【トル・アソブ】デジタル・フィルターでアソブ | THE MAP TIMES 
Select Language



【トル・アソブ】デジタル・フィルターでアソブ

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2012年09月03日 19時14分]

今まで1号店3階ではフィルターでアソブを
掲載させていただきました。

光学式でなく電子式にチャレンジ
「デジタル・フィルター」です。

「デジタル・フィルター」といえばバリエーションが多彩な
「PENTAX K-01」「PENTAX K-30」を使用しました。
そして「デジタル・フィルター」のみでなく
「カスタム・イメージ」も併せて使ってみました。
メインは「動画」です。

まずは静止画で「デジタル・フィルター」
元画像(K-30/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/絞り優先F4.5/鮮やか)
三ノ輪橋駅
PENTAX「デジタル・フィルター」は何重でもかけられますので
加工画像(トイカメラXドラマチックアートXポスタリゼーション)
三ノ輪橋駅デジタル加工
今回は三種類をかけてみました。
「デジタル・フィルター」をかけすぎると
画像が・・・・
に、なりますので注意して下さい。

次は「カスタム・イメージ」
「PENTAX K-01」から追加された
「ポップチューン」
(K-30/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/絞り優先F4.5)
雑司が谷駅
「デジタル・フィルター」は撮影した画像にデジタル加工をするもので
「カスタム・イメージ」は彩度・色相・コントラスト”等を調整して画像を作ります。
同じ様な画像もありますがプロセスが違います。

本題の動画を
「デジタル・フィルター"ネガ・ポジ反転"」
(K-30/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/FullHD 30FPS)

天候が薄曇りのためモノクローム・ネガのようになってしまいました。

「カスタム・イメージ"銀残し"」
(K-30/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/FullHD 30FPS)

映画の雰囲気をイメージした絵作りですが被写体?フレームレート?のせいか少しシャープすぎる感じがします。
「カスタム・イメージ"銀残し"/デジタル・フィルター"トイカメラ"」
(K-01/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/VGA 24FPS)

8mmムービーの雰囲気を作ろうと「トイカメラ」をかけてフレームレートも24FPSにしてみました。
8mmムービーの感じにするにはフィルム粒子のザラザラ感が少し足りないみたいです。
感度を上げてノイズリダクションを弱めして撮影するともっとよかったかもしれません。

「カスタム・イメージ"ポップチューン"」
(K-30/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/FullHD/インターバル動画,3秒間隔)

たった7秒ですが撮影時間は約60秒です。
「カスタム・イメージ"鮮やか"/デジタル・フィルター"カラー(ブルー)"」
(K-01/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/FullHD インターバル動画,10秒間隔)

デジタル・フィルターをかけた場合、撮影間隔が10秒以上でないと設定できません。
30分近く撮影して約30秒です。

「カスタム・イメージ"ほのか"/デジタル・フィルター"レトロ"」
(K-01/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/VGA 24FPS)

流石、「ほのか」に「レトロ」。押入れに眠っていたフイルムを出してきたみたいな褪色感があります。


「カスタム・イメージ"モノクローム/赤外線調"」
(K-30/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/HD 60FPS)

動きをより滑らかにと考えてハイビジョンで60コマで撮影してみました。
モノクロだと逆にコマ数がもっと少ないほうが味が出るかもしれません。

「カスタム・イメージ"クロスプロセス"」
(K-01/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/VGA 24FPS)

"クロスプロセス"のシャッフルで撮影してみました。
動画には使いづらいかもしれません。

「デジタル・フィルター"色抽出/緑"」(K-30/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/FullHD 30FPS)
都電の専用軌道はあまり草刈がされていないので
この時期は線路の回りはあおあおしてます。
電車の側面に写った草の色も抽出されてます。

「カスタム・イメージ"鮮やか"/デジタルフィルター"ハイコントラスト"」(K-01/DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR/FullHD 30FPS)
カメラの背面液晶パネルで見たときはなかなか良いと思ったんですが
大きなモニターで見たらちょっとどぎつくなってしまいました。
"鮮やか"より"ナチュラル"の方が合っているかと思います。

ムービー専用のビデオカメラ比べて
長時間撮影に不向きであったり
手持ち撮影に苦労したりしますが
大画面テレビ・モニターで再生した際は
映像の違いがわかります。
そして、多彩な画像処理が出来るので
いつもと違う動画が残せます。

デジタルフィルター&カスタムイメージを使った動画撮影
ぜひみなさんもチャレンジしてみて下さい。

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2012年09月03日 19時14分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】DJI Osmo Pocket ~ 新宿 4K Night ~ 【私のお気に入り】DJI Osmo Pocket ~ 新宿 4K Night ~ 2019年08月26日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【新宿 4K Night】4K動画 【私のお気に入りOsmo Pocket】 手のひらにすっぽりと収まる本体は、スマホや財布などと同じようにどんな状況でもすぐにポケットから取り出せるので、いつでも手ブレのない映像が撮影できます。小型化されたメカニカルスタビライザーとブラシレスモーターにより、常に微調整されたジンバル制御精度を実現するDJI史上最小の3軸『メカニカルジンバル』や長時間の安定したパフォーマンスを実現する『静音設計の冷却システム』など小さなボ...
続きを読む
【私のお気に入り】宮ヶ瀬湖畔園地 【私のお気に入り】宮ヶ瀬湖畔園地 2019年08月25日
八月の中旬。 私のお気に入りの場所、神奈川県の「宮ヶ瀬ダム湖」に行ってきました。 宮ヶ瀬ダム湖は「神奈川県の水がめ」と呼ばれる大きなダム湖で、周辺には広大な敷地を有する宮ヶ瀬湖畔園地があります。 自宅から車で1時間程度ということもあり、自然を感じたい時はついつい足が向いてしまいます。 園地の隣には小さな土産物店や飲食店が軒を連ね、猫たちが自由に過ごしている姿が多く見られます。 駐車場から土産物店への道すがら、さっそく寛いでいる猫に出会いました。 何度声をかけても...
続きを読む
SONY Cyber-shot RX100M7 発売記念「歴代機種を振り返る」Part1 SONY Cyber-shot RX100M7 発売記念「歴代機種を振り返る」Part1 2019年08月24日
2019年8月30日発売予定の『SONY Cyber-shot DSC-RX100M7』 SONYのRX100シリーズも遂に第7世代となりました。 (RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5、RX100M5A、RX100M6) 今回はRX100M7の発売を記念して歴代のRX100シリーズ進化の機軸をマップカメラスタッフの作例と共に振り返ってみます。 第一回目の今回はSONY Cyber-shot RX100~RX100M2を紹介します 妥協なき高画質をポケットに 2012年に発売された記念すべき第一世代『SONY RX100』はスマートフォンの写真では満足できないユーザーに...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.1 2019年08月24日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 というわけで今回は本館4Fのスタッフが撮影したブログをご紹介させていただきます。 超望遠レンズを使った...
続きを読む
【私のお気に入り】隅田川大橋 【私のお気に入り】隅田川大橋 2019年08月24日
Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ずっと地方暮らしだった私にとって、東京とはニュースでしか見聞きしたことのない存在。 この先どのような道を歩むのかと不安だらけな上京の日、隅田川大橋から眺めた景色が心に焼き付いています。 Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) 青の濃淡が広がる世界に、白く輝く東京の象徴。 慌ただしい都会はそれ自体がビビッドな存在。そこに現れた柔らかな彩りの眺めに迎え入れてもらったような気がしたあの日。 時の流れを忘れら...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]