Summaron M28mm F5.6 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6


時代を越えて愛されるライカレンズの数々。しかし銘玉と呼ばれながらも現在のラインナップから外されてしまった名前のレンズも存在する。『Summaron (ズマロン)』もその中の一つで、戦後ライカの28mmと35mmの広角を担った4群6枚のダブルガウスタイプで構成されたレンズだ。その描写は解像力がありながらもどこか柔らかみのある写りで著名な写真家を含む多くのライカ使いがスナップに愛用してきた銘玉である。
そのズマロンがなんと60年の時を経てライカより復刻されることが決まった。今回のKasyapa for Leicaでは『Leica Summaron(ズマロン) M28mm F5.6』のフォトプレビューをいち早くご紹介しよう。

まずレンズ構成は当時のものと同様ということだが、1枚シャッターを切ってその描写に驚いた。現代にすれば決して明るくない開放F5.6というスペックだが、解像力とコントラストがとても高く非常にクリアな描写である。そして周辺部の写りにも注目してもらいたい、ヴィンテージレンズのような光量落ちをしているにもかかわらず、像の流れや滲みが感じられないフラットな描写である。ヴィンテージレンズらしい味を残しつつも、現代のデジタルライカに指標を合わせてきた解像感の高い写りは、まさに銘玉と呼ぶにふさわしい一本だろう。

Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F11/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


レンズには現代の硝材とコーティングを使用していることもあって、カラー撮影しても美しい発色をしてくれる。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F11/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


F11くらいまで絞れば周辺の光量落ちはほとんど気にならないレベルに改善する。被写界深度の深さを生かしたスナップ撮影にはもってこいのレンズだ。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


昼寝をしていた三毛猫にそろりと近づいて撮影。日陰などではレンズの暗さが少し気になるが、デジタルライカとの相性はとてもよく感じる。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


本当に開放からよく写る。拡大すると確認できるが、黄色く色づいたイチョウの葉一枚一枚をしっかりと捉えているのが分かる。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/750秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


一見するとコントラストが高く、黒が強い印象のビル写真だが、その中にオリジナルレンズ譲りの階調表現の豊かさもうかがえる。また逆光にも非常に強い。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6
『Leica Summaron(ズマロン) M28mm F5.6』は、エルンスト・ライツ社が1955年から1963年まで製造していたLマウントレンズが原型であり、被写界深度スケール表記が赤文字のことから通称『赤ズマロン』とも呼ばれている。今回のレンズを最初に手にとって驚いたのが、オリジナルに限りなく近いレンズデザインで再設計しているということ。もともと本レンズの登場は噂では聞いていたのだが、オリジナルの金型を使って再販するものだと勘違いしていた。デザインをリファインし、より洗練されて蘇った赤ズマロンはオリジナルの特徴を残しつつも描写・外観ともに新しいレンズへ生まれ変わった一本だ。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


きっとモノクロ撮影をメインで考えているライカユーザーも多いだろう。コントラストは高いが、シャドウもハイライトも粘りがあるので現像次第で自分好みのグレートーンを表現する事ができるはずだ。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F8/ シャッタースピード:1/180秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


ハイライトも美しく表現してくれる。スポットライトのような日の光に照らされた葉の艶やかな輝きが見事である。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


この松の写真も思わず唸ってしまった一枚。赤ズマロンがここまでよく写るレンズとは思わなかった。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F11/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


全長18mm、重さ約165gというコンパクトなサイズは28mm広角という画角も相まって、スナップ撮影に最適なレンズだ。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F8/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


パンフォーカスで使える赤ズマロンは速射性にとても優れた一本である。まるで自分の体の一部になったような感覚を『人馬一体』と言う事があるが、本レンズを使用していると、まさにその感覚を覚えるはずだ。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F16/ シャッタースピード:1/45秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


カーブミラーを利用して撮影した一枚。無数の傷が太陽の光に反射して面白い表情を見せてくれた。軽快な赤ズマロンは撮影の幅を広げてくれるレンズである。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800/ 使用機材:LEICA M (Typ262) + Summaron M28mm F5.6


地下へと続くエスカレーター。コントラストをさらに強調したモノクロ表現もいい雰囲気だ。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6


オリジナルの赤ズマロンと同様にとても小さな前玉のレンズなのだが、これが実に良く写る。開放で見せるトンネル効果のような周辺減光は現代のレンズが失ってしまったカメラレンズの面白さであり、ヴィンテージレンズに求める個性の一つだ。『Leica Summaron(ズマロン) M28mm F5.6』は最新光学のレンズにも負けない解像力とヴィンテージレンズの個性を持ち合わせた理想のライカレンズと言えるだろう。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6


奥がオリジナル、手前が新しい赤ズマロンである。非常に良く似た外観だが、寸法や細かな意匠が微妙に違うのがお分かりいただけるだろうか。そのためフードとフィルターの互換性はないので注意していただきたい。(フィルター径:旧赤ズマロン=A36/新赤ズマロン=E34)
今まで『過去のレンズを模したデザイン』の限定レンズを発売してきたライカだが、レンズ構成を含め、廃盤となった銘玉を復刻させたのは『Leica Summaron(ズマロン) M28mm F5.6』が初となるレンズだ。完全受注生産とも言われており、おそらく新たな赤ズマロンも希少なライカレンズになると予想される。コレクションアイテムとしても価値は高いが、是非その描写を味わっていただきたい一本だ。


Photo by MAP CAMERA Staff


開発責任者ステファン・ダニエル氏のインタビューもご覧ください
stefan interview







レンズカテゴリートップへ戻る

KasyapaforLEICAトップへ戻る





[Category: Summaron|掲載日時:2016年11月20日 10時25分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる