Summaron 35mm F3.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount


Leica純正の35mmレンズでありながら、比較的お財布に優しい値段とコンパクトさ。Leicaと共に歩み始めた者ならば、一度は手にするレンズではないだろうか。モノクローム写真に用いた評価ばかりが一人歩きしている感のある本レンズを、積極的にカラーでの撮影に用いてみた。早速作例をご覧いただこう。




LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount

開放F値3.5という無理の無い設計のお陰で、少し絞って遠景を撮影しても、ご覧の通り、纏まった描写を見せる。多少の周辺減光は残るが、これもまた味と言ったところだろう。




LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount


現行レンズには成し得ない渋い発色が時代を感じさせる。オールド広角レンズの代表格として君臨してきたのにも納得だ。カラーでの作例においても、シャドー部の階調には目を見張るものがある。過去に筆者もSummaron35mmを多用していた時期があったが、暗室での引き伸ばし作業で、その豊富な階調表現に驚かされた記憶が鮮明に蘇る。




LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/10秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount






LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount

Summaronといえば、中玉に経年の薄いクモリを内包した個体が非常に多いのが悩ましいところ。しかし、気にせず使用するのもまた一興。軽度のものであれば光をよく拾い、美しい階調表現の助力となってくれるだろう。




LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount

明暗の差が激しい状況下でも、ディティールを逃さず、きちんと描き出す。




LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount

絞り開放におけるピント面の解像力も十分すぎるほど。葉の上に点在する水滴も、瑞々しくその姿をとらえている。




LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount

F5.6まで絞り込めば周辺減光も鳴りを潜め、画面全体は落ち着いた雰囲気となる。所謂「一番美味しいところ」と言えるだろう。




LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summaron 35mm/f3.5 L-Mount








小さく纏まったクラシカルなその姿は、不思議とどんな時代のボディにも良く似合う。モノクロでの定評という先入観を捨て、カラー撮影のお供として持ち出すのもまた、デジタル時代を生きる我々にしか出来ない楽しみ方ではないだろうか。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

ライカデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Summaron|掲載日時:2014年04月03日 10時30分]

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3[2020年02月12日]

絞り:F1.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10-P + MS-Optics MS-MODE-S 50mm F1.3 MS-Optics(宮崎光学)MS-MODE-S 50mm F1.3 昨今では様々なオリジナルレンズを手掛けるMS-Optics(宮崎光学)が、初めて手掛けたハンドメイドレンズ『MS-MODE-S 50mm F1.3』をご紹介します。元々は趣味の延長で改造レンズ(マウントの換装...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む



閉じる