【トル・アソブ】PENTAX Q10で手持ちのレンズで超望遠撮影 | THE MAP TIMES 
Select Language



【トル・アソブ】PENTAX Q10で手持ちのレンズで超望遠撮影

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2012年11月19日 12時00分]

前回は「PENTAX Q」で「RAYQUAL(レイクォール)」製の
マウントアダプターで超望遠撮影を行いました。
前回の模様はコチラ⇒【トル・アソブ】PENTAX Qで手持ちのレンズで超望遠撮影

待望のPENTAX純正「マウントアダプターQ」が発売になりましたので
今回は純正マウントアダプターを使って撮影をしました


PENTAX純正「マウントアダプターQ」はレンズシャッター機構を
内蔵していますので他社製に比べて大きく重くなっています
外側には絞りリングが付き、そしてカメラとの通信用電子接点もあります
アダプター比較
/PENTAX純正   /RAYQUAL製
マウントアダプターQ
シャッター部分
マウントアダプターQ
絞りリング
マウントアダプターQ
電子接点
Q10 マウントアダプターQ
Q10にマウントアダプターQを装着した状態

今回使用するレンズは前回と同様
「smc-PENTAX A★135mm F1.8」
「smc-PENTAX FA★200mm F2.8ED[IF]」
「smc-PENTAX A★300mm F4」
「リアコンバーターA 2XL」

絞りの調整はレンズ側・アダプター側どちらでも出来ますが
アダプター側の絞りを使いました

前回の雪辱を晴らすために富士山の撮影を!!と思い
朝起きてカーテンを開けると
富士山の方角には雲がかかり
まったく見えず・・・・
日中は風が出てくるとの予報に期待をしましたが、薄っすら見える程度
富士山方向を望む

時間が経つに連れ晴れるのを期待し夕暮れの富士シルエットを・・・と思い
午後四時前に撮影場所に行ってみました
朝同様、富士山の方角のみに雲が・・・
群馬から秩父連山までは、くっきり見えるのに
富士山方向を望む
富士山方向を望む

もたもたすると日が暮れてしまうので
世界一高い自立式電波塔を目標に
目視での大きさはこの通り
目視画像
直線距離で約4kmあります。


撮影時のデータは
-----「Q10」使用時-----
「マウントアダプターQ」の絞り目盛り「5」
全てのレンズ使用時に露出補正 -3
ISO感度 100

-----「K-5IIs」使用時-----
絞りF8
「smc-PENTAX A★135mm F1.8」使用時のみ露出補正 +1.0 
その他のレンズは露出補正なし
ISO感度 100



画角比較で「Q10」で撮影したものを左側に
「K-5」で撮影したものを右側に掲載します

アスペクト比は「PENTAX Q10」4:3 「K-5IIs」も4:3に変更
大きさを統一しました。

smc-PENTAX A★135mm F1.8
smc-PENTAX A★135mm F1.8

PENTAX Q10(35mm判換算焦点距離 742.5mm)    K-5IIs(35mm判換算焦点距離 202.5mm)
Q10 smc-PENTAX A★135mm F1.8K-5IIs smc-PENTAX A★135mm F1.8

smc-PENTAX FA★200mm F2.8ED[IF]
Q10 smc-PENTAX FA★200mm F2.8ED[IF]

PENTAX Q10(35mm判換算焦点距離 1100mm)    K-5IIs(35mm判換算焦点距離 300mm)
Q10 smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]K-5IIs smc-PENTAX FA★200mm F2.8ED[IF]

smc-PENTAX A★300mm F4
Q10 smc-PENTAX A★300mm F4

PENTAX Q10(35mm判換算焦点距離 1650mm)    K-5IIs(35mm判換算焦点距離 450mm)
Q10 smc-PENTAX A★300mm F4K-5IIs smc-PENTAX A★300mm F4

smc-PENTAX FA★200mm F2.8ED[IF]+リアコンバーターA 2xL
Q10 smc-PENTAX FA★200mm F2.8ED[IF]+リアコンバーターA 2xL

PENTAX Q10(35mm判換算焦点距離 2200mm)    K-5IIs(35mm判換算焦点距離 600mm)Q10 FA☆200mm F2.8ED[IF]+リアコンバーターA 2xLK-5IIs smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]+リアコンバーターA 2xL

「RAYQUAL(レイクォール)」製のマウントアダプターと違い
「マウントアダプターQ」はレンズシャッター機構がありますので
被写体の歪みはありませんでした。
「Q10」で撮影した画像は右側からの強い夕日のため
全体的にフレアが発生してコントラストが低下していますし
内蔵フードが小さい「smc-PENTAX A★300mm F4」は
真ん中にゴーストが大きく出てます。
「35mm換算焦点距離 1650mm」では小さな内蔵フードは役に立つわけがないのです
そして、少し絞りすぎたきらいがあり
小絞りボケ(回折)が生じた可能性も・・・
取扱説明書では「F4」レンズで目盛り「5」にすると「F22」相当になるとの事です。

別の日に朝、「Q10/smc-PENTAX A★300mm F4」で富士山を撮影しました。
直線距離で約105kmあります。
Q10 smc-PENTAX A★300mm F4
ピントの合わせ方が悪いのか
風が弱いためか
絞りすぎての回折が生じたのか
コントラスト・シャープネスが低下して
はっきりしない画像になってしまいました。
「K-5IIs/smc-PENTAX A★300mm F4」で同じ場所から
富士山を撮影すると
K-5IIs smc-PENTAX A★300mm F4

次回は時間をかけて富士山にチャレンジしたいと思います。
ダイアモンド富士が撮れれば・・・・
乞う期待!!


[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2012年11月19日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]