Summaron 35mm F2.8 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA M + Summaron 35mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summaron 35mm/f2.8


第一世代の「Summicron 35mm/f2.0」と同じ優美なデザインの鏡胴を持ちながら、“Summaron”と言えばモノクローム撮影に定評がある一世代前の「Summaron 35mm/f3.5」が脚光を浴びがちだ。本稿では改めて、描写を含めたトータルバランスに優れた“隠れた銘玉”を皆様にご紹介したいと思う。1959年にリリースされた本レンズ「Summaron 35mm/f2.8」は、上述の前モデルの光学系を引き継ぎつつも、新種のガラス硝材を使用することで開放F値が向上。コーティングにもバリエーションが複数存在している。




LEICA M + Summaron 35mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summaron 35mm/f2.8

幅広い階調表現は健在。ハイライト、それも日が当たる残雪を白飛びさせずに、影の中もきちんと描き出している。現代のハイコントラストなレンズには、なかなか難しい芸当であろう。




LEICA M + Summaron 35mm/f2.8 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summaron 35mm/f2.8


ある程度絞った画だが、周辺部の耽美な描写がお判り頂けるだろうか。陽の落ちた枝葉が甘い輝きを放っている。十分な解像力を持ちながらも、その場の空気を留めたような程好いバランス。オールドレンズという大きな括りの中においても、比較的足を踏み入れやすい部類に属する一本だと言える。前述のように、第一世代の「Summicron 35mm/f2.0」と共通の鏡胴には無限遠ストッパーを装備しており、非常に造りが良いことも魅力的だ。




LEICA M + Summaron 35mm/f2.8 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summaron 35mm/f2.8

細やかな後ろボケとなった木漏れ日。収差の残り方が実に絶妙なのがお判り頂けるだろうか。クセが強すぎて使いどころに迷うなどという心配は無用。被写体を選ばないオールラウンダーと言っても過言では無いだろう。




LEICA M + Summaron 35mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summaron 35mm/f2.8






LEICA M + Summaron 35mm/f2.8 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summaron 35mm/f2.8


今となっては控えめなスペックではあるが、それ故に保たれた描写力と収差の均衡は、好みに合致すれば長く付き合える相棒となるだろう。既に上位モデルに位置付けられる初代「Summicron 35mm/f2.0」をお持ちの方にも、是非一度手に取っていただきたい逸品だ。









Photo By MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

ライカデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Summaron|掲載日時:2015年01月23日 17時27分]

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3[2020年02月12日]

絞り:F1.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10-P + MS-Optics MS-MODE-S 50mm F1.3 MS-Optics(宮崎光学)MS-MODE-S 50mm F1.3 昨今では様々なオリジナルレンズを手掛けるMS-Optics(宮崎光学)が、初めて手掛けたハンドメイドレンズ『MS-MODE-S 50mm F1.3』をご紹介します。元々は趣味の延長で改造レンズ(マウントの換装...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む



閉じる