Carl Zeiss Hologon 15mm F8 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
Hologon 15mm F8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/125秒 / フィルム:Kodak Ektar 100

Hologon 15mm F8


瞳に映る全ての光景を、我が物に出来たなら・・・と思ったことはないだろうか。そんな欲求を満たすことの出来るレンズが古の時代にも存在した。そのレンズの名は「Carl Zeiss Hologon 15mm F8」という。 「Hologon」という銘が、ギリシャ語のホロス「全て」とゴニア「角度」に由来する通り、その画角は110°に及ぶ。 一般的な写真用レンズには有って然るべき絞り羽根が存在せず、極めて曲率の高いメニスカスレンズの狭間には、その機能を肩代わりするヒョウタン型の奇怪なエレメントが鎮座している。 故に、絞りはF8固定式であるが、周辺減光を補正する為のセンターフィルターを装着すると、F16相当となる。 Zeiss Ikon社の広角専用機「Hologon Ultra Wide」に搭載されたことでも有名だが、今回ご紹介するのはライカ用交換レンズとして極少数が生産された、大変希少なMマウントモデルである。


Hologon 15mm F8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/125秒 / フィルム:Kodak NC 400



Hologon 15mm F8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/60秒 / フィルム:Kodak Ektar 100


通常、Kasyapa for LeicaのレポートにはM型デジタルカメラを用いているが、この「Hologon 15mm F8」は後部エレメントが突出している構造上、装着するとレンズかシャッターを痛める危険性が高い。よって本稿では全ての作例をネガフィルムで撮影している事をご了承いただきたい。


Hologon 15mm F8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/125秒 / フィルム:Kodak Ektar 100


今に至るまで数々の広角レンズを扱った事はあれど、気を緩めると、カメラを持つ自らの指が写真に写り込んでしまうのは初めての経験である。


Hologon 15mm F8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/125秒 / フィルム:Kodak NC 400


優れた解像力も相まって、撮影した写真それぞれに、今まで対峙したことが無いような“特異”な世界が構築されていく。


Hologon 15mm F8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/60秒 / フィルム:Kodak Ektar 100


直線を直線として歪み無く捉える事が出来る為に、一見しただけでは15㎜という焦点距離を感じさせないところが、このレンズの凄味だろう。


SIGMA A18-35mm F1.8

ライカMマウント版「Hologon 15mm F8」の発売は1973年。前述のZeiss Ikon社製 広角専用機「Hologon Ultra Wide」の発売は、4年遡った1969年。ツァイスとライカと言えば、かつては光学機器メーカーとして鎬を削った仲。どういった経緯でライカ用交換レンズとしてリリースする事になったのか大変興味深いが、Zeiss Ikon社が1974年にコンタレックスシリーズの不振によりカメラ製造を取り止めた事は、大いに関係しているのであろう。

Hologon 15mm F8 絞り:F8(センターフィルター使用)/ シャッタースピード:1/15秒 / フィルム:kentmere 400


半逆光では流石にフレアがかかるが、厭な出方ではなく、むしろ幻想的な印象を受ける。


Hologon 15mm F8 絞り:F8(センターフィルター使用)/ シャッタースピード:1/30秒 / フィルム:kentmere 400


ライカMマウントモデルは、「Hologon Ultra Wide」に装着されている「Hologon」がピント固定式だったのに対し、ヘリコイドを内蔵して0.2m~無限遠のピント調整を可能とした。殆ど被写界深度に納まってしまう世界ではあるが、ある程度の繰り出し量を見ると、ピントの芯には影響しそうだ。


Hologon 15mm F8 絞り:F8(センターフィルター使用)/ シャッタースピード:1/15秒 / フィルム:kentmere 400


優れた階調表現はモノクロームフィルムでの撮影とも相性が良い。自分がその場で見た光景をそのまま持ち帰ってきたような錯覚に陥る。


Hologon 15mm F8 絞り:F8(センターフィルター使用)/ シャッタースピード:1/30秒 / フィルム:kentmere 400



Hologon 15mm F8 絞り:F8(センターフィルター使用)/ シャッタースピード:1/60秒 / フィルム:kentmere 400



Hologon 15mm F8 絞り:F8(センターフィルター使用)/ シャッタースピード:1/60秒 / フィルム:kentmere 400


そこにあった光。そして、影。ネガのコンタクトを作った段階で感嘆の声を漏らしたのは、久々の出来事であった。


dp2 quattro


生産本数はおよそ500本余り。撮影に耐えうるコンディションで現存している本数を考えると、貴重品と言っても過言ではない。数ある歴代ライカマウントレンズの中でも非常に高値で取引されている1本。魅了される者が後を絶たないのにも頷ける理由が、そこには確かに存在した。


Photo by MAP CAMERA Staff


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




[Category: Other Leica Lens|掲載日時:2014年08月27日 19時00分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる