LEICA D-LUX7 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200

LEICAD-LUX7

ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』のご紹介です。

焦点距離:40mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

コンパクトデジタルの最大の強みは、何といっても持ち運びの負担が少ないことではないでしょうか。唐突に出くわしたシチュエーションでも、直ぐに対応出来ることは、レンズ交換式と比較した際の大きなアドバンテージです。こちらの湖畔も急きょカメラを構えたカットですが、咄嗟の撮影であっても意図した場所にピンが置けて、プログラムオートに頼った形でも適正な露出で撮影することが出来ました。人の判断を加えずに予想以上に空の青が再現されたことも大きなポイントです。

焦点距離:75mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

港に停泊する海自の護衛艦をテレ端の75mmで撮影した1枚。コンパクトデジタルの望遠は少々描写が甘くなりがちですが、僅かに絞り込むことで右舷の上甲板の柵や、艦橋の通信機器などをシャープに捉えてくれました。

焦点距離:75mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200

こちらもテレ端での1枚。繊細な色のグラデーションや、葉の葉脈の細かい描写、表面の艶、光の反射を忠実に描いてくれるので、撮影していても気分が乗ってきます。前述の取り回しの良さも相まって、軽快な撮影が可能です。

Leica D-LUX7
焦点距離:38mm / 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200

本製品はコンパクトデジタルの中では大型の部類に入る4/3型MOSセンサーと、「ライカDCバリオ・ズミルックス 10.9-34mm F1.7-2.8 ASPH.(35mm判換算で24-75mm相当)」という大口径ズームレンズを搭載しています。その強力なふたつの武器の恩恵から、柔らかいボケ味が堪能できます。

Leica D-LUX7
焦点距離:35mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200

こちらは先代から一新された、“フォトスタイル”より、「モノクローム HC+」を選択して撮影したカット。シャドウが強調され、場を制圧する雰囲気を演出してくれました。モノクロ撮影を存分に楽しむことが出来るのも、ライカのカメラならではの醍醐味だと思います。

焦点距離:75mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:500

ワイド端では3cm、テレ端でも30cmの近接撮影が可能な本機。個人的には“寄れるズミルックス”という響きだけでも陶酔ものですが、特筆すべきはその撮影の容易さでしょう。高い視認性を誇る約276万ドットの高精細EVFでフレーミングするもよし、ハイレスポンスの3インチ、124万ドットモニターのタッチAFで感覚的に操作するもよし、使い手やシーンに合わせた多種多様な撮影が楽しめるのも「D-LUX」の大いなる魅力です。

焦点距離:24mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:500

焦点距離:24mm / 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:1600

焦点距離:24mm / 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:3200

夜間に工場や高速道路のJCTを狙ったカット、手持ち撮影にはぎりぎりの光量でしたが、強力なレンズシフト式の手ブレ補正機構を味方につけることで、多少ざらつきはあるものの何とか撮影にこぎつけました。勿論、軽量小型なボディの恩恵もあったことは特筆するまでもないでしょう。

Leica D-LUX7

“楽しい”という言葉を具現化したカメラ

撮影を終えてまず感じたこと、それは本機がもたらす圧倒的な撮影の“楽しさ”でした。 細部まで自らの判断で決めることが出来る、操作する悦び。先進技術を用いた高機能が実現する、圧倒的な安定性。軽量で小型、コンパクトなシルエットだからこその快適性。等々、撮影者を楽しませてくれる要素に富んだカメラであると感じます。 オートで撮影した画像も申し分ないのですが、冒頭でも触れたカメラを“操る”ことで得られる高い満足感には特別な感激が待っています。“より最適な、自分なりの設定で撮ろう”という思いは、ライカの提起する写真の本質や、カメラ本来の役割についても考えさせられ、皆様を他のカメラではなかなか味わえない境地へといざなってくれるでしょう。その小さなボディからは想像出来ない、大きな可能性を秘めたライカ『D-LUX7』。無類の喜びを是非実際に味わってみてください。


Photo by MAP CAMERA Staff









KasyapaforLEICAトップへ戻る




[Category: Leica D-LUX / V-LUX / C-LUX|掲載日時:2019年01月22日 11時00分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる