Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible-Model | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible


レンズの名称で"Summicron"ほど有名なレンズは他に無いかもしれない。そこまで言わしめる程、その存在には特別な響きがある。 この沈胴ズミクロンは1954年にL39マウントからMマウントに換装され、『LEICA M3』と共にライカ黄金期を形作った立役者的な存在であり、そしてその突出した性能から世界のレンズの標準を引き上げさせたとも言われる伝説的な存在だ。

歴史に名を残した多くの写真家の傍らには、M型ライカと共にズミクロンがあったという。
彼らが愛し、今もなお多くの写真家を魅了し続ける『ライカレンズの魔力』とはどういうものなのだろうか。 初代の沈胴ズミクロンを携え、撮影に赴いた。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible

木部の細かな部分までしっかりと解像する。陰影の描写も美しく、被写体を捉えている。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:500 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible


当時ライカは最高の技術をこのレンズへ注ぎ込んだ。 新コーティングと高屈折ガラスをふんだんに使用し、ガラスの接合面に隙間を持たせた設計、通称『空気レンズ』を用いた。 解像力とコントラストと共存する独特の柔らかさ。解放付近での写りは繊細ながらしっとりとした美しさがある。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible






LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible






LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible

懐かしさを感じさせる様な被写体も、何となしに良い光の具合で描いてくれる。決して線が甘い訳ではないのだが、その辺りの絶妙さがズミクロンの面目躍如と言った所か。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible






LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible

ボケはオールドレンズならではの少々特徴のあるものだが、繊細な描写とあいまうそのボケ味は個人的にはとても好ましく感じる。ハイライトの滲みも節度があり美しい。






『LEICA M3』と同様、ライカの伝説的なレンズとなったズミクロン。解像力など現代にもスペック的に通じるものがあるが、何と言っても被写体を美しく魅せる独特の魅力があるレンズと言えるだろう。その数値性能だけでは言い表せない部分が、ライカレンズの本当の" 魔力"なのではないだろうか。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

ライカデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Summicron|掲載日時:2014年03月13日 12時00分]

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一、35㎜という焦点距離でその名を冠するものがこの『APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH.』です。被写体を求め...
続きを読む
null

Leica Summicron M35mm F2 ASPH. 5th[2017年09月12日]

絞り:F4/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Summicron M35mm F2 ASPH. (5th) もしこれからライカの始める方に「初めに買っておくべきレンズは?」と質問されたら、私はこのレンズを推薦すると思う。『ズミクロン M35mm F2 ASPH.』、被写体との距離を意識すれば広角寄りにも標準寄りにも写真を見せられる画角と、開放F2の安定感のある描写、そしてコンパクトで主張しすぎない大きさはスナップ...
続きを読む
APO-Summicron M50mm F2.0 ASPH.

APO-Summicron M50mm F2.0 ASPH.[2015年09月08日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica (ライカ) M(Typ240) + Leica (ライカ) アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH. 2013年のフォトキナでデビューを飾って以来、“究極のレンズ”として人々から羨望の眼差しを受け続けてきた『Leica (ライカ) アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.』。赤、青、紫、三波長の焦点位置を揃え、色収差を徹底的に抑えたアポクロマート設計を採用。更にはフローティング機構の内蔵により、全域において他の現行レンズを寄...
続きを読む
Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome

Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome[2015年09月01日]

絞り:F4/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome 1954年に登場したライカの伝説的なレンズ・ズミクロン50mm F2。そこから約4年後の1958年にカナダライツでもう一つの伝説的なレンズが生み出された。6群8枚からなるレンズ構成から通称『8枚玉』と呼ばれるズミクロン35mm F2 ファーストモデルの登場である。数多くの銘玉が揃うライカレンズの中でも、この...
続きを読む
LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible

Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible-Model[2014年03月13日]

絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible レンズの名称で"Summicron"ほど有名なレンズは他に無いかもしれない。そこまで言わしめる程、その存在には特別な響きがある。 この沈胴ズミクロンは1954年にL39マウントからMマウントに換装され、『LEICA M3』と共にライカ黄金期を形作った立役者的な存在であり、そしてその突出した性能から世界のレンズの標準を引き上げさせたとも言われる伝説的な存在だ。...
続きを読む



閉じる