Summarit 75mm F2.4 | Kasyapa for Leica 
Select Language


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4

LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4


コンパクトでありながら優れた描写力を誇る「ズマリット」レンズがモデルチェンジしました。
標準域の感覚に近い中望遠の75mmは、歩きながら見つけた被写体がちょうど画角に収まるスナップレンズとしての使い易いレンズ。旧モデルと比べ最短撮影距離が20cm短縮され70cmまで寄ることが可能になり、手元の撮影などがより便利になりました。

クリアーな描写からは、その場の臨場感がしっかり伝わり、まさにスナップ撮影に最適と言わざるをえません。
ホームの看板に合わせたピントの奥へのボケも自然で、木々に囲まれた静けさや、ゆっくり近づいてくるケーブルカーの音が聞こえてきそうです。


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F11/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4


最新のレンズらしく隅々まで緻密に写す優秀な描写力。しかしながら発色は少し渋めな所はライカらしい色表現と言えるでしょう。光が強く影がクッキリと出る条件でしたが、シャドウ部の粘りは流石です。


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F2.4/ シャッタースピード:1/750秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4


開放絞り付近では柔らかな描写をしますが、ピント面の解像はしっかりしています。F2.4ながら中望遠らしい美しいボケ味も魅力の一つですね。


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4


古い椅子の年季を感じさせるしっとりとした写りの中に気品を感じます。光量の少ないシーンにこそレンズ力が試され、その期待に十分応えてくれました。


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F3.4/ シャッタースピード:1/125 秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4


コントラストの低い写真はライカレンズの独壇場と言ってもいいかもしれません。被写体を忠実に写すだけでなく、時の流れをも捉えるような描写は「ライカじゃないと写らない」と思わせる説得力があります。


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4


深まる秋を感じる桜の葉。少しトーンを落とした黄や赤の色彩表現は日本のレンズメーカーとは少し違う味付けです。落ち葉一枚一枚に感じる立体表現も見事です。


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F4/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4


本レンズも光の拾い方が絶妙ですね。逆光を使ったハイキー気味の撮影はライカレンズの持つ「空気感」を絶妙に引き出してくれます。


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F4.0/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1000/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4


まさに「みつめる」感覚を体感する画角。前後の滑らかなボケも魅力を引き立てる一因です。


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F2.4/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1000/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4


モノクロの相性も良いですね。ピアノの光沢感も美しく、グレートーンの階調もお見事。


LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA(ライカ) M-P (Typ240) + Summarit M75mm F2.4


F5.6まで絞るとかなり解像度に違いが出ます。キリっとした解像をするのではなくしっとりした空気感を纏ったようです。



LEICA (ライカ) Summarit(ズマリット) M75mm F2.4

ズミルックスが登場する前はライカレンズの中でもっとも明るいレンズに位置付けられていたズマリット。時代の流れによってその名は一度消え、F2.5という明るさで再び復活した新生ズマリットは今回のモデルチェンジで光学性能を見直し、F2.4の明るさになって更なる進化を遂げました。開放から安定した描写を発揮してくれるので被写体の持つイメージを忠実に表現してくれることでしょう。 ライカレンズ最初の1本として手の出しやすい新生ズマリットは高いコストパフォーマンスを感じる影に、ライカらしい高い光学性能を感じることができました。

Photo by MAP CAMERA Staff











レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




カテゴリー:Summarit  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA Q2 LEICA Q2 2019年03月19日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
Leica Q2 国内発表会レポート Leica Q2 国内発表会レポート 2019年03月08日
2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P LEICA Q-P 2019年01月22日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7 LEICA D-LUX7 2019年01月22日
焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む
Leica Price Guide LEICA Price Guide 2019年01月18日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む


[↑TOPへ戻る]