【トル・アソブ】ロードバイク×レンジファインダーカメラ | THE MAP TIMES 
Select Language



【トル・アソブ】ロードバイク×レンジファインダーカメラ

[ Category:SONY|掲載日時:2012年09月11日 19時00分]

姉妹店「マップスポーツ」のサイトを見ていたらつい欲しくなってしまい、真っ青なロードバイクを衝動買いしてしまいました。
(大きなダンボールに入って、すぐにでも乗れそうな状態で送られて来ました!)

運動不足解消!ということで自宅の近所に設定した周回コースを毎日走っているのですが
始めてみると自分の脚力で「風になる」感覚が気持ちよく、すっかり夢中になってしまいました。

ヘルメットをかぶって自転車にまたがると、どうしてもアタックモードに。
区間タイム短縮!アベレージスピードアップ!とシャカリキになってしまいます。
勿論これはこれで面白いのですが、ある日思い立って古いフィルムレンジファインダーカメラを持って走りに行ってみることにしました。



選んだのはモダンで端正なデザインの国産レンジファインダーカメラ キヤノンVT de-luxeとロシアンLマウントレンズJupiter12 35mmF2.8。
カメラをメッセンジャーバッグに詰め込むと、愛車にまたがり早朝の河川敷サイクリングロードへ。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン

埼玉、東京を貫流する荒川沿いには右岸、左岸ともサイクリングロードが整備されていて、上流は武蔵丘陵森林公園や熊谷まで、下流は河口の葛西臨海公園まで走ることができます。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
どこまでも続く灰色の径。自転車乗りの天国


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
広い荒川河川敷。そして高い空。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
秋空と夏の名残の雲。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
首を垂れる稲穂かな。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
たまにはゆっくりと。

「速く走る」ためのロードバイクと、カメラの中でも手間のかかるフルマニュアルの銀塩レンジファインダー。
一見ミスマッチのこの組み合わせですが、走る→見つける→撮る→また走るというオンとオフをすばやく切り替える面白さがあります。
(※但し比較的ゆっくり走っている場合。全力で走りながらだと近代5種競技やバイアスロンの射撃をしているような気分になるかもしれません。)

目に付いたものを丹念に拾えるのですが、移動範囲は広くはない「徒歩」
よほど気になったもの以外は撮りにくい「車」
ロードバイクを使った今回はその中間。移動範囲は徒歩より格段に広く、なおかつ気になったものがあればすぐに止まることも出来ます。

長大な荒川サイクリングロードには魅力的な被写体もいろいろ。
上流域は豊かな自然。
下流域には様々なデザインの水門、閘門、そして橋
一片のロードムービー的な組写真を作ってみるのも面白いかもしれないなと感じました。

今回の使用フィルムはLomography LADY GREYというISO400のモノクロネガフィルム。




「Lomo」の名で身構えてしまいましたが、ざらっとしてはいるものの、イメージとは違うシャープな仕上がり。
なかなか使いやすいフィルムでした。

現像フジフイルムダークレスを使用しての自家現像。久々のダークレス現像だったのでちょっと心配だったのですが、なんとか失敗無く完了。(現像5分、定着5分。)



スプールはテープ止めですが、コダックよりしっかり止まっているので、ダークレス現像最大の難関「巻き締め/ゆるめ」時もそれほど気を使わずに作業することができました。




エコなうえにカラダにも良い自転車+写真。
マップスポーツにはロードバイク以外にも、よりコンフォートでラクに乗れるクロスバイクなども。
キツすぎずユルすぎずのポタリングフォト。皆様もいかがでしょうか?



レンジファインダーカメラのショッピングはこちら
レンジファインダーカメラ用レンズのショッピングはこちら
「Map Sports」新品・中古ロードバイク/クロスバイクのショッピングはこちら

[ Category:SONY|掲載日時:2012年09月11日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]