Summilux 50mm/f1.4 2nd | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd


1968年。かつて『貴婦人』と称されたレンズが、ブラッククロームメッキに身を包んだ無骨な外見となってリニューアル。 初代Summilux50mmでは貼り合わされていた2群目に、所謂『空気レンズ』構造を設け、本格的な“カラーフィルム時代”の到来へ向けた光学設計の変更も為されている。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd

初代Summilux50mmに比べ、柔らかなフレアが減少。コントラストも向上した為に、シーンを選ばず使いやすくなった印象をかなり受ける。しかし、その繊細なピント面の描き方に、先代の面影は健在なようだ。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd


被写体によっては少々クセのある後ボケが現れるが、こうしたオールドレンズらしい収差は程好いアクセントとして目を楽しませてくれる。レンズ構成は後継であるフード組み込み式の3rdモデルへとそのまま受け継がれている為に、最短撮影距離が1mという点に目をつぶれば、中古市場での価格差において非常にお買得なモデルと言えるだろう。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1000 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd






LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd

夜の街歩きを楽しませてくれる、開放F1.4というスペック。もちろん、絞れば非常に端正な描写を見せてくれる本レンズだが、特にこういったシーンで“冴える”印象だ。






筆者自身、モノクロフィルムを用いて長年愛用した思い入れのあるレンズ。描写はもちろん、モノクロームにおける諧調表現にも一目置いていたが、今回最新のデジタルライカであるM(typ240)で使用してみて、新たな魅力を発見できたように思う。 使い込むほどに味わい深い、Leicaレンズを語る上では欠かせない、お勧めの大口径レンズだ。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

ライカデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Summilux|掲載日時:2014年03月21日 10時50分]

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一、35㎜という焦点距離でその名を冠するものがこの『APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH.』です。被写体を求め...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P

LEICA Q-P[2019年01月22日]

絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む



閉じる