2011年 コシナ長野工場『コシナレンズ工場見学バスツアー』レポート | THE MAP TIMES 
Select Language



2011年 コシナ長野工場『コシナレンズ工場見学バスツアー』レポート

[ Category:Information|掲載日時:2011年09月09日 11時45分]

今年も行ってきました!

9月7日(水)に長野県にある株式会社コシナの工場見学ツアーへ行ってきました!!

今年で工場見学ツアーも三回目を迎える事ができました。

おかげさまで開催する事ができましたのは、お客様がご応募して頂いた事と工場見学をさせて頂いた株式会社コシナの皆様、旅行会社の新日本紀行さんのご協力のおかげです。本当にありがとうございました!



当日は、前日の大雨(東京都心は大雨でした)を吹き飛ばすほどの晴天で、とても気持ちの良い旅行日和でした。
お客様も受付時間より早くお見えになった方がほとんどで、今日を本当に楽しみにして来て下さったのだと感じました。

null

8時過になり、いよいよ出発!!


首都高速を通り関越に入り上信越道へ。


長野県小布施へは12時少し前に到着。

昼食場所は小布施を代表とする老舗栗菓子店桃井甘精堂本店「泉石亭」で頂きました。
今回も前回と同じく長野の名物「おそば」&小布施名物「栗おこわ」の入った昼食を頂きました。

null
毎回のことながら大変美味しく頂きました!皆様にもご満足頂いたようすです。

昼食場所からコシナの営業さんと技術・設計等のスタッフの方と合流をして、
昼食を頂きながら今回もお客様にはお一人ずつ自己紹介をして頂きました。
毎回皆様に共通して言えることは...

『カメラが大好きだーーー!」と言う事です。

カメラが好きでその中でもコシナ製品が大好きだという事が皆様のお話しを聞いていると強く感じました。
コシナ製品を購入した時のお話や、お持ちの好きなコシナ製レンズのお話し等面白いお話をたくさんして頂きました。
皆様ありがとうございました。

その中で、マップカメラの店舗に週5日や毎日お越し頂いているお客様や商品を買って頂いている方もいらっしゃって
大変大~変感激致しました!!ありがとうございます。

色々なお話を聞いて、皆様和気あいあいとなった頃、休憩も終わり午後はいよいよ工場見学ツアーへスタート!!!


一箇所目は、『小布施事業所』

ここでは、光学ガラスの溶解・製造をしています。


車で走ると一瞬にしてわかるコシナの看板。白地に青が映えています。
null
null
コシナの営業さん(大塚さん)が事業所に入る前、事業所内について少し説明してくれました。


と、工場内は撮影禁止なので写真はここまで...。

光学ガラスの元となる材料をガラスにし、板状の「バー材」というものにします。
そこから「バー材」を小分けに切断して溶解するところまでを行います。
事業所内では実際に作業しているスタッフを間近で見ることができ、コシナ営業(大塚さん) が一工程ずつ説明してくれました。


二箇所目は『中野事業所』

ここでは、機械部品加工・組み立てをしています。

null

中野事業所では、事業所内での見学以外に会議室をお借りして技術者の専門スタッフの方がパワーポイントを基に
コシナの歴史についてお話して頂きました。

特別に少し写真でお見せ致します。



「Map camera x コシナ工場見学」かっこよくタイトルを付けて頂きコシナさんありがとうございました!
null
コシナの第一号コンパクトカメラが登場!開発秘話等お話して頂きました。
その他歴代のカメラも続々登場しました。


その後は、実際に事業所にて製品レンズを綺麗にしている仕事をされている女性スタッフの方に登場して頂きレンズ拭きの実践をして頂きました。
特別にお客様にもレンズ拭きを体験して頂きました。




少し緊張している様子・・・。

レンズ拭きは皆様興味津々で、「どんな液体で拭くのが一番いいか?」「どの素材がいいか?」など色々質問していました。


三箇所目は、『飯山事業所』

ここでは、レンズのスムージング・研磨をしています。
研磨前のガラスはまだ表面がざらざらしているのですが、研磨機にかかるとツルッツルになってここでようやく皆様が見たことあるレンズの表面に近づきます。
昔は職人さんが全て手作業で行っていて、当時作業していた頃の貴重な道具も見せて頂きました。



全てのスケジュールも終わり、新宿に着いたのはPM20:45頃でした。
予定より少し遅くなってしまいましたが、事故も無く無事にツアーは終了致しました。
(ご参加された皆様、帰路は無事にご帰宅できたのでしょうか?)

今回も平日にも関わらずご参加頂きましたお客様、本当にありがとうございました。
また、協賛して頂きました株式会社コシナのスタッフの皆様、ご協力頂きありがとうございました。

その他企画と共に来年もこの「コシナ工場見学バスツアー」ができるよう、これからもご愛顧の程、宜しくお願い致します。



※撮影機材→OLYMPUS『PEN Lite E-PL3

[ Category:Information|掲載日時:2011年09月09日 11時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]