Select Language

ステレオカメラ TDC Stereo Vivid ステレオ ビビッド

[ Category: newcat1|掲載日時:2010年02月28日 15時46分]
ステレオカメラ TDC Stereo Vivid ステレオ ビビッド

 最近、映画「アバター」のヒットや3Dテレビの開発等で立体画像に脚光が集まっている。
赤と青のメガネをかけて観る方式を「アナグリフ」といい、既に150年程の歴史があるというので驚きである。
私の3D初体験もこの方式だった。
マイケルジャクソンの「キャプテンEO(イーオー)」。
1987年のTDLである。
天井からぶら下がってくる怖いお姉さんや楽器に変形するロボットがまさに目の前に現れたのである。
その時買った記念のテレホンカード(笑)は今も大切にしまってある。

 いま開発中という3Dテレビではメガネにシャッターが組込まれテレビ側と同期しながら1秒間に120コマを表示させるという。
別々の画像を左右60コマずつ見せることで高画質が実現するらしい。
家庭のハイビジョンテレビが3Dになることで立体鑑賞はいよいよメジャーになるのだろうか。

 写真の世界では幾度のブームはありながら広く浸透したり、スタンダードになったりと呼べるようなものは残念ながらなかった。
詳しくはストロベリー氏の「極私的カメラうんちく」もご一読を。

 90年代初めに赤瀬川原平氏の「二つ目の哲学」出版され、ステレオカメラブームが起こった。
この本で著者がステレオカメラを意識し始めた頃の気持ちや新たな立体体験をしていく過程が克明に描かれている。
こちらはカメラに詳しくない方でも楽しめる内容になっていてお薦めだ。


 今回ご紹介するのはステレオカメラ TDC 「Stereo Vivid(ステレオ ビビッド)」。
TDCとは「Three Dimension Co.」の略で訳すと三次元会社。
1950年代Bell&Howell(ベルハウエル)社から独立した会社でその名の通り3Dカメラを専門で作っていたと思われる。
1920~1960年頃までアメリカで何回かに渡ってステレオブームが起こっている。
その時代を代表的するカメラがデビッドホワイト社のステレオリアリストだ。
35mmフィルムを使用したH24×W23mmのフォーマットに他社も追従した。
いわゆる「リアリスト判(サイズ)」と呼ばれるカメラ達である。
ステレオビビッドはその中のひとつ。
1950年代中頃の製造だと思われるが詳細は不明。
ボディの底面にフィルムの装填方法がプリントされていてCHICAGO,U.S.Aと書かれている。

ステレオカメラ TDC Stereo Vivid ステレオ ビビッド

 ボディはアルミをプレスした成型。
まるみのあるボディで、各ダイアルがカメラ上部に密集しメカニカル感が高い。
ボディ上面の絞りダイヤルとシャッタースピードダイヤルがのこぎりの刃のような形をしているのがこのカメラの特徴だ。
レンズは35mmF3.5のTRIDARというレンズが2つ。
レンズの間隔は65mm程で、これは人間の両目の間隔と同じくらい。
ピント合わせはバックフォーカスタイプ。
右手ひとさし指でフォーカシングダイアルを回し、カメラ内部をフィルムごと前後させる。
絞りはF3.5~16までの実絞り。
シャッターはギロチン式。
1/10~1/100の大陸式表記で現代では高速側に足りないので、ピーカン時に高感度フィルムは使えない。

ステレオカメラ TDC Stereo Vivid ステレオ ビビッド

ボディー上面にシャッターダイアルと絞りダイアルに連動して円形の文字盤が回転する仕組みになっている。
この文字盤は露出の目安表で、矢印に「BRIGHT(快晴)」「CLOUDY(くもり)」等の天候を合わせるとシャッターと絞りの組合せが決まる。
機能的で合理的なこういうパーツがカメラのデザインを決めているというのはすばらしい。

ステレオカメラ TDC Stereo Vivid ステレオ ビビッド

 モノクロ(写真)をやっているとモノクロの視線になり、見るものすべてグレーの階調に置換えられる。
なんていうことをよく言われるが、このステレオカメラも持ち歩くと視線が立体を意識しはじめるのだ。
もともと私たちは立体でもの見ているのであたりまえの話なのだが…。
普段私たちは立体でものを見ているのに、そういう感覚が実感としてない。
ステレオカメラはその空気のような感覚を呼び起こしてくれるのである。

 今回ステレオ写真の鑑賞法等は割愛させて頂く。
専用ビュアーでのスライド鑑賞。
プリントでの「平行法」「交差法」による裸眼立体視。
などなど、楽しみ方は色々あるのでとても書ききれない。
今年は3D元年と言われるらしいが、半世紀も前に立体画像をこのクオリティで撮影出来ていたことに驚くのである。

┌【作例1】────────────────────────────────
・交差法
作例1 交差法
・平行法
作例1 平行法

┌【作例2】────────────────────────────────
・交差法
作例2 交差法
・平行法
作例2 平行法

┌【作例3】────────────────────────────────
・平行法
作例3 平行法

─────────────────────────────────────

ステレオカメラ TDC Stereo Vivid ステレオ ビビッド


[ Category: newcat1|掲載日時:2010年02月28日 15時46分]

面白いと思ったらコチラをClick!221票


null

希少品!「フォクトレンダー ベッサ R2S NHS モデル」【本館地下】[2013年04月15日]

今回紹介するのは、「フォクトレンダー ベッサR2S NHS special」です。 2005年にアメリカに本部があるニコンの愛好家組織「NHS (The Nikon Historical Society )の要望により 500台限定でつくられたモデルです。 ボディは、2002年に発売された「ベッサR2S」(ライカMマウント互換のベッサR2を ニコンSマウント仕様にしたもの)を母体としています。 セットのレンズは、2001年に発売された「ベッサT ヘリアー101周年記念モデル」の沈胴式ヘリアー50mmF3.5を 固定鏡胴に仕立て直したものです。 山岳...
続きを読む
null

Awesome! Leica①[2012年11月14日]

写真を撮るという行動は突如その衝動に駆られるときがあります。 目の前にとても美しいと思える光景と出会ったときであったり、 自分が持つイメージが突然目の前の光景と重なったときであったり。 そんな時には、さっとカメラを構えて、ファインダーを覗きシャッターを切るのか、 それともさっと立ち去るのかはカメラのコンパクトさというのが大事だという経験があり 以前から気になっていたライカMを自分のものとして使おうと思い、去年購入しました。 はじめに私が手に入れた最初のライカはライ...
続きを読む
null

CZJ Pancolar 50mmf1.8 , 80mmf1.8[2010年10月18日]

Carl Zeiss Jena Pancolar 80mmf1.8 , 50mmf1.8  パンカラー。  M42マウントレンズに触れたことのない方には馴染みのないレンズ銘だと思います。  一般的に「カラー」と呼称されてはいますが、つづりは「colar」であるので、「パンコラー」とか「パンコラール」と呼ばれることもあります。  カール・ツァイス・イェナ、つまりは東西分断期における東ドイツ側カール・ツァイスの一眼レフ用標準~中望遠レンズのシリーズであり、60年代から80年代まで製造されていたものです。  同時代...
続きを読む
null

SUN ZOOM 38-90mm F3.5 MACRO[2010年05月27日]

SUN ZOOM 38-90mm F3.5 MACRO  個人的嗜好により、ズームレンズをほとんど使わない生活が続いています。  普通の人が一生のうちに手に入れるであろうレンズ本数……の何倍ものソレをすでに所持していますが、ズームレンズに関しては、デジカメのキットレンズという位置づけの平凡なものがポツネンと一本あるのみです。  ……というような冒頭では、一見どう膨らみようもなさそうですが、今回は、そんな不届きな筆者がズームレンズの記事をお届け致したいと思います。もちろんM42スクリューマ...
続きを読む
WELTBLICK 135mmf1.8 , 35mmf3.5

WELTBLICK 135mmf1.8 , 35mmf3.5[2010年04月17日]

WELTBLICK 135mmf1.8 WELTBLICK 35mmf3.5  前回に引き続きの作例チャレンジです。  「ウェルトブリック」と読むと思うのですが、まったくもって詳細不明のレンズで、胴部に白文字で「MADE IN JAPAN」とあるからには日本製なのでしょうが、明らかなのはこのことだけです。  M42世間……というか、いっそのことこう呼びますが、「M42宇宙」には、こういった正体不明のエイリアンレンズがごろごろ存在しており、多くの場合、その生い立ちから実際の写りまで、一切が深い謎のガス雲に包まれています...
続きを読む