Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Leica D-LUX(Typ109) 
Select Language


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD


【 The experts choice 】フォトキナでのライカ新商品発表の際、スクリーンに『LEICA D-LUX (Typ109)』の副題としてこの言葉が付けられた。スマートなボディにフォーサーズ規格の大型センサー、高精細なEVF、4K動画撮影機能を搭載した本機は、まさにライカのプレミアムコンパクトにふさわしい一台である。絞り環とピントリングを使う操作系など、よりアナログ感が増してカメラらしい仕様となった本機。描写力も含め、いかに進化を遂げたのか早速試写へ出かけるとしよう。

LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


教会の壁を伝う葉の一枚一枚もしっかりと描写をしている。しかしシャープネス・コントラストは高すぎるという印象は無く、現代のライカらしい味付けがされた描写傾向だ。


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


上記3枚の写真は最短撮影距離に近い所で撮影をしてみた。本機で近接撮影するにはレンズ鏡筒脇にあるフォーカス域のレバーを切り替える必要がある。 センサーサイズを大型化にした恩恵は、色合いや精細さだけでなく美しいボケ味も生み出してくれる。


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


色付くイチョウを見上げての撮影。ここまで写ればメインカメラとしても十分に活躍してくれるだろう。


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


モノクロームの写りも気になるところ。コンパクトながらニュートラルな色彩表現は実にライカらしい。


LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)





LEICA D-LUX (Typ109) 絞り:F4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA D-LUX (Typ109)


真っ赤なロンドンバスを撮影。光の当たり方によって変わる微妙な色合いもモノクロームで表現できる。


LEICA D-LUX (Typ109)



LEICA D-LUX (Typ109)

撮影を終え非常に好印象なカメラであった。今までのD-LUXシリーズに比べ一回り大きくなったボディは、アナログ操作が増えた本機にベストマッチな大きさで実に使いやすい。シャッターダイヤルや絞り環を回して撮影する程よいアナログ操作は直感的に分かりやすく心地が良い。やはりカメラは“自分で操作している”という事が満足感に繋がる道具だと改めて感じた。そして開放F1.7〜2.8という明るいズームレンズは『SUMMILUX』の名に恥じない描写力で美しい写真を残す事ができる。最新のEVFやWiFi、4K動画機能などを搭載しながらも往年のカメラを意識させてくれる本機は非常に魅力ある一台であった。

Photo by MAP CAMERA Staff








レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




カテゴリー:Leica Body  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年03月01日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年3月1日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む
LEICA M10 LEICA M10 2017年01月27日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica M10 + APO-SUMMICRON M50mm F2 ASPH. 2017年1月19日 午前5時。新型のMデジタルがついに発表されました。そのカメラの名は『M10』。Mシステムの新たな歴史を刻む本機には、なんと途切れていたMのナンバリング名が復活しています。 大きな特徴として、『M10』は今までのMデジタルの中で最もコンパクトなサイズになっており、トップカバーの厚みはフィルム機とほぼ同じの33.7mm。今まで多...
続きを読む
M10 国内発表会レポート M10 国内発表会レポート 2017年01月26日
  2017年1月26日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、 新型のMデジタルである『LEICA M10』の国内発表が行なわれました。 『ライカブティック MapCamera Shinjuku』も正規店として招待されましたので その模様を皆様にいち早くレポートしたいと思います。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。 今回の『LEICA ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]