Summilux 50mm/f1.4 2nd | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd


1968年。かつて『貴婦人』と称されたレンズが、ブラッククロームメッキに身を包んだ無骨な外見となってリニューアル。 初代Summilux50mmでは貼り合わされていた2群目に、所謂『空気レンズ』構造を設け、本格的な“カラーフィルム時代”の到来へ向けた光学設計の変更も為されている。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd

初代Summilux50mmに比べ、柔らかなフレアが減少。コントラストも向上した為に、シーンを選ばず使いやすくなった印象をかなり受ける。しかし、その繊細なピント面の描き方に、先代の面影は健在なようだ。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd


被写体によっては少々クセのある後ボケが現れるが、こうしたオールドレンズらしい収差は程好いアクセントとして目を楽しませてくれる。レンズ構成は後継であるフード組み込み式の3rdモデルへとそのまま受け継がれている為に、最短撮影距離が1mという点に目をつぶれば、中古市場での価格差において非常にお買得なモデルと言えるだろう。




LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1000 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd






LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd

夜の街歩きを楽しませてくれる、開放F1.4というスペック。もちろん、絞れば非常に端正な描写を見せてくれる本レンズだが、特にこういったシーンで“冴える”印象だ。






筆者自身、モノクロフィルムを用いて長年愛用した思い入れのあるレンズ。描写はもちろん、モノクロームにおける諧調表現にも一目置いていたが、今回最新のデジタルライカであるM(typ240)で使用してみて、新たな魅力を発見できたように思う。 使い込むほどに味わい深い、Leicaレンズを語る上では欠かせない、お勧めの大口径レンズだ。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

ライカデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Summilux|掲載日時:2014年03月21日 10時50分]

LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd

Summilux 50mm/f1.4 2nd[2014年03月21日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 1968年。かつて『貴婦人』と称されたレンズが、ブラッククロームメッキに身を包んだ無骨な外見となってリニューアル。 初代Summilux50mmでは貼り合わされていた2群目に、所謂『空気レンズ』構造を設け、本格的な“カラーフィルム時代”の到来へ向けた光学設計の変更...
続きを読む
LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model

Summilux 50mm/f1.4 3rd[2014年03月21日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model ライカの大口径標準レンズと言えばズミルックスシリーズに寄る所となるだろう。サイズや手にした時の重量バランスも良く、F2以上の口径を求めるのであれば安定して信頼出来るレンズである。初代、そしてブラッククローム仕上げとなった第2世代では1mだった最短...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 2nd-Model

Summilux 35mm/f1.4 2nd[2014年02月20日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:LEICA M + Summilux 35mm/f1.4 2nd-Model クセ玉―――そう聞いてあなたはどのようなレンズを思い浮かべるだろうか。 如何とも表現のし難い独特な描写が、撮影者を悩ませ、そしてそれ以上に何事にも代えがたい慶びを与えてくれる。『Summilux 35mm/f1.4 2nd』は、その言葉を体現したようなレンズだ。 ...
続きを読む
Leica M9-P + Summilux 75mm/f1.4 1st

Summilux 75mm/f1.4 1st[2014年01月20日]

絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 75mm/f1.4 1st 以前レポートした第2世代に続いて、初代75mmズミルックス・レンズが入荷した。最近は見かける事も少なくなってしまい、稀少レンズの仲間入りをしている本レンズだが、ぜひその描写をご覧頂きたいと思う。 75mm中望遠大口径の草分けとして登場したこのレンズは...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical

Summiux 35mm/f1.4 Aspherical[2013年04月26日]

シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical 研磨の2枚非球面、初期のASPHERICALズミルックスはその希少性からもはやコレクターズアイテムになりつつあるが、それまでの球面ズミルックスとは違うその描写も魅力のあるものである。開放からしっかりと"使える"立ち上がる様な描写はノクチルックス等と同じ...
続きを読む



閉じる