【トル・アソブ】ロードバイク×レンジファインダーカメラ | THE MAP TIMES 
Select Language



【トル・アソブ】ロードバイク×レンジファインダーカメラ

[ Category:SONY|掲載日時:2012年09月11日 19時00分]

姉妹店「マップスポーツ」のサイトを見ていたらつい欲しくなってしまい、真っ青なロードバイクを衝動買いしてしまいました。
(大きなダンボールに入って、すぐにでも乗れそうな状態で送られて来ました!)

運動不足解消!ということで自宅の近所に設定した周回コースを毎日走っているのですが
始めてみると自分の脚力で「風になる」感覚が気持ちよく、すっかり夢中になってしまいました。

ヘルメットをかぶって自転車にまたがると、どうしてもアタックモードに。
区間タイム短縮!アベレージスピードアップ!とシャカリキになってしまいます。
勿論これはこれで面白いのですが、ある日思い立って古いフィルムレンジファインダーカメラを持って走りに行ってみることにしました。



選んだのはモダンで端正なデザインの国産レンジファインダーカメラ キヤノンVT de-luxeとロシアンLマウントレンズJupiter12 35mmF2.8。
カメラをメッセンジャーバッグに詰め込むと、愛車にまたがり早朝の河川敷サイクリングロードへ。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン

埼玉、東京を貫流する荒川沿いには右岸、左岸ともサイクリングロードが整備されていて、上流は武蔵丘陵森林公園や熊谷まで、下流は河口の葛西臨海公園まで走ることができます。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
どこまでも続く灰色の径。自転車乗りの天国


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
広い荒川河川敷。そして高い空。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
秋空と夏の名残の雲。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
首を垂れる稲穂かな。


Canon VT de-luxe / Jupiter12 35mmf2.8 Lomography LADY GREY400(白黒ネガフィルム)
ダークレス現像 ネガスキャン
たまにはゆっくりと。

「速く走る」ためのロードバイクと、カメラの中でも手間のかかるフルマニュアルの銀塩レンジファインダー。
一見ミスマッチのこの組み合わせですが、走る→見つける→撮る→また走るというオンとオフをすばやく切り替える面白さがあります。
(※但し比較的ゆっくり走っている場合。全力で走りながらだと近代5種競技やバイアスロンの射撃をしているような気分になるかもしれません。)

目に付いたものを丹念に拾えるのですが、移動範囲は広くはない「徒歩」
よほど気になったもの以外は撮りにくい「車」
ロードバイクを使った今回はその中間。移動範囲は徒歩より格段に広く、なおかつ気になったものがあればすぐに止まることも出来ます。

長大な荒川サイクリングロードには魅力的な被写体もいろいろ。
上流域は豊かな自然。
下流域には様々なデザインの水門、閘門、そして橋
一片のロードムービー的な組写真を作ってみるのも面白いかもしれないなと感じました。

今回の使用フィルムはLomography LADY GREYというISO400のモノクロネガフィルム。




「Lomo」の名で身構えてしまいましたが、ざらっとしてはいるものの、イメージとは違うシャープな仕上がり。
なかなか使いやすいフィルムでした。

現像フジフイルムダークレスを使用しての自家現像。久々のダークレス現像だったのでちょっと心配だったのですが、なんとか失敗無く完了。(現像5分、定着5分。)



スプールはテープ止めですが、コダックよりしっかり止まっているので、ダークレス現像最大の難関「巻き締め/ゆるめ」時もそれほど気を使わずに作業することができました。




エコなうえにカラダにも良い自転車+写真。
マップスポーツにはロードバイク以外にも、よりコンフォートでラクに乗れるクロスバイクなども。
キツすぎずユルすぎずのポタリングフォト。皆様もいかがでしょうか?



レンジファインダーカメラのショッピングはこちら
レンジファインダーカメラ用レンズのショッピングはこちら
「Map Sports」新品・中古ロードバイク/クロスバイクのショッピングはこちら

[ Category:SONY|掲載日時:2012年09月11日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]