Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Leica D-LUX(Typ109) 
Select Language


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD


【 The experts choice 】フォトキナでのライカ新商品発表の際、スクリーンに『LEICA D-LUX (Typ109)』の副題としてこの言葉が付けられた。スマートなボディにフォーサーズ規格の大型センサー、高精細なEVF、4K動画撮影機能を搭載した本機は、まさにライカのプレミアムコンパクトにふさわしい一台である。絞り環とピントリングを使う操作系など、よりアナログ感が増してカメラらしい仕様となった本機。描写力も含め、いかに進化を遂げたのか早速試写へ出かけるとしよう。

LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


教会の壁を伝う葉の一枚一枚もしっかりと描写をしている。しかしシャープネス・コントラストは高すぎるという印象は無く、現代のライカらしい味付けがされた描写傾向だ。


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


上記3枚の写真は最短撮影距離に近い所で撮影をしてみた。本機で近接撮影するにはレンズ鏡筒脇にあるフォーカス域のレバーを切り替える必要がある。 センサーサイズを大型化にした恩恵は、色合いや精細さだけでなく美しいボケ味も生み出してくれる。


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


色付くイチョウを見上げての撮影。ここまで写ればメインカメラとしても十分に活躍してくれるだろう。


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


モノクロームの写りも気になるところ。コンパクトながらニュートラルな色彩表現は実にライカらしい。


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


真っ赤なロンドンバスを撮影。光の当たり方によって変わる微妙な色合いもモノクロームで表現できる。


LEICA D-LUX (Typ109)



LEICA D-LUX (Typ109)

撮影を終え非常に好印象なカメラであった。今までのD-LUXシリーズに比べ一回り大きくなったボディは、アナログ操作が増えた本機にベストマッチな大きさで実に使いやすい。シャッターダイヤルや絞り環を回して撮影する程よいアナログ操作は直感的に分かりやすく心地が良い。やはりカメラは“自分で操作している”という事が満足感に繋がる道具だと改めて感じた。そして開放F1.7〜2.8という明るいズームレンズは『SUMMILUX』の名に恥じない描写力で美しい写真を残す事ができる。最新のEVFやWiFi、4K動画機能などを搭載しながらも往年のカメラを意識させてくれる本機は非常に魅力ある一台であった。

Photo by MAP CAMERA Staff








レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




カテゴリー:Leica Body  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

null LEICA CL 2017年12月08日
絞り:F3.5/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA CL + エルマリート TL18mm F2.8 ASPH. LEICA CL ライカの話をすると必ず過去の名機・名玉の名前が会話の中に登場する。それほど長い間愛され続けられるカメラやレンズは他にはないと思うが、その歴史の中に『CL』というフィルムカメラが存在したのをライカファンの方ならご存知だろう。当時ミノルタとの共同で開発されたCLはコンパクトなボディにレンズ交...
続きを読む
null LEICA CL 国内発表会 レポート 2017年11月27日
LEICA CL 国内発表会 Report 2017年11月22日、東京・渋谷区にあるアルフレックス東京にて、ライカより発表された新製品『LEICA CL』の国内発表会が行なわれました。今回はその会場の様子と、実機に触れた感想をレポートしたいと思います。 APS-Cシステムの新たなカメラとして登場した『LEICA CL』。2424万画素センサーを内蔵し、『SL...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年11月24日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年11月24日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
null Leica Summicron M35mm F2 ASPH. 5th 2017年09月12日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Summicron M35mm F2 ASPH. (5th) もしこれからライカの始める方に「初めに買っておくべきレンズは?」と質問されたら、私はこのレンズを推薦すると思う。『ズミクロン M35mm F2 ASPH.』、被写体との距離を意識すれば広角寄りにも標準寄りにも写真を見せられる画角と、開放F2の安定感のある描写、そしてコンパクトで主張しすぎない大きさはスナップ...
続きを読む
Leica TL2 Leica TL2 2017年07月20日
絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH. 他に類を見ない独創的かつスタイリッシュなデザインが目を引くライカTLシステムから、新たに『Leica TL2』が発表されました。 2014年に基盤となる『T(Typ701)』が発売され、2016年にはマイナーチェンジモデルである『TL』が発売されたライカTLシステム。TからTLではほとんど変化がありませんでしたが、今...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]