【本館地下一階】 HASSELBLAD OPTON Di C40mm “Oberkochen” | THE MAP TIMES 
Select Language



【本館地下一階】 HASSELBLAD OPTON Di C40mm “Oberkochen”

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2013年03月08日 14時08分]



本館B1階からこんにちは。

今日はちょっと珍しいハッセルブラッド用交換レンズのご紹介です。

null

オーバーコッヘン。

銘板に記されたその地名には、深い理由があります。

null

皆さんご存知のカールツァイス。ドイツの老舗光学メーカーです。

第二次世界大戦の敗戦を迎えたドイツは、東と西に分割統治されます。

終戦を迎えて間もなく、東方ドイツのイエナに本拠地を置いていたツァイス社から、

旧ソ連の接収を受ける前に、先んじてアメリカが技術者と設備の一部を西側ドイツへと移しました。

それが現在もツァイス社が本拠地を置くオーバーコッヘンだったのです。

旧ソ連とアメリカの両国間で、ドイツが誇るカールツァイス社の技術力をめぐる争奪戦が勃発したわけです。

アメリカ統治下の西側ドイツでは「ツァイス・オプトン社」として、

旧ソ連統治下の東側ドイツ、イエナでは「人民公社カール・ツァイス・イェーナ社」として運営されました。

こうしてツァイス社は東西に別れ、それぞれ独自のカメラおよびレンズ製造に携わっていくことになります。

null

当時ハッセルブラッドにレンズ供給をしていたのは西側のカールツァイス社。

このレンズの表記にみられるように、西側ドイツのオーバーコッヘンで作られていました。

しかし、よく見かける「Carl Zeiss」銘の表記で無いのは何故でしょう?

銘板のモデル名も、通常表記されるべきDistagon C40mm F4から“Di”に短縮され、

「OPTON」の表記も追加されています。

null

実はこの個体、東西分裂時代に、西側ドイツから東側ドイツへ輸出された個体なのです。

上述のとおり、当時ハッセルブラッド用のレンズを供給していたのは西側のツァイス社だけでしたが、

「Carl Zeiss」の銘だけだと東西どちらのツァイス社で製造されたレンズなのか
判別がつきにくいという事もあったのでしょう。

その為の配慮・・・むしろ、東西ツァイス社間の確執の象徴としての意味合いの方が強いかもしれません。

なにせ、東西どちらのツァイス社が「ツァイス」の名を名乗るか・・・

さらには、各種商標権などの裁判で揉めに揉めていたようですから。

null

そんな歴史に裏打ちされた表記が楽しめる、普通の個体と一味違ったC 40mm F4.

外見と光学系は、上記の付加価値を抜きにして語っても、かなりの美品。

フロントキャップやケース(少々経年劣化あり)も付属します。

null

商品の詳細・webからのご注文は⇒コチラ


ちなみに・・・

東西ドイツに分かれていたツァイス社は、その後のドイツ東西統一により、西側オーバーコッヘンに統合。

現在も世界屈指の光学機器メーカーとして君臨しています。


お問い合わせは、本館地下1階まで。

心よりお待ちいたしております。

03-3342-3381 (本館代表)

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2013年03月08日 14時08分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.1 2019年08月24日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 というわけで今回は本館4Fのスタッフが撮影したブログをご紹介させていただきます。 超望遠レンズを使った...
続きを読む
【私のお気に入り】隅田川大橋 【私のお気に入り】隅田川大橋 2019年08月24日
Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ずっと地方暮らしだった私にとって、東京とはニュースでしか見聞きしたことのない存在。 この先どのような道を歩むのかと不安だらけな上京の日、隅田川大橋から眺めた景色が心に焼き付いています。 Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) 青の濃淡が広がる世界に、白く輝く東京の象徴。 慌ただしい都会はそれ自体がビビッドな存在。そこに現れた柔らかな彩りの眺めに迎え入れてもらったような気がしたあの日。 時の流れを忘れら...
続きを読む
邸宅探訪 【私のお気に入り】邸宅探訪 2019年08月23日
私は"お気に入り"があればあるほど幸せな気分になれるので ついついたくさん"お気に入り"を増やしてしまいます。 さらなる"お気に入り"を見つけるために 新しい機材を持って、群馬県にある旧中島家住宅へ向かいました。 この邸宅は昭和初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されているそうです。 邸宅の中でも一番豪華な部屋が応接室でした。 壁紙はシルク、ドアノブも家門の入った特注のものであったり、 海外から取り寄せたステンドグラスがはめてあったりまさに豪華絢爛です。 ...
続きを読む
【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]