LEICA SL 新レンズ説明会レポート | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language


LEICA CL

LEICA SL 75mm / 90mm
製品説明会 Report



2018年1月26日、東京・中央区にあるスタジオにて、ライカより発表・発売された新レンズ『アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.』と『アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.』の製品説明会が行なわれました。今回は実機を使用するプログラムも用意されており、実際に撮影した写真も交えてレポートしたいと思います。


LEICA CL


まずは写真家・高橋ヒデキ氏による新レンズとSLシステムの特徴の説明から。話の中で自身が使用する機材をライカへ換えた理由を語ってくださいました。高橋氏曰く、ライカを使用して一番驚いたのは、レンズに対する考え方の違いと、描写表現とのこと。実際に仕事でもライカSLにマウントアダプターを介してライカRレンズを装着して撮影されているそうです。


LEICA CL


続いてはドイツより来日したライカAG・プロフェッショナルカメラ部門のプロダクトマネージャーであるステファン・シュルツ氏によるプレゼンテーション。優れた描写性能だけでなく、AF機構に関しても画期的なシステムを採用した中望遠レンズだと語ります。今回は販売店向けの製品説明会と聞いていたのですが、まるで新型カメラのローンチイベントのような意気込みを感じました。


LEICA CL


会場がスタジオということもあり、ライカSLと標準ズームである『SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.』、そして新レンズ2本を使用してモデル撮影の時間も用意されていました。いよいよ撮影スタートです。


LEICA CL


撮影中、アドバイスを受けながら様々な撮り方を試していきます。


LEICA CL


「ライカSLは連写もすごいんです。最高で11コマ/秒撮れますから、是非試してみてください。」と語りながら撮影をする高橋氏。ライカSLは表現力だけでなく、プロの要望に応えられる撮影機能が十分に備わっていると言います。


LEICA CL
使用機材:ライカ SL + アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.


はじめにお見せするのは『アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.』から。ここから3カット続きますが、すべてF2開放での撮影です。


LEICA CL
使用機材:ライカ SL + アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.


さすがアポズミクロンと言うこともあり、色収差を極限まで抑えたフォーカス部は非常にシャープ。それでいて立体感と質感表現、ボケ味のバランスが素晴らしいです。


LEICA CL
使用機材:ライカ SL + アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.


高橋氏も話していましたが、肌、布、金属などそれぞれが持つ温度や湿度、柔らかさや硬さまでもライカレンズは写し出してくれます。


LEICA CL
使用機材:ライカ SL + アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.


続いては『アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.』で撮影です。最短撮影距離は0.6mなのでかなりクローズアップして撮影することができます。


LEICA CL
使用機材:ライカ SL + アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.


髪の毛の一本一本まで実にシャープ。レンズの描写特性は非常に似ていますので、あとは使い手の好みといったところでしょう。

いかがでしたでしょうか?
今回新たに発表・発売された2本のレンズを実際に使用してみて『確実な性能と、圧倒的な描写力』という印象を受けました。それは他のSLレンズにも言えることですが、絶対的な明るさ(F値)でレンズの性能を示すのではなく、プロが絞り開放から使用出来るようにレンズ性能を設計してあるのです。

この新レンズの登場でライカSLが目指す方向性が見てたような気がしました。感性を揺さぶり写真を撮るMシステムとは立ち位置の違う、質実剛健な性能と描写でプロの仕事に応えるのがSLシステムだと思います。今後、ライカを支える大きな柱としてMシステムと同じようにSLシステムを展開していくのではないかと感じた説明会でした。


Photo by MAP CAMERA Staff
取材協力:ライカカメラジャパン株式会社









ボディカテゴリートップへ戻る

KasyapaforLEICAトップへ戻る



[Category: Leica Special Contents|掲載日時:2018年02月02日 16時40分]

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P

LEICA Q-P[2019年01月22日]

絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7

LEICA D-LUX7[2019年01月22日]

焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む



閉じる