Elmar 90mm/f4.0 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0


Leicaの沈胴Elmarと聞くと、多くの人が思い浮かべるのはf2.8、もしくはf3.5の50mmであろう。しかしながら、今回ご紹介するのは90mm/f4の沈胴Elmarだ。50mmと比べてしまえば目立たない存在だが、実はこの90mmは伝統工芸品とも呼べる逸品になっている。

レンジファインダー機で焦点距離90mmとなれば、画角は水平23度、垂直で15度とかなり狭くなる。当然、35mmや50mmと比較すれば出番は少ないのかもしれない。しかしながらこのレンズには、「これぞLeitz!」と人々を唸らせる高い美意識を垣間見ることが出来る。


LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0




LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0


このElmar90mmは元々Lマウントであった。歴史は古く、1930年に最初の1本が誕生している。長期に渡り製造され、多くのバリエーションがあるが、ボディ側がバルナックからM型へと変貌を遂げるのと時を同じくして、Mマウントレンズとして登場を果たす。
レンズ構成自体はLマウントとほぼ同様でも、レンズコーティングと鏡胴は進化を遂げている。


LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0



LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1000 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0

先に述べた伝統工芸品としての特筆事項は、作りの良さに他ならない。鏡胴の貼り革や、凝った作りの無限遠ロック機構などからは、当時のLeitz社を取り巻く環境と強い意気込みを感じることが出来る。


LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0

製造から半世紀近いレンズながら、階調表現には目を見張るものがある。
開放での撮影だが、描写はシャープで、色調とともに落ち着いた空間を演出してくれる。


LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0

こちらも開放にて、90mmという焦点距離もあり被写界深度は浅め。
高めの色温度と柔らかいボケ味が良い相乗効果をもたらしてくれた。


LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0





沈胴状態では標準レンズと変わらないサイズになるのだから驚く。 携帯性に優れたLEICAを代表する望遠レンズとして、長年にわたって造り続けられたレンズである。内外を問わず、その堅実な描写性能は写真家達の片腕として活躍し続けた。
そして、Leitz社が自信を持って作りあげた銘玉は今でもその高い描写とともに、私たちのパートナーとして活躍してくれる事だろう。


Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら
ライカデジタルボディのお買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"
KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Elmar|掲載日時:2014年02月27日 17時00分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる