ライカ M6J | THE MAP TIMES 
Select Language



ライカ M6J

[ Category:Leica|掲載日時:2007年06月15日 14時37分]


m6j

ライカ M6Jは、1994年にライカM3誕生40周年記念として1,640台が生産されました。その後、ライカでは様々な復刻モデルが作られましたがこのカメラはその先駆け的な存在でした。おそらくこのカメラはM3の復刻モデルとして作られましたが、完璧に再現したわけではなくいくつかの相違点があります。

1、巻き上げレバーがM3タイプの形状
2、巻戻しクランクがM6タイプの形状
3、巻戻しレバー及びフレームセレクターレバーがM3タイプの形状
4、明かり取り窓がギザギザではなくすりガラス
5、M3にはなかった露出計、電池室とホットシューの追加
6、フレームが35mm,50mm,90mm,135mmの4種類
7、トップカバーにはエングレーヴ(彫り込み)で
  ライカのロゴと専用のシリアルナンバー

*シリアルナンバーはまず1954年から1994までの計41年(中途半端です)分のグループがあり、各年代ごとに40台ずつ番号が振り分けられるといったかたちでシリアルナンバーが打ち込まれています。例えば、1966年の39台目の場合、「1966-39」というシリアルナンバーが入ります。ひょっとしたら生まれ年のM6Jがあるかもしれませんよ。
これらを見てもこのカメラは復刻モデルとはいえあくまで実用重視で作られたカメラであることがわかります。

M6Jには専用のエルマーM50mmF2.8が付属しています。M6Jの為にこれもかなり忠実に復刻されています。これがきっかけで現行のエルマーが生産されるようになりました。

ただ、このカメラを実用で使っている方はほとんどおられないと思います。コレクションとしても人気は高いですねぇ。









[ Category:Leica|掲載日時:2007年06月15日 14時37分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]