レンズ撮り比べ第7回 SUMMILUX M35mm F1.4ASPH 後期 | THE MAP TIMES 
Select Language



レンズ撮り比べ第7回 SUMMILUX M35mm F1.4ASPH 後期

[ Category:Leica|掲載日時:2013年01月25日 11時10分]

みなさん、こんにちは。本館地下のCHICOです。
「ライカマウントレンズ撮り比べ」第7回です。

今回のレンズは、SUMMILUX M35mm F1.4ASPH 後期です。
null
2010年発売の現行モデル。5群9枚構成。
非球面レンズ、フローティングシステム採用。
フルメタル製ねじ込み式角型フード付属。


※このコーナーは「レンズテスト」ではありません。
レンズの性能を分析したり、評価するものではないことを、まずご承知ください。
当店に入荷したものの中から選んだレンズを使用し、
こちらで設定した条件で撮影した「ひとつの撮影例」としてご覧ください。
皆さん自身の目で見て、いろいろな感想をもっていただければと思います。


それでは、ご覧下さい。

F1.4 (絞り開放)
null

F2
null

F4
null

F8
null

null

新品SUMMILUX M35mm F1.4ASPH のお買い物はコチラを⇒⇒⇒クリック!


「ライカマウントレンズ撮り比べ 第0回 ⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第1回 SUMMICRON50mmF2 第4世代」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第2回 NOCTILUX M50mmF0.95ASPH.」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第3回 Voigtlander NOKTON 50mm F1.1」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第4回 SUMMILUX M50mm F1.4 ASPH.」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第5回 SUMMICRON M50mm F2 第1世代」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

「ライカマウントレンズ撮り比べ 第6回 Voigtlander COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII」はこちらを⇒⇒⇒クリック!

今回紹介いたしましたほかにも作例写真 たくさんございます。





ライカレンズに関するお問合せは、本館地下までどうぞ。
03-3342-3381

[ Category:Leica|掲載日時:2013年01月25日 11時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

水無月の古都 【写真を楽しむ6月】水無月の古都 2019年06月21日
6月某日。 バスは定刻通りターミナルを出発しました。 カバンの中に 【Leica CL】と【エルマリート TL18mm F2.8 ASPH.】 を忍ばせ、 週末の繁華な新宿を抜けて西へ向かいます。 西の都といえば京都を連想するかもしれませんが、今日行く都はこちら。 どこだと思われましたか。 奈良です。 まほろば、ロマン溢れる古代の都。 青々とした緑に初夏を感じます。 木、水、石、様々な質感を表現する描写力はさすがライカ。 身軽な見た目と侮れません。 【ササユリ】は...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】カラーフィルターを外して 2019年06月04日
シンプルにいたい今日この頃。 人は視覚からの色彩だけでなく 日々の言葉や経験から蓄積されていく色を介して また外の世界を見ていくのだと、思います。 summicron M90mm F2 グラスとコーラが別々で出てくるタイプの喫茶店にいました。 6月です。 早いもので入社して3ヶ月目に突入して、 めまぐるしく時が過ぎ去っていくのを感じます。 このままでは浦島太郎状態になるのではないかと不安になります。 summicron M90mm F2 Elmer L50mm F3.5 写りこみも、モノクロなら...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 2019年04月28日
あと数日で平成も終わり、新たな元号へと変わります。 今回のブログ企画の話が来て、所有しているカメラでちょうどいい話ができそうだと思いました。そのカメラは『Leica M9』。平成はフィルムからデジタルへ変わった時代。35mmフィルムカメラの歴史そのものとも言えるライカが作った、初のフルサイズセンサーを搭載したM型ライカになります。 M9の発売は今から10年前の2009年。1800万画素のコダック製ローパスレスCCDを搭載した伝統のMマウント・レンジファインダー機。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]