【トル・アソブ】ボケ味コントロール&ソフトフォーカス! | THE MAP TIMES 
Select Language



【トル・アソブ】ボケ味コントロール&ソフトフォーカス!

[ Category:Nikon|掲載日時:2012年11月06日 19時02分]

DCレンズというものをご存知でしょうか?


Nikonが販売する、写真の『ボケ味』をコントロールする「こだわりレンズ」です。

DCレンズのDCとは、「Defocus-image Control」の略称です。

レンズ内の一部のレンズを前後に動かすことにより、収束する光の位置をずらし
球面収差を発生させ、被写体に光のにじみ(ハロ)を意図的に発生させる事が出来るそうです。

難しい現象を省くと、『前ボケ・後ボケの写りかた』をコントロール出来るレンズなのです。

null

今回はコチラ。

「AF DC 105mm F2D」を使用しました。

ちなみに、「AF DC 135mm F2D」というDCレンズも存在します。



null

レンズの鏡筒に、こんなリングが付いています。
左がF(フロント)、右がR(リア)となっています。

このリングを動かすことで前後のボケ味をコントロールするのですが、
ここで注意しなければいけないことがひとつ。


リングの数字を、カメラで設定したF値以下の数字で使用する
…ということです。


たとえば、F値をF4に設定したのであれば、F/Rともに最大でも「4まで」ということになります。





それではどんな風にボケ味が変化するのか、試してみましょう。

こんな写真を撮ってみました。
null

null
絞り設定値 F2
DC設定値 0(センター)


上の写真の中央部を切り取ったものです。
設定したF値が開放なので、ちょっとやわらかさの残る描写となっていますが気にしないで下さい。。
私の設定ミスです。申し訳ありません。。




それではこの写真を参考に前後のボケ味を変えてみましょう。
まずは「前ボケ」から。
↓ ↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 F-2(フロント側)


「F」はフロント。つまり「前ボケ」重視の設定です。
前ボケにとても淡い「像のにじみ」が生まれ、前ボケが滑らかになっています。

そして「後ボケ」はというと…
前ボケが柔らかくなった代わりに、後ボケに「縁取り」のようなものが見え始めました。




次に、DCレンズの注意点。
【リングの数字を、カメラで設定したF値以下の数字で使用する】
を無視して、設定値以上にしたらどうなるか試してみましょう。
↓ ↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 F-2.8(フロント側)


前ボケはとっても柔らか。ふわっふわです。
しかし今度は肝心の撮りたい「被写体」そのものは、像が滲んでしまいました。。

まるでソフトフォーカス効果を施したような写りです。

このような「ソフトフォーカス効果」が生まれるので
【リングの数字を、カメラで設定したF値以下の数字で使用する】事を
ボケ味のコントロールでは勧めております。




…もちろんソフトフォーカス効果を楽しむのもこの「DCレンズ」の醍醐味。
しかし、そのソフトフォーカス効果を楽しむ際に、またひとつ注意点があります。

オートフォーカスは使わず、マニュアルフォーカスにてピント合わせを行う事。
光の収束点が必要以上にずれてしまうので、オートフォーカスではピントがずれてしまいます。

マニュアルフォーカスでは、しっかりと芯が残ったソフトフォーカスを楽しむことが出来ます。





「後ボケ」を重視したR(リア)側も試してみました。
↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 R-2(リア側)




設定F値以上に設定。
↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 R-2.8(リア側)






いかがでしょうか?被写体によってもっとボケ味の変化を楽しんでいただくことが出来ると思います。

ボケ味をこだわっても、ソフトフォーカスで楽しんでも面白いレンズです。
是非一度、お試しになってはいかがでしょうか。



商品のお問い合わせは本館5階ニコンフロアまで。
Tel.03-3342-3381

インターネットからは → コチラまで。


[ Category:Nikon|掲載日時:2012年11月06日 19時02分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
愛機と共に 【私のお気に入り】愛機と共に 2019年08月18日
モノを購入する際、 「コレが決め手!」「ここだけは外せない!」 といったことがあります。 今回【私のお気に入り】ということで、 カメラ機材に全く関係のない腕時計を 上記観点で(恐る恐る)したためることにしました。 是非お読みいただければ幸いです。 初めての機械式時計は10年以上前に購入した OMEGAのスピードマスターだったのですが、 手首の上でジリジリと回るローターの感覚… スムースに動くスイープ運針… たまりませんでした。 すっかり機械式時計に魅了され、あの時計...
続きを読む
null 【私のお気に入り】 格安高性能レンズ【SIGMA】 2019年08月17日
前回、筆者の担当の回で、OM-D EM-1 MarkIIをご紹介しましたが、その際に使用したSIGMA Art 60mm F2.8 DN(マイクロフォーサーズ)について改めてご紹介します。 このレンズの価格の安さに惹かれ、何気なく購入し、少し使ってみただけなのですが、解像感の高さ、色乗りの良さには舌を巻きました。 筆者は夜景を撮影することが多いのですが、ノイズを抑えるため、できるだけ感度を上げずに、絞りを開けたいところです。 F2.8ではありますが、このレンズは解放から安心して使用できます。 ...
続きを読む
角形フィルターで遊ぼう 【marumi】最新の角形フィルターを試みる 2019年08月16日
α7III + FE16-35mm F2.8 GM + M100 + C-PL For M100 + Soft GND8 + ND16 18mm | F8 | 20s | ISO100 千葉県佐倉市 印旛沼にて 「marumi」から最新鋭の角形フィルター誕生 EXUSやEXUS SOLIDといったレンズフィルターをご存知でしょうか。 レンズフィルター専業メーカーとして名の知れる「マルミ光機」通称「marumi」。 marumiのフィルターを愛用する写真愛好家は多いと思います。 レンズフィルターとは、レンズ前面のガラスの保護を目的として装着する「保護フィルター」が一般的ですが、 ...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]