LEICA T with M adapter T | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

Leica T with MountAdapter 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica T +Elmar M50mm/f2.8 2nd +M-Adapter-T

Leica T with MountAdapter

ライカ初のレンズ交換式のAPS-Cセンサー搭載ミラーレス機『ライカTシリーズ』。ボディとあわせて高性能なTマウントレンズも発売され、今後の展開が非常に楽しみなところだ。純正Tマウントレンズの描写は過日ご覧いただいたが、今回は同時発売の『T用Mレンズアダプター』を使い、銘玉ひしめくライカのレンジファインダー用レンズ群での撮影を試みた。Tマウントレンズ群での撮影とはまた一味違った『ライカT』の楽しみ方をご提案したい。


Leica T with MountAdapter 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica T +Elmar M50mm/f2.8 2nd +M-Adapter-T


まず撮影に用いたのは、Elmar M50mm/f2.8 2ndモデル。Elmarはライカの沈胴レンズの代表格で、戦前から名の続く由緒あるレンズの系統だ。
こちらは1995年より生産されたモデルで、レンズコーティング等はかなり新しい部類だが、外観や3群4枚の構成などは古の原形を多く留めている。
『ライカT』のセンサーはAPS-Cサイズなので、こちらのレンズでは焦点距離は75mm相当となる。


Leica T with MountAdapter 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica T +Elmar M50mm/f2.8 2nd +M-Adapter-T


さすがは多くの写真家を唸らせた伝統の銘レンズといったところか、葉の質感や雨粒の瑞々しさを見事に表現してくれた。 実に幸先が良く、撮影を楽しむことが出来た。


Leica T with MountAdapter 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica T +Elmar M50mm/f2.8 2nd +M-Adapter-T



Leica T with MountAdapter 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica T +Elmar M50mm/f2.8 2nd +M-Adapter-T



Leica T with MountAdapter 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica T +Summaron 2.8cm/f5.6 +M-Adapter-T


続いて、撮影を行ったのはSummaronの28mm。スケールが赤いため、赤ズマロンと呼ばれている。生産本数が少ない為、Lマウントレンズの中でも人気の高いレンズだ。


Leica T with MountAdapter 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica T +Summaron 2.8cm/f5.6 +M-Adapter-T


28mm/f5.6というこのレンズ。『ライカT』で使うと42mm相当となり、画角的には使い易いレンズとなる。開放での柔らかい描写も面白いが、絞り込むとうってかわってシャープな写りが楽しめる。


Leica T with MountAdapter 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica T +Summaron 2.8cm/f5.6 +M-Adapter-T



Leica T with MountAdapter 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica T +Summaron 2.8cm/f5.6 +M-Adapter-T


こちらは少々意地の悪い使い方をした1枚。雲の切れ間から覗き込んだ太陽をフレーム内に入れたカットだが、予想に反してフレアやゴーストなどは発生しなかった。
これだけ写ってくれるのであれば、アダプターを介した最新ミラーレスでの撮影も存分に楽しめそうだ。


Leica T with MountAdapter 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica T +Summilux M35mm/f1.4 ASPH. +M-Adapter-T


続いてはSummilux35mmの現行モデル。開放ながら描写はシャープで、質感の再現も素晴らしい。
およそ50mmの標準レンズとして使え、日頃M型ライカで使われている方々にもおススメしたいレンズの一つだ。


Leica T with MountAdapter 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica T +Summilux M35mm/f1.4 ASPH. +M-Adapter-T


『ライカT』のボディと同時発売されたMアダプターTには6bitコードに対応している。このSummiluxのような6bitコード対応レンズであれば、ボディ側でレンズを認識してくれることも大きな利点だ。


Leica T with MountAdapter 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:800 / 使用機材:Leica T +Summilux M35mm/f1.4 ASPH. +M-Adapter-T


かなり暗い屋内でのワンシーン、このレンズが持つf1.4という明るさと、高感度に強い『ライカT』の組み合わせの前には、光量が少ない環境であっても心配は無用だった。
こうしたボディ性能の高さもまた、アダプターでの撮影には重要である。

Leica T with MountAdapter 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica T +Summicrom M50mm/f2.0 +M-Adapter-T


最後はLマウント・沈胴タイプのSummicron 50mm。酸化トリウムを用いたガラスを使い、経年によって黄色く光るコーティングが特徴の一本だ。
かつて空気さえも写るといわれた銘玉だが、その性能は今もなお色あせない。


Leica T with MountAdapter 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica T +Summicrom M50mm/f2.0 +M-Adapter-T


現行品にはない発色や柔らかいボケは、まさにアダプター撮影の醍醐味といってよいだろう。


Leica T with MountAdapter 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica T +Summicrom M50mm/f2.0 +M-Adapter-T


ライカには古いものも合わせると非常に多くの種類のレンズが存在している。 今回の撮影では4本のレンズを選んだが、これら以外にもそれぞれのレンズが持つ特性を味わうことが可能なアダプターでの撮影は、やはり奥が深い。
タッチパネルや、ストラップ取り付けにEasy-Clickシステムと呼ばれる新規格を採用するなど、見所の多い『ライカT』。
新発売のレンズ群とともに、既存のMマウントやLマウントのレンズと組み合わせることによって発揮される、秘められたポテンシャルはまだまだ計り知れない。


Leica T with MountAdapter


Photo by MAP CAMERA Staff

このレンズのお買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Leica SL / CL / TL|掲載日時:2014年06月25日 10時30分]

Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.1[2019年11月09日]

2018年1月に発売されたLマウントの単焦点交換レンズ「ライカ アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.」を皮切りに展開がスタートした、ライカのLマウントプライムレンズシリーズ。そのラインナップは順調に増え、いまでは35mmから90mmまで用途に合わせて選べる4本の「アポズミクロン」がラインナップされています。 ライカを愛する者にとって憧れでもある、このアポクロマートレンズたちは今後、広角3種のレンズの発売も予定されており、その動向からはますます目が離せません。 レンズの描写につ...
続きを読む
LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一、35㎜という焦点距離でその名を冠するものがこの『APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH.』です。被写体を求め...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む



閉じる