二眼レフは、いかがですか?! 番外編① | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?! 番外編①

[ Category:Leica|掲載日時:2012年09月27日 16時00分]

撮り較べてみました! トリオター&クセナー

null

こんにちは、久々に本編を再開させた矢先にスピンオフ登場です。

 本編をダラダラと続けているうちに、二眼レフがどんどん増殖してきました。 いろんなお店のショーケースで珍しい子と目が合うと、ついつい連れて帰ってきてしまうんですよね。(勿論、カメラの話です。) 気がつけば、その数、○○台… いや、怖くて数えるのやめてます。 ただ、とにかく場所食う… 本当に部屋中ゴロゴロしています。 本編で紹介していない子もいっぱいいますし、双子や三つ子まで…
 まぁ、そんな子たちを紹介する機会が増えればいいかな、という親心?と、お客様に「どう違うの?」とか「どれがいいの?」なんて聞かれた時に少しでも有益な回答ができればという、非常に感心な仕事意識のもと(でしょ、でしょ)、始めてみようかなと思い立った企画なわけです。
…ええ、いたって真面目な企画です。 本編の流れでクリックした方には、正直つまならい内容かと… …だってそうでしょ、スピンオフが本編より面白かった試しがありますか? そうやって手を広げて失敗した例が、どのくらいあることか…

 ……で、内容ですが、気になる機種(レンズ)の撮り較べです。 撮影場所は、自宅とその周辺。 考えてみてください。 人通りの多い所で、二眼レフ2台を首から下げ、1枚撮っちゃ、もう1台、なんて出来ますか? 怪しい人に思われること間違いなし。 そんなわけで、近場です。 
 また、雑誌企画などと違い、測定機械やカラーチャートを使ったスタジオ撮影なども出来ません。 アマチュアカメラマンが普通に撮影して、どんなものかなと見るだけです。 おまけに古い時代のカメラで、レンズの状態やシャッター精度なども1個体ずつ異なりますので、あくまで参考までにというお断りをつけなければなりません… ……大丈夫か、この企画?

 ……あぁ、まぁ、始めましょうか…

 第1弾は、ローライコードを取り上げてみました。
 1933年通称「金ぴかコード」といわれるⅠ型に始まり、最終モデルⅤb型が1977年まで続いた、ローライ二眼レフの廉価版モデルです。 撮影レンズとして搭載されたのは、カールツァイス イエナの3枚玉トリオター75mmF4.5、同F3.8、F3.5 の他、シュナイダーの4枚玉クセナー75mmF4.5、同F3.5など。 Ⅲ型まではトリオターとクセナーのモデルが存在しますが、Ⅳ型以降はクセナーのみになります。
 今回の試写に用いたのは、Ⅲ型のトリオター75mmF3.5とクセナー75mmF3.5、ともにコーティングされたレンズです。 上の写真のようにレンズ以外は全くの同形。

null

null


 では、試写です。

null
トリオター F3.5

null
  クセナー F3.5

 トリオターには、トリプレットレンズ(3枚玉)の特徴である、周辺が渦のように流れるボケが現れています。 画面上部や左側の葉っぱなど、クセナーと比較すると明らかだと思います。 上部奥の光源もひしゃげたそろばん玉型のボケに。 色乗りは、トリオターの方が若干濃い目に感じられます。

null
  トリオター F5.6

null
  クセナー F5.6

 トリオターの流れるボケも、目を凝らさなければ分からないほどに改善されています。 というわけで、早くも区別が…

null
  トリオター F8

null
  クセナー F8

null
  トリオター F11

null
  クセナー F11

 ほんの少し、トリオターの方が色が乗っているような気がする以外、違いを表現できません。

null
  トリオター F8

null
  クセナー F8

 ここでも、青・緑ともトリオターの方が濃い色味を出しました。 周辺光量の落ちも目立ちますが…

null
  トリオター F5.6

null
  クセナー F5.6

背景も含め、線のシャープさはクセナーの方があるでしょうか。


 う~ん、3枚玉と4枚玉の違いがもっと如実に表れることを期待していたのですが… ちょっと絞り込んだだけで、区別が難しくなってしまいました。 あえて使い分けるなら、開放時から見た目に近い表現が可能なクセナーレンズか、流れるボケの表現も含め、より濃い演出を楽しめるトリオターか、といったところでしょうか。

 さてさて、今回のスピンオフ企画、1回目から早くも難局を迎えてしまいました。 初回でこれだと、次に予定しているプラナーとクセノタールの違いなんて… お~、もう既に企画倒れの予感が… おまけに今回も本編同様、フィルム代・現像代ともに自腹だし… く、苦しい… そんなわけでのノンアルコール…… 続くのか? 続けていいのか?!

 とりあえず、続く…  (文責・イット)

[ Category:Leica|掲載日時:2012年09月27日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]