Leica TL2 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

Leica (ライカ) TL2 絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH.

Leica (ライカ) TL2


他に類を見ない独創的かつスタイリッシュなデザインが目を引くライカTLシステムから、新たに『Leica TL2』が発表されました。

2014年に基盤となる『T(Typ701)』が発売され、2016年にはマイナーチェンジモデルである『TL』が発売されたライカTLシステム。TからTLではほとんど変化がありませんでしたが、今回のTL2では高画素化、4K動画記録を可能とする動画性能、AFスピード及びAF精度の向上等、様々な点で大きな進化が見られました。
特に1630万画素から2424万画素になったことは、既にTやTLをお持ちの方はもちろん、画素数の少なさにより購入を踏みとどまっていた方にとってかなりの朗報なのではないでしょうか。

今回のKasyapa for Leicaでは、島根県へと足を運びました。
1泊2日の旅行で持って行った機材は、『TL2』『ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH.』『バリオ・エルマー TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH.』の3点。カメラ1台、明るい単焦点レンズ、小回りの利く標準ズームと旅行にはちょうどいいラインナップですが、いずれの機材も小型・軽量だったため、嬉しいことに機材の持ち運びは小さなショルダーバッグ1つで済みました。特にこの暑い季節に重い機材を持ち運ぶのは大変ですから、TLシステムの携帯性の良さはとてもありがたいです。

冒頭の写真は、出雲大社から歩いて30分ほどのところに位置する稲佐の浜で撮影をした1枚。
TLシステムの象徴でもある見やすいフルフラットの大型タッチモニターは、感度が大幅に向上。そのため、構図決めもピント合わせも今までと比べて非常にスムーズに行うことが出来ました。


Leica (ライカ) TL2 絞り:F5/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH.


今までのTLシステムからさらに進化したAF性能。画像処理エンジンはライカSLと同じ『LEICA MAESTRO II』を採用しています。
さらに、新開発の電子シャッターはシャッター音を消すことができるため、こういった厳かな場所でも周りを気にせずにシャッターを切ることが出来ます。これはかなり嬉しい進化ですね。


Leica (ライカ) TL2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH.


この日の天気は曇ったり晴れたりと忙しかったのですが、曇りでもしっかりと良い写真を残してくれるのがライカの良いところです。
むしろ、晴れのときよりも曇りのときの写りの方が好きかもしれません。ライカ独特の湿度のある写りと、被写体の存在感を何倍にも引き出すその圧倒的描写力。ライカでしか味わえない写りが、そこにはあります。


Leica (ライカ) TL2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH.




Leica (ライカ) TL2 焦点距離:23mm/ 絞り:F3.5/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH.


こちらは冒頭でご紹介した稲佐の浜にある、大きな岩…ではなく、弁天島という小さな島です。昔は稲佐湾のはるか沖にあったとされていますが、砂浜が広がったことにより、今では海に入らずとも触れる位置にいます。
この日はあまりの暑さからか周囲にほぼ人がおらず、真ん中にぽつんとたたずむ弁天島が一際目立っていました。


Leica (ライカ) TL2 焦点距離:41mm/ 絞り:F5.1/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400/ 使用機材:Leica TL2 + バリオ・エルマー TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH.


ガラス越しに撮影したとは思えないほどに鮮明な写り。熱い鉄板の熱気が、画面越しに伝わってくるようです。
こちらの撮影に使用したレンズは『バリオ・エルマー TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH.』。ライカTLの標準ズームセットに付属しているレンズですが、ライカの標準ズームはやはり写りの質が段違いです。標準ズームといって侮ってはいけません。
ライカTL2にはレンズセットがありませんので、最初どのレンズを買おうか迷ったらこのレンズを選択肢に入れられることをおすすめいたします。


Leica (ライカ) TL2 焦点距離:56mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:500/ 使用機材:Leica TL2 + バリオ・エルマー TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH.




Leica (ライカ) TL2 焦点距離:32mm/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200/ 使用機材:Leica TL2 + バリオ・エルマー TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH.


内蔵メモリーはTLに引き続き32GB。連写をしない方であればSDカードいらずの安心の大容量です。
また、専用アプリを使用すれば簡単にスマートフォンに接続することも可能。最近はわざわざ専用のリモコンを買わずともアプリがリモコン代わりになってくれるので、便利な世の中になったなと感じます。


Leica (ライカ) TL2 焦点距離:56mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:125/ 使用機材:Leica TL2 + バリオ・エルマー TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH.


今回の旅行で泊まった宿は、出雲市と松江市にまたがる位置にある宍道湖の目の前。オーシャンビューならぬレイクビューが楽しめるお部屋でした。
鏡面のようになっているおだやかな宍道湖に、波紋を描くボート。宍道湖はしじみで有名なので、しじみを獲りに行くところでしょうか。ずっと眺めていたくなるような、素敵な光景でした。


Leica (ライカ) TL2 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH.


本機と時を同じくして発表されたのが、Mレンズアダプターのシルバーカラーです。
今までブラックのみのカラー展開だったので、TLシステムのシルバーカラーを既にお持ちの方、そしてTL2のシルバーカラーの購入を検討されている方には嬉しいニュースです。


Leica (ライカ) TL2
Leica (ライカ) TL2


ライカTL2を最初に見たとき、「ん?」と一瞬違和感を覚えたのですが、しばらく経ってみて内蔵フラッシュが無くなっていたことに気が付きました。
フラッシュが無くなったことにより、軍艦部はよりシンプルに。また、録画ボタンであることを示す赤い指標も消えてボディに合わせたカラーリングに統一されたため、より一層Leicaの赤いロゴが目立ちます。

そして、今までアルミニウムの塊であることを象徴するかのように無機質な作りをしていましたが、隅が面取りされたことで素材の主張が少しやわらぎ、その分カメラとしての主張が強くなったような気がします。
個人的には今までのそのままインテリアに出来そうなくらいに格好良いTLも好きでしたが、TL2の方が持ち運びやすいと言いますか、このカメラで撮影をしたい、という気にさせてくれるのも事実です。形が少し変わっただけでここまで意識が変わるものなのかと、自分自身驚きました。

まさに「機能美」という言葉がふさわしいライカTLシステムは、今後どういった進化を遂げていくのでしょうか。
一風変わったデザインが目を引くカメラなだけに、その先は到底予想できません。だからこそ、楽しみでもあるのです。


Photo by MAP CAMERA Staff









ボディカテゴリートップへ戻る

KasyapaforLEICAトップへ戻る




[Category: Leica SL / CL / TL|掲載日時:2017年07月20日 10時50分]

Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.1[2019年11月09日]

2018年1月に発売されたLマウントの単焦点交換レンズ「ライカ アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.」を皮切りに展開がスタートした、ライカのLマウントプライムレンズシリーズ。そのラインナップは順調に増え、いまでは35mmから90mmまで用途に合わせて選べる4本の「アポズミクロン」がラインナップされています。 ライカを愛する者にとって憧れでもある、このアポクロマートレンズたちは今後、広角3種のレンズの発売も予定されており、その動向からはますます目が離せません。 レンズの描写につ...
続きを読む
LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一、35㎜という焦点距離でその名を冠するものがこの『APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH.』です。被写体を求め...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む



閉じる