【本館地下一階】 HASSELBLAD OPTON Di C40mm “Oberkochen” | THE MAP TIMES 
Select Language



【本館地下一階】 HASSELBLAD OPTON Di C40mm “Oberkochen”

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2013年03月08日 14時08分]



本館B1階からこんにちは。

今日はちょっと珍しいハッセルブラッド用交換レンズのご紹介です。

null

オーバーコッヘン。

銘板に記されたその地名には、深い理由があります。

null

皆さんご存知のカールツァイス。ドイツの老舗光学メーカーです。

第二次世界大戦の敗戦を迎えたドイツは、東と西に分割統治されます。

終戦を迎えて間もなく、東方ドイツのイエナに本拠地を置いていたツァイス社から、

旧ソ連の接収を受ける前に、先んじてアメリカが技術者と設備の一部を西側ドイツへと移しました。

それが現在もツァイス社が本拠地を置くオーバーコッヘンだったのです。

旧ソ連とアメリカの両国間で、ドイツが誇るカールツァイス社の技術力をめぐる争奪戦が勃発したわけです。

アメリカ統治下の西側ドイツでは「ツァイス・オプトン社」として、

旧ソ連統治下の東側ドイツ、イエナでは「人民公社カール・ツァイス・イェーナ社」として運営されました。

こうしてツァイス社は東西に別れ、それぞれ独自のカメラおよびレンズ製造に携わっていくことになります。

null

当時ハッセルブラッドにレンズ供給をしていたのは西側のカールツァイス社。

このレンズの表記にみられるように、西側ドイツのオーバーコッヘンで作られていました。

しかし、よく見かける「Carl Zeiss」銘の表記で無いのは何故でしょう?

銘板のモデル名も、通常表記されるべきDistagon C40mm F4から“Di”に短縮され、

「OPTON」の表記も追加されています。

null

実はこの個体、東西分裂時代に、西側ドイツから東側ドイツへ輸出された個体なのです。

上述のとおり、当時ハッセルブラッド用のレンズを供給していたのは西側のツァイス社だけでしたが、

「Carl Zeiss」の銘だけだと東西どちらのツァイス社で製造されたレンズなのか
判別がつきにくいという事もあったのでしょう。

その為の配慮・・・むしろ、東西ツァイス社間の確執の象徴としての意味合いの方が強いかもしれません。

なにせ、東西どちらのツァイス社が「ツァイス」の名を名乗るか・・・

さらには、各種商標権などの裁判で揉めに揉めていたようですから。

null

そんな歴史に裏打ちされた表記が楽しめる、普通の個体と一味違ったC 40mm F4.

外見と光学系は、上記の付加価値を抜きにして語っても、かなりの美品。

フロントキャップやケース(少々経年劣化あり)も付属します。

null

商品の詳細・webからのご注文は⇒コチラ


ちなみに・・・

東西ドイツに分かれていたツァイス社は、その後のドイツ東西統一により、西側オーバーコッヘンに統合。

現在も世界屈指の光学機器メーカーとして君臨しています。


お問い合わせは、本館地下1階まで。

心よりお待ちいたしております。

03-3342-3381 (本館代表)

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2013年03月08日 14時08分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

カメラを持って奥多摩方面へ 【Canon】カメラを持って奥多摩方面へ 2019年05月26日
写真を撮りたい。 単純な興味から三年ほど前にCanon 80Dを購入しました。 以来、休日になればカメラを持って写真を撮りに出かける日が増えました。 初めは自分の知っている範囲内で写真を撮る事に満足をしていましたが、それでは飽き足らずに、少しずつ、まだ訪れた事のない場所へと足を運ぶようになりました。 とある休日前、明日はどこへ行こうか、と考えを巡らせ、今回は東京の奥多摩方面にある白丸ダムを訪れてみる事にしました。 JR青梅線鳩ノ巣駅。 青梅線にある木造の無人駅です。...
続きを読む
写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 2019年05月25日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
ALPA in Wonderland ALPA in Wonderland 2019年05月24日
この度私が紹介させていただくのは【Alpa Reflex II】です。 はじめに、アルパとは。 スイスの時計部品メーカー、ピニオン社製のカメラ。 レンズは他社から供給を受けていました。 【アルパ】のカメラは多くの種類がありますが、 この度私が使いますのは【アルパフレックス】のII型、前期モデルにあたります。 まずはこのカメラの機械的な仕組みの説明から。 鉄板削り出しの文字どおり重厚な造りのボディ。 シャッタースピードは...
続きを読む
【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 2019年05月23日
カメラと旅を。第6弾。 今回はウサギが有名なとある島とともにお届けいたします。 持って行ったのはOLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PRO 焦点距離:12mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200 島自体は1周1時間で回れる大きさ。 人口20人前後、それに比べウサギは900羽を超える数が生息しています。 焦点距離:100mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200 船から降りるといたるところにもふっ。もふっ。 地面に穴を掘って寝ていたり、追い...
続きを読む
Motorsports photo #7 Motorsports photo #7 2019年05月22日
「シーズンイン」 今年もモータースポーツの季節がやってきました。 令和最初の撮影ということもあり、テンションを上げて撮影に臨みました!(5月3.4、富士スピードウェイにて撮影) Nikon Z7 FTZ + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM(ss1/80 F10) 普段、撮影しているダンロップコーナー立ち上がりをZ7で撮影に臨みました。 比較的コーナー続きなため、Z7でもなんとか撮影可能であります。 Z7にテレコンバーターを使用し撮影すると、ピントを外すことが多いので、今回は普段使用している1.4倍のテレコ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]