーザーのニーズを満たすミドルフォーマットのデジタル一眼レフカメラシステム。『Leica (ライカ) S3』をご紹介。ミド...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM[2020年03月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM VoigtlanderNOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM 2003年に世界初の35mm開放F1.2のレンズとして登場した『Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM』。その後、最短撮影距離の短縮などファインチューニングされ...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM[2020年03月06日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM VoigtlanderNOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM レンジファインダー使いにとって馴染み深い超広角21mmという画角。フィルム時代よりライカならスーパーアンギュロンがあり、西独ツァイスにはビオゴンという、どちらも甲...
続きを読む

LEICA M10モノクロームの世界【写真家:若木信吾 氏】[2020年03月06日]

『ライカ M10 モノクローム』。モノクローム専用機として三代目に当たる本機は、ライカ M10-Pと同じボディをベースにしながら約4000万画素のモノクロセンサーを搭載した、M型史上もっとも解像性能に優れた一台です。今回のKasyapa for Leicaは特別編として、第一線で活躍するフォトグラファー・若木信吾氏に本機の魅力を伺ってきました。ぜひお楽しみください。 ...
続きを読む
Leica Price Guide

LEICA Price Guide[2020年02月25日]

 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2020年2月25日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む



閉じる