二眼レフは、いかがですか?! 2nd season  その1 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?! 2nd season  その1

[ Category:etc.|掲載日時:2012年03月25日 11時00分]

フランス製カメラで、日本のパリ(?)を…

null

 2nd seasonの始まりです。 ……えぇ、海外ドラマの見過ぎです… よくあるでしょう? 時間がある時なんかに観ていたドラマが、ある日、新聞の番組欄で突然の「最終回」。 でも、観ててもちっとも最終回らしくないなぁ…なんて思っているうちに「THE END」の文字が… ???というところに、数ヶ月後スタートする2nd seasonの宣伝… な~んだとなるわけです。 で、実際に始まった新シリーズも流れに特に大きな変化はなく、「前と同じパターンか」と、ちょっと安心したりします。
 ……ところがです。 ある時から、突然の急展開。 主人公の隠されていた過去が明らかになり、それがもとで仲間との間に亀裂が生じたりします。 さらには、信頼していた上司が、実は敵の組織の一員で… ……さぁ、そんな波乱に満ちた2nd seasonの幕開けです。
 ちなみに、ネタばらしをしてしまうと、今回のシリーズの最終回はもう決まっています。 最後、私が絶体絶命のピンチに陥ったところで、画面がブラックアウト… 鳴り響く銃声の中、「To be continued… (3rd seasonに続く…)」のテロップが… ……う~ん、どうなっちゃうんだろう、私…

 …えっと、本題。 ある日、フランス製の二眼レフを手に入れました。 (気がついたら、仲間に加わってました…) 「二眼レフ = ローライ = ドイツ」という印象が強いですが、勿論、日本をはじめ様々な国の二眼レフカメラが存在します。 もともとこのコーナー、「ローライだけが二眼レフじゃない!」っていうところから始まったような気が(そんな遠い記憶が…)します。 とはいえ、ローライの出番が圧倒的に多かったですが…
 ここらで初心に戻り、いろんな二眼レフを紹介できたらいいなぁ…ということで、フランス製カメラ2台の登場です。 一度に2台!というのも、実は詳しい資料がなく、あんまりカメラのお話が出来ないからなんですが…

 上の写真の、まずは右から、セム社の「セムフレックス」。 この個体はグレー革ですが、黒革のものもあります。 どこか軽妙なデザインがドイツ製とは一味違った印象を与えます。 日本では珍しいフランス製の中にあって、比較的目にする機会の多いカメラです。 撮影レンズは「サム ベルチオ 75mm F4.5」というレンズ。 1/250秒までのシャッター速度で、赤窓式のフィルム送り。

null

 そして左が、アトムス社の「エグロン レフレックス」。 1950年くらいのもので同じく赤窓式のフィルム送りですが、シャッター速度は1/150秒までしかありません。 上下のレンズが歯車でかみ合って繰り出されるタイプ。 この個体、外装がかなりくたびれていましたが、それでも手に入れたのは搭載レンズが「アンジェニュー 75mm F4.5」であったから。 フランスを代表する銘玉「アンジェニュー」。 とはいえ、いろんなマウントのものがあり、写りも様々とか… 「では、二眼のレンズはどうだろう?」という、ただただ興味本位からです。

null

 では、そんなフランス製のカメラでどこを撮るか? これも考えものです。 フランスといえばパリ… ファッション性豊かな街です。 服や靴のおしゃれな店が並び、オープンカフェなんかがあったりして… う~ん、代官山、白金台… ……ムリ、そんなとこ、私にゃ合わん… レンズ向けるだけで緊張しちゃう… もっと考えましょう。 ……パリでしょ、…凱旋「門」があって、エッフェル「塔」があって……

 ……あった! 「門」!!

null
  セムフレックス (フジ・プロビア100F 以下同じ)

null
  セムフレックス  門をくぐると聞こえてくるのは、中国語や英語、フランス語… ここ浅草は、まさに異国の街です! ところで、カメラ的には周辺減光が気になるところ… でも上の雷門といい、線の細かさは出てます。

 そして、服やら履物やらのおしゃれな店が軒を連ね…

null
  セムフレックス

null
  エグロン レフレックス

null
  エグロン レフレックス  シャープで、かつグラデーションもなかなか…


null
  セムフレックス

null
  エグロン レフレックス

 一歩寄ってしまったことで、条件が変わってしまいましたが、セムの方が色乗りは豊かか…

null
  セムフレックス

null
  セムフレックス  「ポシュッ…」という、ちょっと頼りげないシャッター音からは想像もできない写りです。

 そして、「塔」!

null
  エグロン レフレックス

 おっと、こっちにも「塔」あったじゃん…

null
  エグロン レフレックス

 なんて調子よくカメラをとっかえひっかえして撮影していたら、突然背後に自転車を押したおじさんが近寄ってきて、「なぁ、兄ちゃん、あの木撮ったか?」 「はい?」 「あそこの立派な木だよ。 頼朝公の植えたすごい木だよ。」 「はぁ…」 「あの木、撮んなきゃ。 とにかくすごい木なんだから! 頼朝公の植えた!」 「……」 ……確かに立派な銀杏の大木ですが、周りに人がいっぱい座って談笑してるからレンズ向けるのも気が引けるし、標準レンズの画角でスクエアだと近寄ると部分的にしか撮れないし… とりあえず木のほうに進んでから、後ろ振り返ると… おじさん、まだこっち見てるし… …えっと、とにかくパシャ…

null
  セムフレックス  と、撮ったど~!


 それでは参拝しようかと本堂に向かいましたが、かなりの人… 平日なのに行列になってました…

null
  セムフレックス

 考えてみたら、今年になってまだちゃんとお参りしてないかも… いわゆる「初詣」… よし、しっかりお願いしとこ… 「給料アップ、給料アップ、給料アップ…」
 …で、初おみくじタイム! ところが、前に中国人の若い女性グループが… 筒から1本の棒を引き出し、書いてある番号の引き出しからおみくじを引くタイプなのですが、一人ひとりが、とにかく長い… あの、後ろ待ってるんですが… 「ジャラジャラジャラ…」と熱心なのは微笑ましいのですが、ねぇ、引いたらその場で見せ合いっこせずにどこうよ… あ、まだ引いてない子いるんだ… だから、ねぇってば… だぁー!! 
 やっと番がきて、えいっと…

null
  ど~ん! …いや、こういう「お約束」は、いらないから… …って、ひとつもいいこと書いてないし…

 境内を離れ、周辺の散策に移りました。 う~ん、数年前にも二眼持って撮影に来ましたが、その時より街並みがかなりきれいになっているような… もっとディープで撮影スポットいっぱいあったよなぁ…

null
  エグロン レフレックス  公演後だったらしく、役者さんが女性たちに囲まれてました。 若い女性陣で、ちょっとびっくり… …あ、驚かないような人たちもたくさんいましたが…

 そして、ありました「オープンカフェ」!

null
  エグロン レフレックス

null
  セムフレックス

null
  セムフレックス

 でも、ここも前よりはきれいか… 結構団体さんなんかが入って、にぎわっているし… お腹もすいていて、かなり気になったんですが、ちょっと一人では入りづらいか… 結局、近くのうどん屋さんにしました。

null
  まぁ、お約束の…

 カウンターの隣席に若い男女2人が。 頼んだ天丼セットの、まずは天丼が運ばれてきました。 一口食べただけで、「この天丼、美味しいね」「うん、ほんと美味しいね」 次にうどんが… 「おうどんも美味しいね」「ほんとだ、美味しいね」 ……あ~、ビール美味しい…

 さらに撮り歩いているうちに、陽も暮れてきました。

null
  エグロン レフレックス  暗かったので開放で。 後ろ、ちょっと流れてます。

null
  エグロン レフレックス

null
  セムフレックス  こういうほうが、浅草らしいか…

 最後にもう一度境内に行くと、5時すぎて閉店してるのに、まだ行列が…

null
  セムフレックス  この場合、お願い事の聞き入れ業務は、翌日に持ち越されるのでしょうか?

 まだ、おみくじも営業してました…… えいっ…

null
  ひとつレベルアップ… うん、こっちにしとこう!

 と、「吉」で始まった2nd seasonですが、次回、敵の卑劣な罠にはまり、誤って同僚を撃ってしまったりするかもしれません… 大変、どうなる、私?!

続く…  (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:2012年03月25日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む
RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]