Hektor 50mm/f2.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8


ライカ発売当初の標準レンズと言えばまず第一に"Elmar"の名が挙げられるが、その次に登場した標準レンズがこの"Hektor"である。F3.5と暗い"Elmar"に替わってF2.5を達成した本レンズは当初はハイスピードレンズとして宣伝されたが、1933年のより明るいF2.0の"Summar"の登場で少々影が薄くなってしまったレンズでもある。生産本数もそれほど多くなく、1931年から製造開始と古いレンズのため探すとなかなか見つからないが、そのオールドレンズらしい柔らかな描写にファンも多いレンズだ。モノクロームとの相性はそれこそ抜群だが、今回はカラーでも撮影を行ったので、その浅い色載りの妙もぜひご覧頂きたい。




LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8

暗部までしっかりと捉えるなだらかな諧調性能は、輝度差の激しいこうしたシチュエーションで生きる。枯れた様なその色彩も美しい。




LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8


オールドレンズを楽しむ人は年々増えてきているが、センサー性能の躍進で、ヴィンテージレンズの持つ描写力をしっかり捉える事が出来る様になった事が大きいのではないだろうか。数年前のデジタル機ではノイズとして捉えられた部分まで、昨今のモデルではしっかりと描き出す。むしろ高コントラストの現代的なレンズよりもコントラストの低いヴィンテージレンズに分があると思える事も少なくない。もちろん特徴的な描写は魅力だが、写真表現の1つとしてレンズのチョイスを捉える事も必要だろう。




LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8

…こうして見ると凄い収差である。周りに滲み、線もおぼつかない。しかしこのレンズは筆者とは長い付き合いの1本である。とある写真家の方から薦められ、フィルム時代から長い付き合いのレンズだ。モノクロームプリントでも、その描写には一目を置いている。




LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8

こうして見ると、中心部の解像感は侮れないものがある。




LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8






LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8

ノンコーティングのレンズなので前玉に直接光が当たると大きくフレアが出る。これを欠点と見なすかどうかは人それぞれだが、気になる方はしっかりとした金属フードも用意されているので活用して頂きたい。




LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8






LEICA M + Hektor 50mm/f2.8 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Hektor 50mm/f2.8








ぱっと見た所ではエルマーに非常にそっくりなレンズだ。ただしエルマーと異なりニッケルのレンズの方が数は多く、クロームメッキのものは珍しい。ごく少数はA型ライカに装着されたものもあり、こちらは大珍品でコレクターズアイテムとなっている。実用的なF値でヴィンテージらしい柔らかな描写が楽しめる1本だ。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

ライカデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Other Leica Lens|掲載日時:2014年03月06日 13時10分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる